マイクロソフトがDJI Windows SDKの公開プレビューを発表

マイクロソフトがDJI Windows SDKの公開プレビューを発表

2018年10月30日。ソフトウェア大手のマイクロソフト(米国)は、DJIが米国で開催したAirWorksと自社のブログで、アプリケーション開発用のDJI Windows SDKの公開プレビューを発表した。


DJIとの連携を強化するマイクロソフト

DJI AirWorksの会場の様子

 マイクロソフトは、2017年5月の開発者向けカンファレンスで、DJIとの提携を発表した。DJIのドローンに高度なAIや機械学習を提供し、商用ドローンをエッジクラウドコンピューティング端末として活用する可能性を広げる。
 今回の発表は、DJIが米国で開催したAirWorksカンファレンスに合わせたもの。DJIのドローンをコントロールするWindows 10用のアプリケーションを開発するWindows SDKのパブリックプレビューを発表した。このSDKを活用するWindows開発者コミュニティは、マルチスペクトルセンサー、カスタムアクチュエータなど、サードパーティ製のロボットコンポーネントを統合して制御できるようになり、企業でのドローンの使用方法を増加させる。
 さらに、このSDKを使用して、Azure AIサービスとドローン画像やビデオがリアルタイムでアクセスできるようになる。

 その方法は、次の3通りになる。

1.ドローンのイメージは、AIワークロードによる処理のためにAzureに直接送信できる。
2.ドローンのイメージは、AIワークロードを使用してAzure IoT Edgeを実行するWindows上で処理できる。
3.ドローンのイメージは、AIワークロードでAzure IoT Edgeを実行しているオンボードドローンで直接処理できる。

 DJI Windows SDKにより、クラウドからドローンなどのエッジデバイスに至るまで、データはセキュアにやり取りされる。
 Azure IoT Edgeには、セキュリティマネージャと呼ばれる重要なサブシステムが含まれている。このサブシステムは、セキュアなシリコンハードウェアを抽象化することによって、IoT Edgeデバイスとそのすべてのコンポーネントを保護するコアとして機能する。セキュリティ強化の焦点であり、IoTデバイスメーカーに、ハードウェアセキュアモジュール(HSM)の選択に基づいてデバイスを強化する機会を提供する。そして、IoTプログラムで認定されたAzureは、厳しいセキュリティ要件を満たすサードパーティのAzure IoT Edgeハードウェアのみを認証する。

Microsoft Azureと連携した各社のドローン活用ソリューション

 DJI AirWorksの会場では、Azureと連携した各社のドローン活用ソリューションが紹介された。

DJI AirWorksの会場で3社を紹介するマイクロソフト

 まず、農業産業の情報ニーズに対応する航空リモートセンシング&データ分析会社のSlantRange(米国)は、空中から作物を検査する技術基盤の特許を取得している。同社は、低電力エッジコンピューティングデバイスを使用して、世界中どこでも数分以内に貴重な農業データを提供する革新的な分析手法を提供する。SlantRangeは、マイクロソフトのクラウドサービスAzureを利用して、世界の大手農業サプライヤーや生産者の多くと契約し、現在では40カ国以上でさまざまな作物の成長データを取得している。

ドローンとAzureの連携イメージ

 次のClobotics(米国)は、風力タービンのブレード欠陥を自動的に検査し、処理し、報告することにより、風力エネルギー企業が生産性を向上させるのを支援するグローバルAI企業。同社は過去数ヶ月間に世界中で1000台以上の風力タービンを検査した。Cloboticsのエンドツーエンドソリューションは、コンピュータビジョン、機械学習、データ分析ソフトウェアと商業用ドローンおよびセンサーを組み合わせて、風力エネルギー業界での自動検査サービスを支援する。CloboticsのWind Turbine Data Platformは、コンピュータビジョンベースのエッジコンピューティングサービスによる風力タービンブレードのライフサイクル管理サービスとしては、世界で初となる。Microsoft ワールドワイド Azureパートナーとして、CloboticsはMicrosoft AzureとIoTプラットフォームと緊密に連携し、顧客に最も革新的で信頼性の高いサービスを提供する。

風力タービンブレードのドローン検査にAIを活用するClobotics

 eSmart Systems(ノルウェー)は、エネルギー産業やスマートシティにソフトウェアソリューションを提供するサービスプロバイダーとして、20年以上のグローバルインテリジェンスを提供している。eSmart Systemsは、Azure IoT EdgeのAIをエッジに取り入れることで、グリッド検査に革命を起こしている。同社のConnected Droneソリューションは、1時間未満で20万の画像を分析する能力を持つ。これは人間の専門家が1年でできること以上の処理能力。その結果、運用コストが削減され、グリッドの現在のステータスがよりよく把握され、障害が少なくなる。

eSmart SystemsとMicrosoft Azureチームとの共同実験の様子

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

DJI Japanの展示コーナーでは、メインのプレゼンテーション用ステージの他に、ソリューションや販売パートナーごとに小さな展示スペースを設けて、協力各社の説明員が来客の対応にあたっていた。


DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPAN (東京都港区)と do (東京都千代田区)は、国際航業と業務提携し、高精度 UAV 測量を実 現するための講習プログラムを開発し、全国の提携講習団体が3 月から受講者の募集 を開始 する。


DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJIは、 アジア太平洋地域の24ヵ国と地域で,空港の保護などを強化するのGEO 2.0システムの運用を開始し、 ジオフェンス技術をさらに向上したと発表した。


DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI JAPANは、パシフィコ横浜で開催されている「CP+ 2019(シーピープラス)」に、DJIが空と動画をテーマに出展した。2月28日から3月3日(日)まで、


400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

ダウ・デュポン(ニューヨーク証券取引所:DWDP)のアグリカルチャー事業部門Corteva Agriscienceは、DroneDeployの商用ドローン向けクラウドソフトウェアプラットフォームを採用し、世界最大の規模となる400機以上のDJI製ドローンを導入する。


最新の投稿


テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる風力発電のブレード点検サービスを開始した。


エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

2019年3月15日。エアバスは、Skyways物流ドローンを使い、シンガポールで陸上から船舶への輸送試験を開始したと発表した。


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

一般社団法人セキュアドローン協議会(東京都港区、会長:春原 久徳)は、ドローンの業務活用におけるセキュリティ技術実装のための実証開発に取り組み、その技術をJapan Drone 2019の会場で公開した。


米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

Kittyhawk(米国)は、ドローンのナンバープレートにあたるリモートIDの登録を推奨するホワイトペーパーを自社のサイトで公開した。