ドローンジャパンが2018年度の収穫祭を開催

ドローンジャパンが2018年度の収穫祭を開催

2018年12月14日。ドローンを活用した次世代型の自然農法プロジェクトを推進するドローンジャパン(東京都)が、設立3周年の記念と2018年度の収穫祭を開催した。会場では5軒の篤農家が育てたドローン米によるおにぎりが振る舞われた。


日本を飛び出し香港やドバイにルワンダへと進出するドローンジャパン

 設立から3周年を迎えたドローンジャパンの感謝祭を兼ねた2018年度の収穫祭は、代表取締役社長の勝俣喜一郎氏の挨拶で始まった。「お米を“作る人・伝える人・食べる人” をドローンがつなぐ」活動を推進するドローンジャパンは、2018年に5軒の篤農家を中心に、ドローン米プロジェクトを推進してきた。会場には、5軒のドローン米で握られたおにぎりが並び、来場者が食べ比べていた。
 勝俣氏の挨拶に続いて、北海道の市川農場の市川範之代表が挨拶し、酷暑や台風に地震などの厳しい自然災害が続いた2018年を振り返り、それでも懸命にドローン米を育ててきた苦労を語った。次に、富山県の笑農和の下村豪徳代表が登壇し、富山県でも災害と闘いながら美味しいお米が育てられた喜びを報告した。その後、勝俣氏が香港やドバイでドローン米の販売をスタートしたと発表し、現地の様子などをスライドで紹介した。
 会場に来られなかった岡山県の本山精耕園の本山紘司代表と、新潟県の中島明則氏は、オンラインでメッセージを送ってきた。4軒の篤農家のメッセージが伝えられた後、歓談とドローン米に合わせた副菜による食事タイムが設けられた。
 会の中盤では、ドローンジャパンの春原久徳取締役会長が、最新のリモートセンシングに関する取り組みや、DJアグリサービスがルワンダで花の栽培をサポートする計画などを発表した。そして、技術顧問で東京大学 大学院農学生命科学研究所 生物機械工学研究室 准教授 農学博士 海津裕氏が、ルワンダでローバーを活用した実証実験の様子を紹介した。
 中締めで再びマイクを手にした勝俣氏は「2019年は農業界に一石を投じる勝負に出ます」と来年に向けた熱い想いを訴えた。
 
 2018年度のドローン米について、以下のサイトで詳しく紹介されている。

https://drone-rice.jp/order/

会場でふるまわれたドローン米によるおにぎり

ルワンダでの取り組みについて語るドローンジャパンの春原久徳 ​取締役会長

この記事のライター

関連する投稿


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(3)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(3)

7月21日。ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を運営するドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢でオープンソースのフライトコントローラーArduPilotの成果発表会を開催した。プレゼンテーションの最後では、塾長のランディ・マッケイ(Randy Machay)氏が、最新の取り組みを紹介した。


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

7月21日。ドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催した。デモフライトの会場は、軽井沢の「ペンションにいみ」を中心とした地元の方たちが、休耕地の雑草を刈り込んで離着陸のスペースを確保した。


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(1)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(1)

7月21日。ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を運営するドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢の「ペンションにいみ」と「馬越ゴルフ倶楽部」などで、オープンソースのフライトコントローラーArduPilotの成果発表会を開催した。


ドローンジャパン「ドローン米2018 キックオフイベント」開催 篤農家5氏のドローン米食べ比べ

ドローンジャパン「ドローン米2018 キックオフイベント」開催 篤農家5氏のドローン米食べ比べ

ドローンを活用した先進農業に取り組むドローン・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、2018年度の栽培に向けた“応援チーム”を結成する目的で、ドローン米2018 キックオフイベントを都内で開催した。


トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

ドローン・コンサルティング事業を手がける株式会社トルビズオン(福岡市中央区)は、福岡市内で、開発者向けの「ドローンソフトウェア開発概要講座」を2月13日に開催する。


最新の投稿


Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

2019年1月22日。DJIは、Phantom 4 RTKファームウェアv01.07.0116をリリースした。細かいバグの修正に加えて、マッピング操作に関する機能が強化されている。


ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

2019年1月23日 - 米国バージニア州。航空大手ボーイングの関連企業のボーイングネクスト(米国)は、ボーイングの子会社のAurora Flight Sciencesと開発した電気式垂直離着陸(eVTOL)航空機による自律飛行と地上制御システムを検証したと発表した。


ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

 ドローンレースチーム「JAPRADAR(ジャップレーダー)」が、レース用ドローンを使って高速で疾走するクルマを横滑りさせながら姿勢を制御する自動車競技ドリフトを撮影した映像を公開した。レースで磨いた操縦技術とレース専用機が圧倒的な臨場感を生み出しているうえ芸術的で、ドローンによる撮影領域の拡大を展望させる。


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。