田中電気が防災対応に最適なHARWAR社のD-HOPEシリーズの販売開始へ

田中電気が防災対応に最適なHARWAR社のD-HOPEシリーズの販売開始へ

都心でドローンスクールを運営する田中電気株式会社(東京都千代田区)は、これまで防災、警備対応に有線給電ドローンPARKを提案してきた。同社は、多彩な災害対応モジュールを備えた中国のHARWAR社のD-HOPEシリーズの販売を新たに開始する。


防滴防塵、飛行時間Ⅰ時間、RTK搭載

【救命フロートシステム】1機で8個の救命フロート、36倍ズーム撮影モジュール、拡声器モジュールを同時搭載可能。

 都心でドローンスクールを運営する田中電気株式会社(東京都千代田区)は、これまで防災、警備対応に有線給電ドローンPARKを提案してきた。同社は、多彩な災害対応モジュールを備えた中国のHARWAR社のD-HOPEシリーズの販売を新たに開始する。現在は日本国内に合わせた通信の技適取得を申請中だ。
 先日おこなわれたInterBeeの田中電気のブースには、HARWAR社のD-HOPE Ⅰのモックが展示された。D-HOPE Ⅰは、耐環境性能が高い防塵防水仕様でIP64を取得、約60分の長時間飛行が可能。飛行性能は−20°Cから+85°Cの低温高温の厳しい環境下でも飛行でき、風速14.8m/sにも耐えるという。またRTK搭載のため精度の高い自律飛行ができる。D-HOPE Ⅱは、D-HOPE Ⅰの有線給電モデル。2機種のスペックはほぼ同じだが、バッテリーの有無でD-HOPE Ⅰは4キロ、D-HOPE Ⅱは6キロと異なる。

 D-HOPE Ⅲは、D-HOPE Ⅰ、Ⅱより大型になるが基本性能はほとんど同じだ。ただし−40°Cから+125°Cの温度の環境下で飛行でき、強力な二重反転ローターによってペイロードは25キロとなっているのが大きな特徴だ。
 いずれの機種も、防災対応に適したモジュールが用意されている。水難救助で複数の水難者へ浮き輪を投下できる水上緊急救命モジュールや避難誘導用の拡声器、6500ルーメンと強力な空中照明、危険ガス探知と多彩だ。被災者や遭難者を捜索する際に有効なカメラは、800m先の車のナンバーが識別できる36倍ズームカメラと赤外線探知カメラが搭載できる。
 輸入代理店は株式会社センチュリーとなっている。

【液体消火弾システム】1機で12個の消火弾を搭載、消火面積144平方メートル、映像モジュール、拡声器モジュールを同時搭載可能。

多彩なモジュール

この記事のライター

関連するキーワード


田中電気 HARWAR D-HOPE

関連する投稿


【ジャパンドローン2018・発見!】田中電気協賛、CSスカパーで、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」スタート

【ジャパンドローン2018・発見!】田中電気協賛、CSスカパーで、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」スタート

ジャパンドローン2018では、有線給電ドローンSPARCを展示、来場者の注目を集めた田中電気株式会社(東京都千代田区)は、秋葉原でドローンスクールを運営することもあって、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」(CSスカパー)の制作に協賛、番組は4月14日から放映される。


【橋梁・トンネル技術展】田中電気、秋葉原から徒歩1分が魅力のドローンスクール

【橋梁・トンネル技術展】田中電気、秋葉原から徒歩1分が魅力のドローンスクール

都心でドローンスクールが受講できる田中電気株式会社は、JUIDAから11月末現在で認定から1年が経過したスクールとして表彰された。同社によると2016年9月の開校以来、これまでに約80人が卒業した。


前橋市消防局が有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の研究を公開

前橋市消防局が有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の研究を公開

前橋市消防局は、大規模災害時に被害状況を把握するための研究として、高所からの継続的な映像配信を行うために、有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の実証実験を8月29日、群馬県前橋市で公開した。


【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

第三回 国際ドローン展が4月19日〜21日、千葉市の幕張メッセで開催された。今回は「ドローン活用元年」にふさわしく、測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。


Japan Drone 2017速報・驚異的な滞空時間誇る有線給電ドローン「PARC」を展示する田中電気

Japan Drone 2017速報・驚異的な滞空時間誇る有線給電ドローン「PARC」を展示する田中電気

Japan Drone 2017で田中電気は自社ブースで驚異的な滞空時間を誇る有線給電ドローン「PARC」を展示し注目を集めた。


最新の投稿


米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

2018年12月6日-フロリダ州タンパ。ドローンソリューションを提供するFLYMOTION社(米国)は、米国最大の警察署(NYPD)と協力して「犯罪と戦うドローン」の導入を支援したと発表した。


岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

災害により孤立した病院を想定、ドローンによる救援物資の輸送実験を実施。物資搬送用ドローンとして、DJI JAPAN、スカイシーカー、東京都あきる野市が共同開発した「QS8」を採用した。


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。