3万円以下のSpark対抗ドローンXiaomi FIMI A3

3万円以下のSpark対抗ドローンXiaomi FIMI A3

Xiaomi FIMI(中国)は、海外で$269(約3万円)のXiaomi FIMI A3ドローンの販売を開始した。GPSを搭載し、8MPカメラでフルHD動画の撮影が可能で、メカニカル2軸ジンバルとエレクトリカル ジンバルによる仮想3軸ジンバルを実現している。


低価格が魅力のXiaomi FIMI A3

最大25分の飛行と液晶モニタ付きコントローラーが付属

仮想的な3軸ジンバルを実現したカメラ

 Xiaomi FIMI A3は、285x229x69mmのコンパクトなドローンで、重さは560gと軽量。最大25分の飛行が可能。1 / 3.2 インチのCMOSセンサーカメラは、f2.0の絞りで8M 3264×2448の静止画と 1920×1080 30fps / 1920×1080 25fpsの動画が撮影できる。カメラは、メカニカルな2軸ジンバルに支えられ、エレクトリカル ジンバルの組み合わせで、実質的に3軸ジンバルの安定性を実現している。最高上昇速度は6m/s、最大下降速度は5m/s、最大巡航速度は18 m/s、最大伝送距離は約1kmになる。バッテリーは脱着式で、標準セットに充電器も含まれている。
 飛行モードは、Follow meにOrbitと、Fixed-wing mode、Dronie、Headless、そしてOne key returnも装備している。また、DIY PORTという独自の電源供給コネクタがあり、LEDライトやサーボモーターなどを独自に取り付けられる。
 専用のコントローラーには、480×272ドットの液晶モニタがあり、スマートフォンがなくても、カメラの映像をモニタしたり、各種の飛行モードを設定できる。
 障害物用のセンサー類は装備されていないが、Lowバッテリー保護と、GPS喪失時の自動帰還に、飛行禁止ゾーンでの自動ホバリングは装備されている。
 最大の魅力は価格だが、電波法などの関係で並行輸入での利用は難しい。国内での展開については、問い合わせ中。

液晶モニタ付きの専用コントローラー

この記事のライター

最新の投稿


米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

2018年12月6日-フロリダ州タンパ。ドローンソリューションを提供するFLYMOTION社(米国)は、米国最大の警察署(NYPD)と協力して「犯罪と戦うドローン」の導入を支援したと発表した。


岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

災害により孤立した病院を想定、ドローンによる救援物資の輸送実験を実施。物資搬送用ドローンとして、DJI JAPAN、スカイシーカー、東京都あきる野市が共同開発した「QS8」を採用した。


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。