エンルート、RIEGLスキャナ搭載機「LS1500R」を11月8日に発売 バッテリー含め25㎏未満で20分飛行

エンルート、RIEGLスキャナ搭載機「LS1500R」を11月8日に発売 バッテリー含め25㎏未満で20分飛行

 産業用ドローン製造のエンルート(埼玉県)は7日、オーストリアの測量機器メーカー、RIEGL製レーザースキャナ「VUX-1UAV」を搭載した新型機「LS1500R」を11月8日に発売すると発表した。機体、バッテリー、測量機材をあわせた重量は21.4㎏と25㎏未満に抑え、専用バッテリーで20分飛行可能だ。


測量会社「嶺水」での使用実績をベースに開発

 新型機「LS1500R」は同社の大型農薬散布機「AC1500」をベースに、3次元測量向けに開発した特注機で、エンルートとしては昨年9月の「QC730TS」以来の新型機となる。測量、計測で実績を持つ測量会社、株式会社嶺水(長野県飯田市)の協力を受け現場の実践を想定して開発した。

 搭載したレーザースキャナはRIEGL「VUX-1UAV」で、測定精度10mm、最大200ライン/秒の高速スキャン、最大500,000点/秒の測定レート、330度の広い視野でのデータ収集などが特徴だ。

 また機体の最大の特徴は軽量化だ。ドローンは大きくなるほど動力が大きいためより高い安全性が求められ、総重量が25キロ以上の大きな機体は、それより軽いドローンと比べ、飛行申請の審査にあたり追加基準が適用される。LS1500Rは機体の軽量化と専用バッテリーの搭載で重量を21・4キロに抑えていて、追加基準の適用を受けずに申請ができる。軽量化の実現により、レーザー測量機以外の、複数の機器類の装備もカスタマイズができる。

 本体は6基のローターをもつヘキサコプターで、国産フライトコントローラーRidge Hawkを搭載。自動航行装置、飛行ログ(位置情報、高度、時刻、飛行姿勢)を備える。ジオフェンス設定時にはバッテリー残量が低下すると自動帰還機能が働き安全を確保する。また画像伝送装置で飛行風景、飛行データをリアルタイム表示できる。専用バッテリー2本を搭載して最大20分の飛行が可能で、最大飛行距離は4m/秒で飛行して4500m、風速10メートル/秒の耐風性を持つ。

 嶺水により1年以上の使用実績をベースにしたサポート体制も整えている。またエンルート直営スクールでの機体操縦の教習も準備している。

https://enroute.co.jp/news/ls1500r/

エンルートが発売を発表した「LS1500R」

RIEGLE「VUX-1UAV」

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】NEDOブースに集結した国産ドローンチーム

【Japan Drone 2019】NEDOブースに集結した国産ドローンチーム

NEDOが用意したブース内には、国内でドローン関連の研究開発に取り組む各社が一堂に集まった。


NEDOとエンルート、「消防士の空飛ぶチームメイト」世界初の300℃耐火ドローン開発

NEDOとエンルート、「消防士の空飛ぶチームメイト」世界初の300℃耐火ドローン開発

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) のプロジェクトにおいて(株)エンルート(埼玉県朝霞市)は、世界で初めて、火災現場に進入し、火元から10mの近距離空撮が可能な300°C耐火型ドローン「QC730FP」を開発したと3月6日、発表した。


エンルートがロゴデザインを刷新 「働くドローンⓇ」商標登録、農業用ドローン AC1500 大幅に改良

エンルートがロゴデザインを刷新 「働くドローンⓇ」商標登録、農業用ドローン AC1500 大幅に改良

株式会社エンルート(埼玉県朝霞市)は、コーポレートロゴデザインを 4月から刷新するとともに、「働くドローンⓇ」の商標登録および、農業用ドローン AC1500 を大幅に改良した2019 年モデルを3月1日に発売したと発表した。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


最新の投稿


テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる風力発電のブレード点検サービスを開始した。


エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

2019年3月15日。エアバスは、Skyways物流ドローンを使い、シンガポールで陸上から船舶への輸送試験を開始したと発表した。


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

一般社団法人セキュアドローン協議会(東京都港区、会長:春原 久徳)は、ドローンの業務活用におけるセキュリティ技術実装のための実証開発に取り組み、その技術をJapan Drone 2019の会場で公開した。


米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

Kittyhawk(米国)は、ドローンのナンバープレートにあたるリモートIDの登録を推奨するホワイトペーパーを自社のサイトで公開した。