五島列島、ドローンによる海洋ゴミ調査事業を請け負う企業を公募

五島列島、ドローンによる海洋ゴミ調査事業を請け負う企業を公募

五島列島(長崎県五島市)は、平成30年度五島市ドローンi-Landプロジェクト 海洋ゴミ調査事業業務委託 公募型プロポーザルを実施。


 長崎県五島市は、内閣府の地方創生推進交付金の対象事業として、「ドローンi-Landプロジェクト」を実施する。今回は、プロジェクトの一環として、ドローンによる海洋ゴミ調査事業を行うことから、請け負う事業者を公募する。

【業務委託内容】

■業務名 平成30年度五島市ドローンi-Landプロジェクト海洋ゴミ調査事業
■対象地域 長崎県五島市
■業務内容
(1)海岸漂着ゴミ・再漂流ゴミに関するデータの項目整理及び効果的活用法の仮説の作成・また必要に応じたサンプルデータの取得。

(2)上記データ収集は、一部または全部をドローンを活用して行いAI開発用データとする。

【公募選定方法】

所定の書類審査を実施し、委託候補者を選定します。

【スケジュール】
2018年11月7日(水)…公募開始
2018年11月21日(水)17時…質問書提出期限
2018年11月26日(月)…質問回答期限
2018年12月10日(月)正午必着…募集締め切り
2018年12月11日(火)~ 12月14日(金)…提案に対する審査
2018年12月17日(月)…委託候補者決定
2018年12月下旬…契約締結

【公募の詳細】
実施要領及び応募様式は、五島市ホームページ「まるごとう」に掲載。
http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/businesses/index010_3.php

■五島市ドローンi-Landプロジェクトとは

五島市ドローンの活用イメージ

 長崎県五島市は、無人航空機いわゆるドローンの利活用による市内への新産業の創出と雇用拡大を目的とし、内閣府の地方創生推進交付金事業として五島市ドローンi-Landプロジェクトを実施している。

・五島市地方再生計画 ドローン産業集積推進プロジェクト
https://prtimes.jp/a/?f=d32871-20181001-1641.pdf
・五島市ドローンi-Landプロジェクト概要
https://prtimes.jp/a/?f=d32871-20181001-8606.pdf

■長崎県五島市のプロフィール

五島市ブランド・メッセージオリジナルステッカーデザイン

 五島市は長崎本土から約100km西に位置し、11の有人島と52の無人島で構成され、美しい砂浜などの自然景観と文化的歴史的資産が豊かな観光地であり、世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産を有する、注目度上昇中の地方自治体。
 観光客(年間約21万人)は増加傾向にあり、移住者も年々増加。メディアの露出も増えている。しかし、過疎地としての人口維持、高齢化への対策は喫緊の課題であり、ドローン・ロボット化・ICTなど先進技術の活用による作業の効率化が与える市への効果が期待されている。

・市長:野口 市太郎
・人口:37,179人(平成30年10月末時点)
・五島市公式サイト 「まるごとう」: http://www.city.goto.nagasaki.jp/



【お問合せ】
〒853-8501長崎県五島市福江町1-1
五島市地域振興部商工雇用政策課 雇用・企業促進班
電話:0959-72-7862
FAX:0959-74-1994(代表)
e-mail:shoukou@city.goto.lg.jp

この記事のライター

関連する投稿


五島列島、ドローンによる離島間物流の実証事業を請け負う企業を全国から公募 事業費の2分の1は国から交付

五島列島、ドローンによる離島間物流の実証事業を請け負う企業を全国から公募 事業費の2分の1は国から交付

長崎県五島市は、 内閣府の地方創生推進交付金として、 ドローンi-Landプロジェクトを実施する。 今回は、 ドローンによる離島間物流の実証事業を行う。


長崎県五島市が、ドローン活用による新産業創出・雇用創出の取組みを本格化

長崎県五島市が、ドローン活用による新産業創出・雇用創出の取組みを本格化

長崎県五島市が、一般社団法人日本ドローンコンソーシアム(JDC)に加盟。同団体への自治体としての加盟は九州初。


最新の投稿


【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

2018年11月14日から16日までの3日間。幕張メッセで最新の映像・放送・通信・音響・照明・メディアビジネスの展示会 「Inter BEE 2018(インタービー2018)/[第54回] 2018年国際放送機器展」が開催された。


DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJIは、Air Works 2018で高機能産業用ドローン「Mavic 2 Enterprise」を発表、日本国内でもすでに販売が開始された。DJI JAPANでは、11月15日、実機を使った製品説明会を開催した。防災科学技術研究所の内山庄一郎氏と日本ドローン無線協会の酒井淳一郎氏がドローン活用と導入について講演。


プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」 AppleとDJIで販売開始

プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」 AppleとDJIで販売開始

Telloミニドローンを製造するRyze Techは、プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」を発表した。


茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区、社長:熊田貴之)は、県内外の先端企業9社が最新ドローン技術を展示する「もばらドローン EXPO 2018」を、11月16日、茂原市市民体育館で開催し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供した。


KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

2018年11月15日。KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、富士登山の遭難者救助を目的とし、 ドローン山岳救助支援システム の実証実験に成功したと発表した。