ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格取得カリキュラムを開始

ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格取得カリキュラムを開始

ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格が取得できるカリキュラムを開始し、 リモートセンシングをビジネスとするプロパイロットを育成。


一般社団法人ドローン大学校が株式会社スカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格が取得できるカリキュラムを開始すると発表、 リモートセンシングをビジネスとするプロパイロットを育成していく。
 日本の農業従事者は、 高齢化(2015年に平均年齢66.3歳)などで過去20年間でほぼ半減している。 それに伴って、 2015年には耕作放棄地が40万ha超に増加、 さらには農業従事者が長年培ってきた知見が、 新たな農業従事者に伝承されないという問題も起きている。こうした課題を克服するために、 センサ技術、 情報技術、 ロボット技術等を高度に活用して、 少人数で多数の圃場を的確に管理する技術として「スマート農業」に期待が寄せられている。
 スマート農業を促進する上で、 圃場ごと、 あるいは圃場内の作物生育や土壌の実態に関する空間情報は特に重要で、ドローンによるリモートセンシングは,作物生育や土壌の実態情報を空間的に計測する手法として,スマート農業 / 精密農業における役割は大きく*、 葉色解析サービス「いろは」は、 そのような問題を解決し、 日本の農業を持続可能なものにするためのソリューションと言える。

葉色解析サービス"「いろは」認定オペレーター"がなぜ必要なわけ

 ドローン大学校の「いろは」認定オペレーター講座を受講し、 修了検定に合格すると、 葉色解析サービス「いろは」を開発・提供するスカイマティクスとドローン大学校が認定する”葉色解析サービス"「いろは」認定オペレーター"の民間資格を取得できる。 この資格の取得後はスカイマティクスより、 「いろは」認定オペレーターとして撮影業務を請負おうことも可能となる。

一般受講生向けカリキュラムは2019年2月スタート

 一般受講生向けカリキュラムは2019年2月スタートする予定だが、 それに先駆けてすでにドローン大学校の修了生向けカリキュラムは今年11月3日よりスタートする。
 屋内で行う講義のほか、 実際の圃場を使った講座で、 修了検定では講師陣のサポートを一切受けず、 葉色解析クラウドサービス「いろは」を運用できる技能を修得することを目指す。 今後は開講の向けたオープンキャンパス(講座説明会)も開催予定で、 そのスケジュールはドローン大学校サイト( https://dronecollege.ac )で告知される。

この記事のライター

関連する投稿


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


ドローン大学校が徳島県神山町の特定非営利活動法人グリーンバレーと連携「ドローンビジネスワークショップキャンプ @ 神山町」開催

ドローン大学校が徳島県神山町の特定非営利活動法人グリーンバレーと連携「ドローンビジネスワークショップキャンプ @ 神山町」開催

ドローン大学校と、 ITの町と呼ばれる徳島県神山町の発展を牽引してきた特定非営利活動法人グリーンバレーがコラボレーションし、 過疎地におけるドローンの利活用を模索するためのワークショップを3月16日・17日・18日に開催する。


パーソルプロセス&テクノロジー、ドローン大学校と業務提携 企業のドローン実用化を後押し

パーソルプロセス&テクノロジー、ドローン大学校と業務提携 企業のドローン実用化を後押し

総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(東京都江東区/ パーソルP&T)は、 ドローンスクールを運営する一般社団法人ドローン大学校と業務提携し、 企業のドローン実用化の促進および豊富な知識と高い操作技術を有するドローン業務活用者を育成し、 ドローン人材の雇用促進モデル開発を進める。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


ドローンラボと天馬諮問、災害救急現場でのドローンによる映像伝送で協力

ドローンラボと天馬諮問、災害救急現場でのドローンによる映像伝送で協力

一般社団法人ドローン大学校のグループ会社である株式会社ドローンラボと映像圧縮伝送技術のスペシャリストである天馬諮問株式会社が、ドローンによる映像伝送の運用について 協力。


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。