ヤマハ発動機・ダムの堆砂測量など水底測量を支援する自律型無人小型電動観測艇の開発・レンタル開始

ヤマハ発動機・ダムの堆砂測量など水底測量を支援する自律型無人小型電動観測艇の開発・レンタル開始

 ヤマハ発動機株式会社は、ダムの堆砂測量など深浅測量作業を支援する自律型無人小型電動観測艇「BREEZE10」をこのほど開発し、2016年8月から主に測量業者向けの業務用レンタルを開始します。 ー2016年7月7日発表ー


 「BREEZE10」は、国内のダム堆砂量の測量作業で普及しているナローマルチビームソナー※1等の測量機器を容易に搭載できるよう開発した全長約3mの電動FRP艇※2です。GNSS(衛星測位システム)の位置データと方位角データを使用することにより無人での自律航行が可能で、ソナー等による水底状況調査の効率化・省力化を支援します。また、将来的には、「測量」分野での業務に加え、「監視」「警備」支援業務への拡大も視野に入れています。

「BREEZE10」の主な特徴
1) 専用マウントにより、ソナーを艇中央の設置スペースに短時間で装着できます。
2) 当社製電動マリンモーターを搭載した専用艇体により浅い場所での運用も可能です。
3) 測量場所の環境に応じ3種の運転モードを選択できます。(プログラム自動航行モード/コントローラー操作による遠隔操縦モード/乗船ジョイスティック操縦モード)
4) リチウムイオン電池と小型発電機搭載により長時間運行が可能です。(連続6時間)
5) 航行ルートを保存でき、再測定の際も同一航行ルートでの測量が可能です。
6) 全長3.2m、全幅1.2mなので、ワンボックスカー※3で運搬できます。
※1 「BREEZE10」は米国R2SONIC社製の「Sonic2024」(ナローマルチビームソナー)に対応します。
※2 搭載モーターは定格出力0.5kWなので操縦に小型船舶免許は不要です。
※3 一部搭載できない場合もあります。

自律型無人小型電動観測艇「BREEZE10」
※乗船時にはオーニング(日屋根)、無人航行時にはコクピットのカバーが装着されます。

 ダムには灌漑用、洪水対策、電力発電など多くの役割があり、現在国内では国交省、都道府県、電力会社などが保有・管理しています。ダムの底に溜まる堆砂は、水を貯めるという基本機能に影響を及ぼすため、適時除去する浚渫(しゅんせつ)作業が必要です。この際の事前情報として欠かせないのが水底の堆砂状況の把握です。堆砂測量の多くは汎用小型艇にソナーを搭載してダムの水面を有人で航行して行われますが、航行ルート精度、半日を要する測量機器搭載・調整等の諸課題があります。また、これらの測量作業は降雨量の少ない冬場に行われることが多く、気温が下がる山間部のダムにおいては作業者の負担となっています。

浅瀬でも航行可能な船底(開口部はソナー設置部分)

 今回の「BREEZE10」は、こうした課題のソリューションのひとつとして企画開発、陸上での短時間の測量機器搭載、プログラム自動航行により作業の効率化と省力化を実現、また、ナローマルチビームソナーの搭載と1名乗船ができ、かつ長時間運用も可能でありながら、ワンボックスカーによる可搬も行えるコンパクトさに仕上げました。 さらに、「BREEZE10」は、当社の産業用無人ヘリコプターとの連携による周辺地形の総合的測量への発展性があり、ダム資源の有効活用に繋がるアプローチとなります。


[お問い合わせ先]
UMS事業推進部
営業部 国内営業グループ
Tel.0538-32-1170

この記事のライター

関連する投稿


ヤマハ発動機が無人ボート 「WATER STRIDER」 2018年モデルを第4回国際次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機が無人ボート 「WATER STRIDER」 2018年モデルを第4回国際次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機株式会社は、水田で遠隔操作できる除草剤散布用無人ボート(以下、無人ボート)「WATER STRIDER」(ウォーターストライダー※1)について、基本性能・使い勝手を向上させた2018年モデルを10月11日~13日に幕張メッセで開催される「第4回国際次世代農業EXPO」において参考出品する。


 ヤマハ発動機がターンアシスト機能”を搭載した産業用無人ヘリ「FAZER R」 2018年モデルを発売 農薬散布性能を更に向上

ヤマハ発動機がターンアシスト機能”を搭載した産業用無人ヘリ「FAZER R」 2018年モデルを発売 農薬散布性能を更に向上

ヤマハ発動機株式会社は、農業向けハイエンドモデルとなる産業用無人ヘリコプター「FAZER R(フェーザー・アール)」について、新たに “ターンアシスト機能”を標準搭載し、操作性と散布性能を高めた2018年モデルを12月1日から発売すると発表した。当モデルは「第4回国際次世代EXP」に出展される。


ヤマハ発動機が薬剤散布性能に優れた“二重反転ローター”採用のドローン「YMR-01」を次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機が薬剤散布性能に優れた“二重反転ローター”採用のドローン「YMR-01」を次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機株式会社は、10月11日から13日にわたり幕張メッセで開催される「第4回国際次世代農業EXPO」で、2018年に販売予定の産業用マルチローター(ドローン)のプロトタイプ「YMR-01」を参考出品する。


セキドとテラドローンが「Terra Mapper」を活用したドローン測量 無料セミナー in 横浜を 11/6開催

セキドとテラドローンが「Terra Mapper」を活用したドローン測量 無料セミナー in 横浜を 11/6開催

株式会社 セキド(東京都国立市)はテラドローン株式会社と共同で、 土木測量業界でドローンでの測量運用を検討されている方を対象とした、 三次元化ソフト「Terra Mapper」による地形データの活用デモンストレーションならびに、 ドローン測量セミナーを11月6日に開催する。


エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンス株式会社は国交省の推進するi-Constructionで、3DモデルデータをベースとしたICT施工の普及が進む中、ドローンを連携させたソリューションによって、これまで普及の足かせになっていた現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減する「エアロボ測量2.0」のサービスの提供を7月から開始したと発表した。


最新の投稿


構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

株式会社日立システムズ(本社:東京都、代表取締役社長:北野 昌宏)は、「ドローン運用統合管理サービス」に構造物を対象とした劣化箇所管理機能を追加し、効果的な3次元台帳の活用方法などを紹介するセミナーを開催した。当初は40名の募集に対して、倍以上の応募があり会場は熱気に包まれていた。


テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン株式会社は、民生用ドローンの製造や販売を行うDJI株式会社とと正規代理店契約を締結し、 Websiteでもハードウェア販売ページを開設し、 Web上からの購入や相談にも対応する。また損害保険ジャパン日本興亜株式会社と提携し、テラドローンオリジナルの特典で動産総合保険を自動付帯して販売を開始する。


“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

日本国内に定住先の無い日本非定住者“PT(パーマネントトラベラー)”として、世界の絶景空撮映像を撮影する“ドローン空撮職人@さわ” さんの動画「世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜」。HPはhttp://verdehalago.com/prof。


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

米国ReporLinker(レポートリンカー)社は、市場調査レポートでUAV市場は2017年の178億ドルから2023年には489億ドル(約5.4兆円)に成長するとの予測を発表した。