国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

SUSCの説明会及び産業用ドローン無料セミナーを10月26日に開催。ドローンを安全に運用するためのノウハウを学ぶには、豊富な実績と確かな技術講習に定評のあるSUSCをご活用ください。


 国土交通省登録管理団体であるSUSCセキド 無人航空機 安全運用協議会(以下SUSC エスユーエスシー)が、ドローンの安全運用に特化した各種講習会を日本全国で実施。

【SUSCのドローン講習会】

 セキドのSUSCでは豊富なドローンの業務活用に関する知識を生かし、各種講習会を実施している。安全運用について十分な知見を持った現役のオペレータが講師を務めている。
 また、各企業様専用にカスタマイズした講習も実施し、これまでに7000名以上の参加者に講習を実施した実績ががる。

〇現在募集中の講習会はコチラ http://sekidocorp.com/seminar_table/

講習に関するお問合せ、お申込みは以下に。
【お問合せ窓口】
メール:susc_info@sekidocorp.com
電話 :042-505-9299

【企業向けの個別講習実績】

 SUSCでは各企業様や団体様向けに、それぞれの業種に応じた講習を通じてドローンの安全で効果的な運用方法を提案している。

<点検業務でのドローン活用講習>
導入実績:某王手通信事業者様、送電線点検事業者様、他
電波設備点検業務でのドローンの選定から実際の業務フローの構築、点検業務に従事する作業員様の講習まで、ドローンを業務活用するためのノウハウを一貫して提供している。

<災害時のドローン活用講習>
導入実績:某王手保険会社、某王手ハウスメーカー、他
 風水害での施設・設備への被害確認など、広い範囲を包括的に情報収集したい場合のツールとして、ドローンの有効的な活用方を構築しノウハウを講習として提供している。

<建築土木業務でのドローン活用講習>
導入実績:全国建築産業連合団体、他
 土木現場での空撮テクニックやドローンの設定、撮影した画像の解析など、実際に現場で必要となる知識を、土木現場でのドローン活用に特化したスタッフが提供している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆SUSCの説明会及び産業用ドローンセミナーを10月26日 開催◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【産業用ドローン利活用無料セミナー(導入相談会あり) in 虎ノ門】
詳細と申し込みはこちら⬇︎
https://www.sekido-rc.com/?pid=136010193

 これからドローンを業務で利用したい企業様や、すでに導入をしたが安全で効率的な運用に興味がある企業に向け、ドローンの業務利活用について導入事例を交え紹介する無料セミナーとなっている。このセミナーではSUSCの活動内容の紹介も併せて実施する。

<開催日時 & 受講費用>
産業用ドローン利活用セミナー【導入相談会あり】 in 虎ノ門
・開催日: 2018年 10月 26日 (金)
・受付:12:45~/ 講習:13:00~15:00
・受講費用:無料
・募集人数: 30名(定員に達し次第締め切り)


・ドローン導入のメリット
・産業分野におけるドローンの活用事例
・SUSC のご紹介
・ドローン導入 個別相談会(希望者のみ)

<会場 & アクセス>
開催場所 : セキド虎ノ門本店
所在地:東京都港区西新橋2丁目35番5号 セキド虎ノ門本店 3F フォーラム
アクセス:JR山手線・京浜東北線「新橋」駅から徒歩10分
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅から徒歩9分
都営三田線「内幸町」駅から徒歩8分、「御成門」駅から徒歩9分
URL:https://goo.gl/maps/CSAT9bU6NN52

<申し込み>
産業用ドローン利活用セミナー in 虎ノ門
詳細と申し込みはこちら⬇︎
https://www.sekido-rc.com/?pid=136010193

株式会社セキド (SEKIDO Co., Ltd.)
〒186-0002 東京都国立市東 1-13-27
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<本件に関するお問い合わせ>
お問い合わせフォーム
電話 受付時間(平日11:00~17:00)
TEL:042-505-9299  FAX:042-505-6588
メール:susc_info@sekidocorp.com

情報提供元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000145.000016343.html

この記事のライター

関連するキーワード


SUSC 国交省

関連する投稿


ドローン安全強化で航空法改正案国会提出へ 国交省が立ち入り検査も

ドローン安全強化で航空法改正案国会提出へ 国交省が立ち入り検査も

国交省は、2015年12月の改正航空法の施行以降、ドローン(200g以上)の普及に伴い事故やトラブルが増加傾向にあることから、安全対策の強化を目的に、事故発生時の報告を義務付け、操縦者への聞き取りや立ち入り検査がおこなえるよう航空法改正を視野に検討をすすめ、通常国会に法案提出をする方針としている。


DPCA躍進! 講習団体でJUIDAに次ぐ2位に 航空局がHP改訂

DPCA躍進! 講習団体でJUIDAに次ぐ2位に 航空局がHP改訂

 国交省航空局は2月1日、ドローンの講習団体や管理団体を掲載するHPを改訂した。講習団体は前月の304から332に増加。増加分28のうち22が一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)系で、DPCAは講習団体の掲載が33になり、掲載数では一気にJUIDAに次ぐ2位となった。


セキドが「ドローン安全運用宣言 認証制度」 ドローン運用の安全意識を「見える化」

セキドが「ドローン安全運用宣言 認証制度」 ドローン運用の安全意識を「見える化」

セキド無人航空機安全運用協議会(SUSC)では、ドローンを使用するすべての企業や個人ユーザが活用できる「ドローン安全運用宣言 認証制度」を独自に制定、 運用を開始した。


PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCが「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」というテーマで、ドローンビジネスの展望、目視外飛行等の法規制緩和や留意点について行政と民間の専門家によって解説するセミナーを11月22日、開催した。


国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省「無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会物流分科会」※は、無人航空機を使用した荷物配送の社会受容性を高めるため、航空法に基づく審査要領で定める要件とは別に、民間事業者等が荷物配送を行うにあたり自主的に取り組むべき事項等を取りまとめた。


最新の投稿


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。