DJI の SDK に対応した「ドローンプログラミング」発刊

DJI の SDK に対応した「ドローンプログラミング」発刊

ドローン・ジャパン株式会社取締役会長CEOの春原久徳氏と、株式会社リアルグローブ主幹技師の福地大輔氏が、日本初となる DJI の SDK に対応した「ドローンプログラミング」を共著。


DJI SDKによる アプリ開発手法を解説

 官民で実証実験や導入が進むドローン開発。最近では特に、土木・測量、インフラメンテナンス、農業、警備、物流サービス(配送・在庫管理)、災害対策などの分野で活発になってきている。
 同書は、ビジネス向けドローンにおける国内シェア70%であるDJI社の開発プラットフォーム「DJI SDK」を利用したドローンを制御するプログラミング手法を解説した書籍。プログラムによって、カメラ映像との連係などの多様な制御が可能になる。

「ドローンプログラミング
アプリ開発から機体制御まで DJI SDK 対応」
(翔泳社)
筆者:春原久徳・福地大輔
【目次】
Chapter 1 ドローンとドローンソフトウェアとは
Chapter 2 ドローンソフトウェアの技術概要
Chapter 3 ドローンのソフトウェア開発
Chapter 4 オープンソースのドローンソフトウェア
Chapter 5 DJI とドローン
Chapter 6 DJI SDK(Software Development Kit)
Chapter 7 DJI SDK の詳細
Chapter 8 DJI SDK 各種ガイド
Chapter 9 Onboard SDK
Chapter 10 Payload SDK
Chapter 11 ドローンアプリ開発
Chapter 12 課題と可能性
Appendix 1 API リファレンス
Appendix 2 UX SDK

書籍刊行記念!Amazon 予約キャンペーンサイト
https://docs.google.com/document/d/e/2PACX-1vS6cX2nVp7wiWJkDGj7-wWFmFwHeuIH5DQ1ADTrzpuhbOLv1lRGZuRGdwilU4BeTdMNkkhLgQJ6DHs-/pub

この記事のライター

関連する投稿


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

一般社団法人セキュアドローン協議会は、ジャパンドローン2018のオープンステージで、会長の春原久徳氏が「ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは」と題する講演を行った。


トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

ドローン・コンサルティング事業を手がける株式会社トルビズオン(福岡市中央区)は、福岡市内で、開発者向けの「ドローンソフトウェア開発概要講座」を2月13日に開催する。


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


ドローン米プロジェクト「リモートセンシング勉強会」技術×農業の今を知る

ドローン米プロジェクト「リモートセンシング勉強会」技術×農業の今を知る

ドローン米の初回購入の特典として、「農業リモートセンシング勉強会」が9月26日、大手町の産経新聞社で開催された。最先端で技術と農家をつなげているドローンジャパン社代表取締役会長の春原久徳氏が、農業リモートセンシングの最新情報や成果などを紹介した。


最新の投稿


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

2019年2月11日。航空機大手のエアバスは、自社のサイトで都市の航空移動(UAM)に関する民間への調査結果を公開した。最新の調査によれば、UAMへの期待は高まっているという。


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。