【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジでドローントークPIT! 12月1日開催 植松シェフの料理、Saashaのステージも!

【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジでドローントークPIT! 12月1日開催 植松シェフの料理、Saashaのステージも!

 ゲストのトークを、ドリンク、料理と共に楽しむ雑談系交流会「ドローントークPIT」が、12月1日、“サッカー聖地”J-ヴィレッジで「東日本ドローンサミット」の一環として開催されます。「ドローン×再始動」をテーマに繰り広げられるゲストのステージと、フレンチ出身のシェフが腕をふるう本格的な料理で一足早い忘年会をどうぞ。


テーマは「ドローン×再始動」 MCはササモモさん 村山副編はMC補佐

 「ドローントークPIT in J-ヴィレッジ」が開催されるのは、12月1日(土)18:00~20:00(完全撤収21:00)。2018年7月に新規オープンしたJ-ヴィレッジホテルの優雅な趣のバンケットホール「J-ヴィレッジホール」が会場です。

 ドローントークPITは毎回、テーマを定めてゲストをお招きしています。今回のテーマは、「ドローン × 再始動 ~ “あきらめない”の味方」です。人口減少、超高齢社会など課題が山積する中、ドローンを日本の未来に差し込む一筋の光ととらえ、ドローンが持つ「あきらめない」を支える力に焦点をあて、初心者から熟練者まで、楽しみながら考えたくなる素材と環境を提供します。

 MCはドローンの普及に力を入れる女性チーム、ドローンジョプラスの代表、佐々木桃子(ササモモ)さん。ドローンタイムズ副編集長の村山繁が補佐をつとめます。

 今回は3つのゲストプログラムを準備しています。

ドローントークPITが開催されるJ-ヴィレッジホール

MCのササモモさんは、今回も大活躍(の予定)

バーチャル観光のシアン岩井氏、J-ヴィレッジ副社長、上田栄治元なでしこジャパン監督、Saashaが登壇!

 今回のトークPITは次のステージプログラムで構成します。

■ゲストプログラム1:株式会社シアン代表、岩井隆浩さん
「“行けない”を“行ける”にする
~神経難病患者の再始動をドローンで手伝ってみて」

■ゲストプログラム2:シンガー、Saashaさん&ドローンジョプラス、ササモモさん
「わたしたちの再始動 ~対談と歌~」

■ゲストプログラム3:Jヴィレッジ副社長・元なでしこジャパン監督、上田栄治さん
  「再始動したJヴィレッジの未来」

 シアンの岩井さんは、ドローンを使ったバリアフリーツーリズムの分野を開拓し、現在「空力車」と呼ぶサービスを展開しています。なぜ、そのサービスを始めることになったのか、利用者にどう受け入れられたのか、課題はあるのか。
 そんなことを、経験談や現場の声などもまじえて聞くことができるのではないかと思います。
  http://cian-aviation.co.jp/company/

 自作の楽曲「Fly」が、ドローンのテーマソングとして数々のイベントを盛り上げているシンガーソングライターのSaashaさんは、自身のターニングポイントや、ドローンから得たことについて、トークPITのMC、ササモモさんと対談します。お互い気心が知れている間柄でもあり、禁断の本音トークが飛び出すかも。
 当日は来場者の前で、「Fly」を生披露する予定です。
  https://www.youtube.com/watch?v=PqLFh25RULk
  https://www.youtube.com/watch?v=RXvozk7NLK8

 会場となるJ-ヴィレッジの上田副社長にも、スピーカーとして登壇頂きます。J-ヴィレッジはドローンの聖地としての地位獲得にも名乗りを上げました。ドローンスクールも開講し、すでに修了生も輩出しています。スポーツの聖地から、震災の復興拠点を経て、ドローンにも力を入れ始めた理由や、そこに寄せる思いを、ご自身の選手、監督としてのの経験などを直接、聞くことのできる機会です。

11月1日に行われたバースデ-ライブで熱唱するシンガーのSaashaさん

「ワタリガニのビスクスパゲティ」「浜通りスペシャルブイヤベース」・・・ 料理もお酒も本格的

 今回のトークPITでは、J-ヴィレッジホテルの植松博夫総料理長が腕によりをかけた料理をビュッフェ形式で楽しめます。メニューは当日のお楽しみですが、その一部をご紹介しますと・・・

 「ワタリガニのビスクスパゲティ」・・・ビスクとは甲殻類のポタージュとしてフレンチでは定番のスープ。ワタリガニの出汁が凝縮し、雑味のないクリーンな味のスープでワタリガニを絡めた濃厚な“ジュ”と香味野菜に加え手間をかけた逸品です。

