テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローンは「Terra Lidar」製品説明会を12月5日行った。早稲田大学との共同開発によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の製品概要から販売モデルなどを紹介。


「Terra Lidar」、従来のUAVレーザスキャナより大幅な低価格を実現

 「Terra Lidar」は、これまで1,500万円以上したLidar測量を3分の1から半額で実現する日本独自のUAVレーザシステム。DJIのMatrice 600をベースに、早稲田大学と共同で開発した専用システムを取り付ける。その基本スペックは、重量 3.8kgの本体に、計測精度は5cm RMS(@対地高度50m)で、取得点群数は平方メートルあたり約400点になる。動作電圧は12-18vで、消費電力は13w。サイズは、1.8 x 1.8 x 0.4mでドローン本体からか別バッテリーを使って給電する。利用するレーザは、ベロダイン製のVLP-16。マルチGNSSアンテナ方式により、1周波RTKで高い精度を実現する。GNSSは、10Hzの取得周期でGPS,GLONASs,BeiDouの衛星を利用する。GNSS精度は2cm(RTK)で保管用ジャイロは100Hzになる。レーザはClass 1 Eye safeで、波長は903nm。最大レンジは70mで、精度は±3cm 。取得点数は30万点/秒以上になり、エコー数は2。
 「Terra Lidar」の特長は、6つのアンテナを利用した位置精度の高さ。1つのアンテナでは、40%から70%の精度が限界だが、6つのアンテナとRTKの地上局を組み合せることで、100%に近い位置の推定が可能になった。その結果、高性能なIMUを利用していないレーザ計測装置でも、高精度な測量を可能にした。テラドローンでは、「Terra Lidar」の精度を確かめるために、既存のLidar測量と地上での実測値を検証し、ほとんど違いがないことを検証した。

導入費用は550万円から解析は別料金

 「Terra Lidar」の販売は、テラドローンのレーザーパートナー提携企業を優先していく。予約注文が前提で、1月からの正式販売を予定する。価格は、初期導入費用が550万円から600万円で、Lidar費用と導入指導費に保守・メンテナンス費用が含まれる。計測したデータの解析費用は、定額プランと都度プランが用意され、30万円前後の価格になる。その他のオプションとしては、解析やフィルタリングに等高線、図化、精度管理表などが用意される。また、保守・メンテナンスや定期点検サービスに修理費用は、初期診断後に都度見積となる。保険も準備中で、1月の販売時には正式な内容と価格が発表される予定。
 年間の販売台数は、国内で100台を目標としている。
 「Terra Lidar」は、海外での販売も行うが、説明会でテラドローンでは「国産技術」である点を強調していた。6つのアンテナによる計測技術を国内で開発しているので、販売後のサポートやサービスも国内の事業者に安心して利用してもらえる利点があるという。
 今後は、ベロダイン製以外のLidarを搭載するモデルも提供する計画。

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、タイ国営電力会社とポーランドの電力会社の長距離送電線の点検に成功

テラドローン、タイ国営電力会社とポーランドの電力会社の長距離送電線の点検に成功

RTK付き固定翼・AIを活用した3D送電線マップ・植生除去レポートを作成


テラドローン、インドネシアのUAVサービス企業AeroGeoSurveyに出資  テラドローン・インドネシア設立

テラドローン、インドネシアのUAVサービス企業AeroGeoSurveyに出資  テラドローン・インドネシア設立

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、インドネシアのUAVサービス企業であるAeroGeoSurvey (インドネシア)と出資契約を締結し、 Terra Drone Indonesiaを設立すると発表した。


テラドローン、UAVレーザ「Terra Lidar」のレンタルサービスを開始

テラドローン、UAVレーザ「Terra Lidar」のレンタルサービスを開始

テラドローンは、従来製品の約1/3価格を達成したUAVレーザ「Terra Lidar(テラライダー)」のレンタルサービスが開始された。2月末日まで各都道府県先着2社限定で計測キャンペーンを実施。


テラドローン、日本住宅保全協会と業務提携 屋根点検事業を加速

テラドローン、日本住宅保全協会と業務提携 屋根点検事業を加速

空撮写真の火災保険申請への活用と、ドローン操作講習の受講が可能に


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


最新の投稿


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。


ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

 ドローンの操縦士、インストラクター、MCなどとして広く活躍しているササモモ(佐々木桃子)さんは2月14日、新たに発足させたチームの名前を「L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)」と発表しました。ドローン産業に新たな彩が誕生しました♪


ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、東京ベイエリアでオンライン対戦型ドローンレースが開催されるエンタメスポット 「スカイファイト」東京お台場を2月16日(土) にオープン。2月16日、17日に、アクアシティお台場3階アクアアリーナにてオープニングイベント開催。