ヤマハ発動機・ダムの堆砂測量など水底測量を支援する自律型無人小型電動観測艇の開発・レンタル開始

ヤマハ発動機・ダムの堆砂測量など水底測量を支援する自律型無人小型電動観測艇の開発・レンタル開始

 ヤマハ発動機株式会社は、ダムの堆砂測量など深浅測量作業を支援する自律型無人小型電動観測艇「BREEZE10」をこのほど開発し、2016年8月から主に測量業者向けの業務用レンタルを開始します。 ー2016年7月7日発表ー


 「BREEZE10」は、国内のダム堆砂量の測量作業で普及しているナローマルチビームソナー※1等の測量機器を容易に搭載できるよう開発した全長約3mの電動FRP艇※2です。GNSS(衛星測位システム)の位置データと方位角データを使用することにより無人での自律航行が可能で、ソナー等による水底状況調査の効率化・省力化を支援します。また、将来的には、「測量」分野での業務に加え、「監視」「警備」支援業務への拡大も視野に入れています。

「BREEZE10」の主な特徴
1) 専用マウントにより、ソナーを艇中央の設置スペースに短時間で装着できます。
2) 当社製電動マリンモーターを搭載した専用艇体により浅い場所での運用も可能です。
3) 測量場所の環境に応じ3種の運転モードを選択できます。(プログラム自動航行モード/コントローラー操作による遠隔操縦モード/乗船ジョイスティック操縦モード)
4) リチウムイオン電池と小型発電機搭載により長時間運行が可能です。(連続6時間)
5) 航行ルートを保存でき、再測定の際も同一航行ルートでの測量が可能です。
6) 全長3.2m、全幅1.2mなので、ワンボックスカー※3で運搬できます。
※1 「BREEZE10」は米国R2SONIC社製の「Sonic2024」(ナローマルチビームソナー)に対応します。
※2 搭載モーターは定格出力0.5kWなので操縦に小型船舶免許は不要です。
※3 一部搭載できない場合もあります。

自律型無人小型電動観測艇「BREEZE10」
※乗船時にはオーニング(日屋根)、無人航行時にはコクピットのカバーが装着されます。

 ダムには灌漑用、洪水対策、電力発電など多くの役割があり、現在国内では国交省、都道府県、電力会社などが保有・管理しています。ダムの底に溜まる堆砂は、水を貯めるという基本機能に影響を及ぼすため、適時除去する浚渫(しゅんせつ)作業が必要です。この際の事前情報として欠かせないのが水底の堆砂状況の把握です。堆砂測量の多くは汎用小型艇にソナーを搭載してダムの水面を有人で航行して行われますが、航行ルート精度、半日を要する測量機器搭載・調整等の諸課題があります。また、これらの測量作業は降雨量の少ない冬場に行われることが多く、気温が下がる山間部のダムにおいては作業者の負担となっています。

浅瀬でも航行可能な船底(開口部はソナー設置部分)

 今回の「BREEZE10」は、こうした課題のソリューションのひとつとして企画開発、陸上での短時間の測量機器搭載、プログラム自動航行により作業の効率化と省力化を実現、また、ナローマルチビームソナーの搭載と1名乗船ができ、かつ長時間運用も可能でありながら、ワンボックスカーによる可搬も行えるコンパクトさに仕上げました。 さらに、「BREEZE10」は、当社の産業用無人ヘリコプターとの連携による周辺地形の総合的測量への発展性があり、ダム資源の有効活用に繋がるアプローチとなります。


[お問い合わせ先]
UMS事業推進部
営業部 国内営業グループ
Tel.0538-32-1170

この記事のライター

関連する投稿


ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機株式会社は、農業用ドローン「YMR-08」や産業用無人ヘリに よる農薬散布・施肥作業のデータ管理や運行管理をスマートフォンやパソコン端末で簡単に行えるソ フトウェア・サービス「 YSAP」の提供開始に向け、観測・解析などのエキスパート企業 3 社と協業を開始すると3月8日、発表した。


次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

GIS(地理情報システム)におけるソリューションおよび関連製品の販売事業を展開する株式会社GeoLink Japan〔:京都市北区:ジオリンク〕は、この度、UAV(無人航空機)写真測量のための次世代型リアルタイム測位技術「KLAU PPPシステム」を発表した。


デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社のデジタルハリウッド ロボティクスアカデミーで、ドローンの活用を積極的に推進する企業3社のドローン担当者を招き、 ドローンの最新活用事例を学ぶイベント「DroneTalk(ドローントーク)」が1月31日、開催された。


ロボデックス展に登場した産業用ドローンの最前線

ロボデックス展に登場した産業用ドローンの最前線

2019年1月16日から18日までの3日間。東京ビッグサイトで最新ロボット220社が出展するロボデックス展が開催された。会場には、産業用ドローンやソリューションの数々が出展していた。


ヤマハ発動機、農薬散布ドローン「YMR-08」を来年3月発売 ドローンスクール「ヤマハマルチローターアカデミー」11月開講

ヤマハ発動機、農薬散布ドローン「YMR-08」を来年3月発売 ドローンスクール「ヤマハマルチローターアカデミー」11月開講

ヤマハ発動機株式会社(東京都千代田区)は、農薬散布ドローン「YMR-08」を2019年3月に販売開始すると発表した。


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。