地上に降りたドローンのカメラが動画撮影の楽しさを広げるOSMO POCKET

地上に降りたドローンのカメラが動画撮影の楽しさを広げるOSMO POCKET

DJIのコンシューマ向け新製品の OSMO POCKETは、3軸スタビライザーを搭載したコンパクトな手持ちカメラ。プロ向けのカメラジンバルで培った技術をもとに、動画撮影の可能性を広げる新製品をレビューした。


60fpsの4K動画が撮影できるコンパクトで高性能なハンドヘルドカメラ

  OSMO POCKETは、片手にすっぽりと収まる小型カメラ。1/2.3インチセンサーに視野角80°で絞りF2.0のレンズを組み合わせ、メカニカル機構の3軸スタビライザーを搭載している。これまでにも、DJIではスマートフォンを取り付けて撮影できるOSMO MOBILEシリーズを販売してきた。スマートフォンで手ブレのない動画が撮影できるOSMO MOBILEシリーズは、専用アプリによる多彩な自撮りが楽しめるジンバルとして人気を集めている。今回の新製品のOSMO POCKETは、小型カメラも搭載してスマートフォンを使わなくても動画が撮影できるハンドヘルドカメラへと進化した。すでに製品の基本スペックなどは、製品発表会の記事でも解説しているので、今回は実際のレビューを中心にOSMO POCKETの楽しさについて考察してみた。
 まず、カメラとしての基本性能については、1万円前後で購入できるコンパクトデジタルカメラやiPhone 6以降のスマートフォンと同じセンサーサイズなので、日常的なスナップ写真や動画の撮影画質は、それほど悪くない。カラーバランスやコントラストなども、標準のオート設定のままで撮影しても、自然な色合いになる。DJIのドローンであれば、旧モデルのPhantom 4やMavic 2 Zoomで採用されているセンサーサイズになる。4K動画の画質も綺麗だ。4K動画では、3840 x2160ドットのH.264(High Profiel)コーデックにより60フレーム/秒で撮影できる。音声は、MPEG-4 AACコーデックのステレオで、サンプリングは48000Hzでビットレートは192kbpsになる。4K動画は綺麗で高精細だが、高度な編集のためには高性能なPCと編集ソフトを別途に用意した方がいい。逆に、4K仕様のPCを利用できないのであれば、フルHD動画の撮影を推奨する。あるいは、高性能なスマートフォンでDJI Mimoという編集アプリを活用すれば、4K動画でも快適に編集できるのかも知れない。

スマートフォンでDJI Mimoを活用するとカメラの細かいパラメータも調整できる

ジンバルの性能は絶大で手ブレ感はほとんどない

 OSMO POCKETは、ジンバルの機能を活用してパノラマなどの静止画も撮影できるが、その楽しさの基本は手ブレのない動画にある。最新のビデオカメラにも、手ブレ補正などの機能は装備されているが、その多くはソフトウェアによる処理や、センサーとレンズを動かすことでブレを補正する。そのため、機種によっては十分な手ブレ補正が行われない。それに対して、OSMO POCKETはメカニカル・ジンバルなので画像の安定感が秀でている。また、視野角80°のレンズには、被写体を近くで捉えたときの没入感がある。ペットなどに接近して撮影するとフレームいっぱいに被写体が映る。例えば、視野角が狭いレンズで手ブレ補正しないで動く被写体を追うと、映像酔いするような動画になってしまうが、OSMO POCKETであれば心配ない。また、人物の撮影であれば、DJI Mimoのフェイストラックを活用して、被写体が常にフレームの中心になるようなカメラワークも楽しめる。さらに、DJI Mimoを活用するとインテリジェントな撮影モードを楽しめるだけではなく、カメラの細かいパラメータも調整できる。主なパラメータの設定は、OSMO POCKETにある小さなタッチスクリーンでも操作できるが、DJI Mimoを使うとスマートフォンの大きな画面で確認しながら操作できるので便利だ。
 ただ、Android系のスマートフォンを取り付けると、OSMO POCKETのバッテリーからスマートフォンへの充電が行われてしまう。DJIに確認したところ、iPhoneではそのような現象は発生せず、Android系の仕様になっているという。そのため、Android系スマートフォンの利用では、OSMO POCKET本体のバッテリー消費に注意する必要がある。

スローモーション撮影で誰でも映像作家の気分になれる

 短期間だがOSMO POCKETを借りて撮影した中で、映像作品らしく残せた動画がスローモーションだった。ミュージックビデオなどでも、映像演出として使われることが多いスローモーションだが、スマートフォンを手持ちで撮影すると、あまりいい映像は残せない。通常の撮影よりもスローモーションの方が、撮影時の手ブレが気になってしまうのだ。ところが、OSMO POCKETであれば3軸ジンバルの効果で滑らかなスローモーション映像を撮影できる。その仕上がりは、映像作家の作品のような気分になれる。このスローモーション映像のためだけに、OSMO POCKETを手に入れても価値があると思う。ただし、残念なことにスローモーション撮影では録音はできない。また、音も綺麗に収録したいのであれば、別売の3.5mmアダプターで外部マイクを使った方がいいだろう。海外のレビューサイトでも、OSMO POCKETでストリートライブを録音したときに、かなり音質が悪いと評価されていた。コンパクトな本体に小型のマイクを取り付けた構造なので、音質まで期待するのは無理だろう。その意味では、OSMO POCKETの撮影を充実させるためには、3.5mmアダプターだけではなく別売のアクセサリ類も揃えた方がいい。特に、カメラワークをサポートするコントローラホイールや、NDフィルターなどは欲しい。今回のレビューでは、アクセサリ類まで借りられなかったので、その性能は評価できないが、きっとOSMO POCKETによる映像作品の可能性を広げてくれるはずだ。
 短期間のレビューだったが、実際に持ち歩いて街中などを撮影してみると、楽しい動画が記録できる魅力的なハンドヘルドカメラだとわかった。価格がちょっと高いのが、購入の心理的な障壁となっているが、ひと味違う動画を撮影したい人ならば、OSMO POCKETに投資する価値があると思う。

この記事のライター

関連する投稿


DJI、小型の3軸ジンバルを搭載したOSMO POCKET販売開始、価格は44,900円(税込)

DJI、小型の3軸ジンバルを搭載したOSMO POCKET販売開始、価格は44,900円(税込)

DJIストアは、3軸スタビライザーを搭載する高性能でコンパクトサイズなOsmo Pocketの販売を11月29日、開始した。価格は、税込み44,900円。記録用のSDカードは別売。


最新の投稿


Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

2019年1月22日。DJIは、Phantom 4 RTKファームウェアv01.07.0116をリリースした。細かいバグの修正に加えて、マッピング操作に関する機能が強化されている。


ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

2019年1月23日 - 米国バージニア州。航空大手ボーイングの関連企業のボーイングネクスト(米国)は、ボーイングの子会社のAurora Flight Sciencesと開発した電気式垂直離着陸(eVTOL)航空機による自律飛行と地上制御システムを検証したと発表した。


ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

 ドローンレースチーム「JAPRADAR(ジャップレーダー)」が、レース用ドローンを使って高速で疾走するクルマを横滑りさせながら姿勢を制御する自動車競技ドリフトを撮影した映像を公開した。レースで磨いた操縦技術とレース専用機が圧倒的な臨場感を生み出しているうえ芸術的で、ドローンによる撮影領域の拡大を展望させる。


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。