ドローン開発エンジニアへの第一歩 ArduPilotによる「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」開催 3月1日

ドローン開発エンジニアへの第一歩 ArduPilotによる「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」開催 3月1日

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、 水・陸・空のドローン自動制御プログラムArduPilotを用いた「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」を、 3月1日に開催する。


 株式会社クリーク・アンド・リバー社は、 水・陸・空のドローン自動制御プログラムArduPilotを用いた「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」を、 3月1日に開催する。
 ドローン産業は2020年には14兆円に成長すると言われ、そのような状況の中、水中・陸上・空中でのドローンの自動制御プログラムの無人機開発エンジニアの育成が急務となっている。
 この「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」は、 国内有数のArduPilot開発の専門家が講師となり、 世界中で使用されているドローン自動制御オープンソースプログラムArduPilotの基礎を1日で学部ことのできるカリキュラムとなっている。
 「ArduPilotのオペレーション」、 「ArduPilotを活用したプログラミング開発」の基礎を身につけ、 日本国内だけでなく世界で活躍できる水・陸・空のドローンの開発ができるエンジニアを目指すことが可能となている。

「ArduPilot」無人機開発エンジニア育成講座 基礎編

■講義内容
・「ArduPilot」の紹介・説明
・「MissionPlanner」の紹介・説明
・機体構成部品説明・組立時の注意点など
・機体セットアップ、 キャリブレーション方法など
・実機で実践的「MissionPlanner」テレメトリー
・機体ログ解析概要~実践
・MAVLink、 MAVProxy概要~実践
・開発言語Pythonでドローンを制御概要~実践
・フライトモード実装概要~実践

▼本講座の詳細・お申し込み
https://www.creativevillage.ne.jp/49710

■日時 
2019年3月1日(金)  10:00~18:00(受付開始9:30)

■会場 
株式会社クリーク・アンド・リバー社 本社5F ホールA・B
東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
https://www.cri.co.jp/about_us/map.html

■講師
・北岡 弘 氏 (合同会社ドローンビリティー CEO)
・川村 剛 氏 (TAJISOFT 代表)

■受講料
(1)一般 30,000円   ★<早割>25,000円 ※2月15日(金)までにお申し込みの方
(2)当社の会員・関係者 20,000円
(3)学生 15,000円

■対象者
パソコンが使える方、 言語問わずプログラミング経験のある方(年齢制限なし)
※プログラム未経験者も参加できますが、 事前に「Ardupilot」の予習をしておくとスムーズに受講できます。

■定員 
30名

■主催  
株式会社クリーク・アンド・リバー社

【本講座に関するお問い合せ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社
事業企画室 ドローン事業
担当:春山
TEL:03-4565-9040
https://www.creativevillage.ne.jp/lp/drone/

この記事のライター

関連する投稿


クリーク・アンド・リバーがドローン自動制御プログラム「ArduPilot」を学ぶ「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」開催

クリーク・アンド・リバーがドローン自動制御プログラム「ArduPilot」を学ぶ「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」開催

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、 無人機開発エンジニアの育成を目的として、 水・陸・空のドローン自動制御プログラム「ArduPilot」を用いた「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」を、 12月8日(土)開催。


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(3)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(3)

7月21日。ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を運営するドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢でオープンソースのフライトコントローラーArduPilotの成果発表会を開催した。プレゼンテーションの最後では、塾長のランディ・マッケイ(Randy Machay)氏が、最新の取り組みを紹介した。


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

7月21日。ドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催した。デモフライトの会場は、軽井沢の「ペンションにいみ」を中心とした地元の方たちが、休耕地の雑草を刈り込んで離着陸のスペースを確保した。


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(1)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(1)

7月21日。ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を運営するドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢の「ペンションにいみ」と「馬越ゴルフ倶楽部」などで、オープンソースのフライトコントローラーArduPilotの成果発表会を開催した。


米国AUVSI SUAS 2018はArdupilotが席巻 上位入賞10チームのうち9チームが採用

米国AUVSI SUAS 2018はArdupilotが席巻 上位入賞10チームのうち9チームが採用

2018年6月13日から16日まで、米国のメリーランド州で開催されたAUVSI SUAS 2018競技で、シャーブルック大学(Sherbrooke)が優勝し、入賞した10チームのうち9チームが、オープンソースのArdupilotにより自律飛行ミッションをクリアした。


最新の投稿


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

2019年2月11日。航空機大手のエアバスは、自社のサイトで都市の航空移動(UAM)に関する民間への調査結果を公開した。最新の調査によれば、UAMへの期待は高まっているという。


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。