ACSL上場来高値更新で公開価格超え 1月8日に一時3500円

ACSL上場来高値更新で公開価格超え 1月8日に一時3500円

 東京証券取引所マザーズ市場では1月8日の午前の取引で、2018年12月21日に上場したドローン技術の株式会社自律制御システム研究所(千葉市、ACSL)が1株あたり一時、上場来高値を更新する3500円をつけ、公開価格の3400円を上回った。


福島県での郵便局間輸送を実現させた機体

 ACSL株は昨年12月21日、市場全体が先行きのIT銘柄の業績不振や景気後退観測などから軟調に推移したあおりもあり公開価格の3400円を16%超下回る2830円で初値を付けた。その後、2133円で底値をつけたあとは買いが先行している。

 8日のマザーズ市場でも買いが勇勢で、3335円で寄り付いたあと公開価格を超え、一時上場来高値となる3500円をつけた。午前11時半現在、3450円前後で取引が続いている。

ACSLはドローンの自動航行を可能にする独自技術が特徴。同社が開発した機体「PF1」シリーズは、日本郵政グループの日本郵便が福島県で11月に運用を始めた郵便局間荷物輸送で使われているほか、主要株主でもある楽天の物流の事業にも用いられ、市場関係者からの期待も高い。

 ACSLは1月4日に、上場に伴う株式返還に伴い、創業者である野波健蔵取締役の議決権比率が8.00%(5位)から11.82%(2位)に変わったと発表している。

ドローンスタートアップとして初の上場を果たしたACSLは、市場関係者、ドローン産業関係者から期待が寄せられている

この記事のライター

関連する投稿


ACSL株、一時、1株4000円台を突破 週末2月1日のマザーズ市場で

ACSL株、一時、1株4000円台を突破 週末2月1日のマザーズ市場で

 東京証券取引所マザーズ市場では前週末の1日、ドローン技術の株式会社自律制御システム研究所(千葉市、ACSL)が1株あたり一時、4180円と上場来高値を更新した。ドローン事業者や利活用する関係者の期待が高まっている。


PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCが「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」というテーマで、ドローンビジネスの展望、目視外飛行等の法規制緩和や留意点について行政と民間の専門家によって解説するセミナーを11月22日、開催した。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

4月18日から幕張メッセで開催された国際ドローン展には、ドローン産業に携わる国内メーカーが、数多くの製品やソリューションを展示していた。(田中亘)


未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

ACSLは、未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社を引き受けとする第三者割当増資を決定した。


最新の投稿


テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる風力発電のブレード点検サービスを開始した。


エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

2019年3月15日。エアバスは、Skyways物流ドローンを使い、シンガポールで陸上から船舶への輸送試験を開始したと発表した。


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

一般社団法人セキュアドローン協議会(東京都港区、会長:春原 久徳)は、ドローンの業務活用におけるセキュリティ技術実装のための実証開発に取り組み、その技術をJapan Drone 2019の会場で公開した。


米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

Kittyhawk(米国)は、ドローンのナンバープレートにあたるリモートIDの登録を推奨するホワイトペーパーを自社のサイトで公開した。