ヤマハ発動機・ダムの堆砂測量など水底測量を支援する自律型無人小型電動観測艇の開発・レンタル開始

ヤマハ発動機・ダムの堆砂測量など水底測量を支援する自律型無人小型電動観測艇の開発・レンタル開始

 ヤマハ発動機株式会社は、ダムの堆砂測量など深浅測量作業を支援する自律型無人小型電動観測艇「BREEZE10」をこのほど開発し、2016年8月から主に測量業者向けの業務用レンタルを開始します。 ー2016年7月7日発表ー


 「BREEZE10」は、国内のダム堆砂量の測量作業で普及しているナローマルチビームソナー※1等の測量機器を容易に搭載できるよう開発した全長約3mの電動FRP艇※2です。GNSS(衛星測位システム)の位置データと方位角データを使用することにより無人での自律航行が可能で、ソナー等による水底状況調査の効率化・省力化を支援します。また、将来的には、「測量」分野での業務に加え、「監視」「警備」支援業務への拡大も視野に入れています。

「BREEZE10」の主な特徴
1) 専用マウントにより、ソナーを艇中央の設置スペースに短時間で装着できます。
2) 当社製電動マリンモーターを搭載した専用艇体により浅い場所での運用も可能です。
3) 測量場所の環境に応じ3種の運転モードを選択できます。(プログラム自動航行モード/コントローラー操作による遠隔操縦モード/乗船ジョイスティック操縦モード)
4) リチウムイオン電池と小型発電機搭載により長時間運行が可能です。(連続6時間)
5) 航行ルートを保存でき、再測定の際も同一航行ルートでの測量が可能です。
6) 全長3.2m、全幅1.2mなので、ワンボックスカー※3で運搬できます。
※1 「BREEZE10」は米国R2SONIC社製の「Sonic2024」(ナローマルチビームソナー)に対応します。
※2 搭載モーターは定格出力0.5kWなので操縦に小型船舶免許は不要です。
※3 一部搭載できない場合もあります。

自律型無人小型電動観測艇「BREEZE10」
※乗船時にはオーニング(日屋根)、無人航行時にはコクピットのカバーが装着されます。

 ダムには灌漑用、洪水対策、電力発電など多くの役割があり、現在国内では国交省、都道府県、電力会社などが保有・管理しています。ダムの底に溜まる堆砂は、水を貯めるという基本機能に影響を及ぼすため、適時除去する浚渫(しゅんせつ)作業が必要です。この際の事前情報として欠かせないのが水底の堆砂状況の把握です。堆砂測量の多くは汎用小型艇にソナーを搭載してダムの水面を有人で航行して行われますが、航行ルート精度、半日を要する測量機器搭載・調整等の諸課題があります。また、これらの測量作業は降雨量の少ない冬場に行われることが多く、気温が下がる山間部のダムにおいては作業者の負担となっています。

浅瀬でも航行可能な船底(開口部はソナー設置部分)

 今回の「BREEZE10」は、こうした課題のソリューションのひとつとして企画開発、陸上での短時間の測量機器搭載、プログラム自動航行により作業の効率化と省力化を実現、また、ナローマルチビームソナーの搭載と1名乗船ができ、かつ長時間運用も可能でありながら、ワンボックスカーによる可搬も行えるコンパクトさに仕上げました。 さらに、「BREEZE10」は、当社の産業用無人ヘリコプターとの連携による周辺地形の総合的測量への発展性があり、ダム資源の有効活用に繋がるアプローチとなります。


[お問い合わせ先]
UMS事業推進部
営業部 国内営業グループ
Tel.0538-32-1170

この記事のライター

関連する投稿


ヤマハ発動機、産業用ドローン「YMR-08」の限定販売を開始

ヤマハ発動機、産業用ドローン「YMR-08」の限定販売を開始

ヤマハ発動機株式会社は、優れた薬剤散布性能に貢献する“二重反転ローター”を採用し、軽量カーボン製ボディにより、1回のフライトで1ヘクタールの連続散布と、当社産業用無人ヘリコプター(以下無人ヘリ)に匹敵する散布品質を実現する産業用マルチローター(通称ドローン)「YMR-08」を6月から限定発売する。


スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

i-Construction対応ドローン3D空中測量と精密農業ソリューション&サービス


アマナビ、ドローン空中写真測量基礎講座開催 品川、2月22日

アマナビ、ドローン空中写真測量基礎講座開催 品川、2月22日

ドローンを使用した3次元空中測量のノウハウを座学を通じて学ぶ。


ヤマハ発動機が無人ボート 「WATER STRIDER」 2018年モデルを第4回国際次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機が無人ボート 「WATER STRIDER」 2018年モデルを第4回国際次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機株式会社は、水田で遠隔操作できる除草剤散布用無人ボート(以下、無人ボート)「WATER STRIDER」(ウォーターストライダー※1)について、基本性能・使い勝手を向上させた2018年モデルを10月11日~13日に幕張メッセで開催される「第4回国際次世代農業EXPO」において参考出品する。


 ヤマハ発動機がターンアシスト機能”を搭載した産業用無人ヘリ「FAZER R」 2018年モデルを発売 農薬散布性能を更に向上

ヤマハ発動機がターンアシスト機能”を搭載した産業用無人ヘリ「FAZER R」 2018年モデルを発売 農薬散布性能を更に向上

ヤマハ発動機株式会社は、農業向けハイエンドモデルとなる産業用無人ヘリコプター「FAZER R(フェーザー・アール)」について、新たに “ターンアシスト機能”を標準搭載し、操作性と散布性能を高めた2018年モデルを12月1日から発売すると発表した。当モデルは「第4回国際次世代EXP」に出展される。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。