世界経済フォーラムがドローン革命を加速するツールキットを公開

世界経済フォーラムがドローン革命を加速するツールキットを公開

ダボス会議で有名な世界経済フォーラムは、ドローン革命を加速する目的で、Advanced Drone Operations Toolkitというレポートを公開した。同レポートでは、政府にモジュール式のアプローチを提案している。


社会的に重要で安全な無人機プロジェクトを目指す取り組み

 Advanced Drone Operations Toolkitは、社会的に重要で安全な無人機プロジェクトを可能にするために、政府にモジュール式のアプローチを提供する。各勧告は、スイス、ルワンダ、マラウイで成功したパイロットプロジェクトから学んだ教訓に基づいている。それは、命を救い、新しい形態の空中物流を創造する。このツールキットは、命を安全に救うことができる新しいドローンプログラムを可能にするものとして、世界中から重要な教訓を集めて共有する最初のマルチステークホルダー出版物となる。技術革新をリードする革新的な政府の形成的な仕事を活用し、それらが民間企業によってサポートされることによって、ツールキットは空域へのアクセスを加速して、自律飛行のための統一されたビジョンを促進する。
 レポートの内容は約26ページで、目次は以下のようになっている。

前書き
高度な無人機運用の統治のためのツール
パフォーマンスベースの規制:無人成功への証明された道
ケーススタディ:スイスが都市ドローン配達の先駆けとなった方法
安全、安心、そして包括的:すべての人に役立つドローンエコシステムの開発
ケーススタディ:ルワンダでの配達のデモ、無人機エコシステムのスケーリング
結論
貢献者
文末脚注

 序文では、以下のようなコメントが寄せられている。

 「モビリティのシステムは、社会の健康と持続可能性にとって基本的に重要です。 物と人の移動は、経済と相互接続を促進します。 繁栄を高め、デジタル商取引の成功を後押ししたサプライチェーンおよび物流システムは、通信、自動化、および輸送の進歩に大きく依存しています。 この革新の大部分は陸上で行われてきましたが、私たちは今、急速な変革の時代、そして混乱の時代に入っています。 無人で自律型の航空機は、伝統的な法的パラダイムに挑戦していますが、空中での安全とセキュリティを管理する当局は、技術革新に追いつくのに苦労しています。 交通システムは社会の要求の高まりに対応するために適応する必要がありますが、リスクを増やすことはありません。

 ドローンの革新的な力と自律的な空中移動を活かすためのユニークな機会が今日存在しています。 世界中で、ドローンはすでに人間の健康、食料生産、環境保護などにプラスの効果をもたらしています。 ドローンは、私たちが世界を見る方法を再定義する空からのビジョンを提供し、衛星画像や乗務員用航空機では不可能であった粒状の不健康または干ばつに襲われた作物を識別します。 遠隔検査や、より頻繁で正確な測定が可能な相互運用可能なプラットフォームとして機能するドローンによるマルチスペクトル画像によって、インフラストラクチャはより弾力的になっています。 民間市民は、歴史的に政府または大企業にしか利用できなかった能力へのアクセスをますます増やしています。

 重要な商品を空中で輸送することは何十年もの間、国際貿易の主流でしたが、ラストマイルの接続性のために、要求に応じて低高度で革命が起こっています。 パフォーマンスベースの規制によって強化されたルワンダの農村医療クリニックは、ドローンによる重要な医療提供を受けており、それによってシステム全体の命を救い、廃棄物を減らすことができます。 スイスは、ドローンによる商品の都市配送で世界をリードしています。 他の国々も同様のアプローチを模索し始めており、空を通じた社会的ニーズを支えるための機敏なガバナンスの枠組みを採用しています。

 今日最も必要とされているのは、航空を統制する責任を負う人々によるリーダーシップです。 このツールキットは、第4次産業革命センターの世界経済フォーラムのドローンと明日のエアスペースチームと共同で、政府、産業界、市民社会、学界の幅広いパートナーと共同設計されています。 目的に合った規制がない場合、多くの新技術が普及していますが、ドローン技術の適用における技術革新は、政府が新しい可能性を満たすためにレガシールールを更新できないことによって制限されています。 したがって、このツールキットの目的は、規制当局が世界中で行われている革新的な政策実験から学び、すべての人のためのドローンの見込みを加速するこれらの新しいガバナンスモデルを採用できるようにすることです。」

 レポートは、以下のサイトからダウンロードできる。
https://www.weforum.org/reports/advanced-drone-operations-toolkit-accelerating-the-drone-revolution

この記事のライター

最新の投稿


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

2019年2月11日。航空機大手のエアバスは、自社のサイトで都市の航空移動(UAM)に関する民間への調査結果を公開した。最新の調査によれば、UAMへの期待は高まっているという。


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。