「浜通りスペシャルブイヤベースと地元ブーランジェリーのバゲットのマリアージュ」(南フランスの郷土料理)・・・福島沖で採れ、地元の南相馬で水揚げされたタラ、ホウボウ、海老、ホタテ、浅利、ハマグリ、ムール貝などをふんだんに使い、トマトやサフランで色と香りを整えたスープ料理です。(食材は季節によって変更されます)

 このほかアルコールとして、希少な楢葉の地酒「楢葉の風」特別純米酒を特別に用意するなど、ドリンクも充実させ、飲んで、食べて、話せて交流ができる場として、最高の演出となる予定です。

ドローントークPITではJ-ヴィレッジホテルの植松博夫総料理長が腕を振るう本格的な料理が並ぶ(写真はイメージ)

飲み物も充実。「楢葉の風」を準備中。

ドローントークPITで料理の腕を振るう植松博夫総料理長(左)

ライトニングトークも計画中 告知したい方、ご準備を!

 来場のみなさまから、来場のみなさまに告知するための時間も、「ライトニングトーク」として準備中です。割り当てられる時間が1分か、3分かは、当日の流れで決まります。ドローンに関心を寄せる参加者が集うトークPITでの告知は、効果的だと考えられます。

 開催はゲストのステージプログラムが終了したあと。告知希望の方は、いまのうちに珠玉の一言を練り上げて望まれてはいかがでしょうか。

来場者に向けてメッセージを発信できる時間も予定

参加は特別価格。泊りがけでぜひ

 ドローントークPITは有料のプログラムです。

 ・参加費:5400円(税込み)/1人
 ・J-ヴィレッジホテルの宿泊、朝食付き参加費14,040(税込み)/1人

 念を押しますが、下取りがなくてもこの価格です。
 「ドローントークPIT」の翌日、2日(日)の午前中には、慶大ドローン社会共創コンソーシアム副代表、南政樹氏が登壇する「ドローン×災害対応・復旧支援」や、ジャパンアグリサービス青森事業所の梅内勝所長らによる「農薬散布デモ飛行」もあります。泊りがけの参加もおすすめです。

 お申込みは以下URLから
 https://drone-summit.com/

 J-ヴィレッジホテル公式フェブサイト
 https://www.j-village.jp/hotel/

 J-ヴィレッジ公式ウェブサイト
 https://j-village.jp/

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】単位つかないのに参加多数! 好奇心高めな“ドロゼミ”の新年度が始動

【慶大ドローン】単位つかないのに参加多数! 好奇心高めな“ドロゼミ”の新年度が始動

 ドローン研究と社会実装に取り組む慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で、単位がつかないドローン活動「ドロゼミ」で2019年度のシーズンがスタートした。4月10日に行われた新年度初会合にはSFC生、外部生をあわせて30人が参加した。初参加組の多くが、前日の千葉功太郎氏による“規格外授業”に刺激を受けていた。


【慶大ドローン】教室でレース、キャンパスの空撮も生配信! 千葉功太郎氏がSFCで規格外授業!

【慶大ドローン】教室でレース、キャンパスの空撮も生配信! 千葉功太郎氏がSFCで規格外授業!

 慶應義塾大学SFCのOBである千葉功太郎・DroneFund創業代表パートナーが4月9日、慶大で特別招聘教授として登壇した。授業では、教室で模擬ドローンレースをしたり、大学の敷地内でフライトしているドローンからの中継映像を映し出したりと規格外な取り組みが盛り込まれ、教室を大いに沸かせた。


「空力車」のシアン、ドローンを活用し湘南アイパークをヘルスケアイノベーションの創造拠点 へ

「空力車」のシアン、ドローンを活用し湘南アイパークをヘルスケアイノベーションの創造拠点 へ

ドローンを活用したサービス事業を企画・運営する 株式会社シアンは、NPO法人ロボットビジネス支援機構(RobiZy)の会員として ヘルスケアにおけるオープンイノベーションを推進する湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)を拠点に実証実験を開始すると発表した。


【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

 ドローン研究と社会実装に精力的に取り組んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が2月18日、福島県商工信用組合(けんしん、本部:福島県郡山市)の取引先組織「十店会」の新年会で企画された新春講演会に登壇し、「ドローン前提社会」の演題で講演した。南氏が「空の使い方を変えて課題解決を」と呼び掛けた。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


最新の投稿


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。