アンチドローン市場は4億9,900万ドル(2018)から2024年までに22億7600万ドルに成長と予測

アンチドローン市場は4億9,900万ドル(2018)から2024年までに22億7600万ドルに成長と予測

ReportBuyer社(英国)は、アンチドローン市場が2018年の4億9,900万ドル(約533億2,335万円)から、2024年までに22億7600万ドル(約2,350億9,296万円)に成長すると予測したレポートを発表した。CAGR(年平均成長率)は28.8%になる。


アンチドローン市場は6年間に28.8%のCAGRで成長すると予測

世界各地で発生しているドローン関連の事件(www.dedrone.comより)

 2018年12月20日に英国のガトウィック空港で発生した不法ドローンの飛行による空港閉鎖は、数百のフライトがキャンセルになり、14万人以上に影響を与えた。英国陸軍は、空港にアンチドローン装置を設置して警戒にあたり、36時間後に飛行が再開された。英国のメディアによれは、ガトウィック空港はドローン機による攻撃に対抗するために500万ポンド(約6億7,069万円)を費やした。今回の事件を受けて、英国以外の国でも空港や重要施設でのアンチドローン対策が加速すると予想される。
 ReportBuyer社によれば、アンチドローン市場の成長を牽引する主な要因は、身元不明の無人偵察機によるセキュリティ侵害の発生率の増加と、世界中でのテロや違法行為の増加にある。この市場の成長のための主な制限は、高い研究開発費と公共の安全上の懸念となる。
 レポートの予測期間中にアンチドローン市場の最大のシェアを保持する業界は、軍事と防衛になる。国境地帯への侵入や密輸およびスパイのための無人偵察機の使用が増加している。こうした背景から、軍事および防衛部門は、今後数年間で効率的なアンチドローンシステムの需要を増加させる可能性がある。現在、各国ではテロ活動を監視するためのアンチドローン対策を強化することを重要視しており、それは近い将来アンチドローンシステムに対する需要を増大させると予測されている。
 一方、レーザーカウンタードローンシステムの市場は、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されている。対象となる企業の中にはボーイング社(米国)、ロッキードマーチン社(米国)、ラインメタルディフェンスエレクトロニクス社(ドイツ)、およびレイセオン社(米国)があり、各社はレーザベースのアンチドローンシステムを開発している。レーザーシステムは、スピード、柔軟性、精度、そしてショット当たりのコストが低いことから、軍用および防衛分野での用途が中心になる。
 APAC(アジア太平洋地域)のアンチドローン市場は、予測期間中の最高のCAGRで成長すると予想されている。この成長に寄与する主な要因には、ドローン関連犯罪の増加数を減らすためのAPACにおける新技術の開発と関連するいくつかの進行中の開発が含まれる。
 南北アメリカは、予測期間中に世界のアンチドローン市場の大部分を占める可能性がある。この市場が成長する要因には、未確認の無人偵察機によるセキュリティ侵害の発生率の増加があり、特に米国でのテロ攻撃の増加が含まれる。

調査プロフィールの内訳:
•会社別:大企業 = 55%、中堅企業 = 20%、中小事業者 = 25%
•役職別:幹部= 35%、取締役= 25%、その他= 40%
•地域別:アメリカ= 40%、欧州 = 20%、アジア太平洋地域= 30%、その他= 10%

主要なプレーヤー:
Thales Group(米国)、Blighter Surveillance Systems Ltd.(英国)、Lockheed Martin Corp.(米国)、Saab AB(スウェーデン)、Raytheon Co.(米国)、Dedrone(米国)、Israel Aerospace Industries Ltd (イスラエル)、安全保障情報局(SCG)LCC(スイス)、DroneShield Ltd(オーストラリア)、Liteye Systems、Inc.(米国)、Teiss UAV Solutions、LLC(米国)、BSS Holland B.V.(オランダ)、およびPrime Consulting&Technologies(デンマーク)

調査対象:
アンチドローン市場は、技術に基づいてレーザーシステム、キネティックシステム、および電子システムに分類されている。またアンチドローン市場は、軍事および防衛、商業、および国土安全保障に分類されている。

商業分野は、公共の場、重要なインフラストラクチャ、および世帯にさらに分類される。アプリケーションに基づくアンチドローン市場は、検出、検出および中断アプリケーションに分類される。

地理的地域に基づいて、アンチドローン市場は、アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域(APAC)、およびその他の地域に区分される。



レポート全文の入手先:https://www.reportbuyer.com/product/5001216

ReportBuyer社(英国)によるアンチドローン市場の調査レポート

この記事のライター

最新の投稿


Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

2019年1月22日。DJIは、Phantom 4 RTKファームウェアv01.07.0116をリリースした。細かいバグの修正に加えて、マッピング操作に関する機能が強化されている。


ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

2019年1月23日 - 米国バージニア州。航空大手ボーイングの関連企業のボーイングネクスト(米国)は、ボーイングの子会社のAurora Flight Sciencesと開発した電気式垂直離着陸(eVTOL)航空機による自律飛行と地上制御システムを検証したと発表した。


ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

 ドローンレースチーム「JAPRADAR(ジャップレーダー)」が、レース用ドローンを使って高速で疾走するクルマを横滑りさせながら姿勢を制御する自動車競技ドリフトを撮影した映像を公開した。レースで磨いた操縦技術とレース専用機が圧倒的な臨場感を生み出しているうえ芸術的で、ドローンによる撮影領域の拡大を展望させる。


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。