キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。


ドローン搭載の高画素カメラを遠隔操作し、点検業務への有用性を実証

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、10 月 15 日から 18 日、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS 5Ds R」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。

従来通りフライト前にカメラを設定して撮影した画像。

遠隔制御システムを用いて 最適なカメラ設定で撮影した画像。

 姫路市は、劣化調査など公共施設の維持・保全活動において先端技術の導入に取り組んでおり、これまで、劣化調査は外部委託先の調査員や市職員による目視で実施してきたが、調査の効率や 正確性をより向上させる目的で、ドローンを用いた点検の実用化を検証している。今回のドローンを使った実験では、 外壁などの劣化状況をより詳細に調査するため、ドローン搭載カメラによる撮影を行い、点検業務でのドローンの有用性を検証した。
 キヤノン MJ は、従前よりレンズ交換式カメラ「EOS」シリーズや業務用ビデオカメラによる高精細 画像を用いた構造物の点検を行うソリューションを提案しており、本実験では、株式会社日本ビデオ システムと共同で開発している、カメラの各種設定を遠隔操作により行うシステムを提供した。
 これまでは、ドローンに搭載されたカメラの設定はフライト前に行い、設定変更が必要になるたびに ドローンを帰還させる必要があり、操縦者への負担と作業効率への悪影響があった。
 今回、カメラの遠隔 制御システムを使用することで、フライト中に地上からカメラの設定変更が可能となり、より鮮明な 画像の取得を実現することができた。実験では「EOS」シリーズの中で最高の画素数※をもつ「EOS 5Ds R」(有効画素数約 5,060 万画素)を使用、従来と比べ被写体との距離を保っても高精細な画像取得を 可能とし、点検での活用の幅を広げた。キヤノン MJ は今後も、本システムの有効性の確認のために 実証実験を実施するとしている。

※ 2018年10月18日現在。「EOS 5Ds」も同様に有効画素数約5,060万画素。

実験の概要

■ 実施日時:2018年10月15日(月)~ 2018年10月18日(木)
■ 実施場所:手柄山交流ステーション、書写の里・美術工芸館、花の北市民広場 ほか
■ 実施主体:姫路市都市局、株式会社アマナビ
■ 実施協力:株式会社環境総合テクノス、ケイプラス株式会社、株式会社 GEO ソリューションズ
DJI JAPAN 株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社
■ 実施内容:施設の劣化調査に赤外線カメラ・可視カメラを搭載したドローンを活用する実証実験 ■ 実施成果:ドローンによる撮影画像の活用の有用性の確認

実験で使用した機材について

遠隔操作コントローラー。

 今回の実験では、ドローンに搭載したキヤノン製デジタル一眼レフカメラ「EOS 5Ds R」と開発中の 遠隔制御システムを使用した。フライト中にカメラの設定変更を地上から行い、最適なカメラ 設定での画像撮影を試行した。この遠隔制御システムは、今年 7 月に開催された「メンテナンス・ レジリエンス TOKYO 2018」に参考展示したもので、実証実験に適用した初めての事例となった。

・シャッタースピード
・絞り(F値)
・露出補正
・シャッターボタン半押し
・レリーズ
・動画撮影のスタート/ストップ

遠隔制御受信機_EOS 5Ds R

● 問い合わせ先 :キヤノンマーケティングジャパン株式会社
        ドローンソリューション企画部 03−6719−9477(直通)
● ドローンビジネスホームページ : canon.jp/ind-drone
● ニュースリリースホームページ: canon.jp/newsroom

この記事のライター

関連する投稿


i-Construction推進展③ キヤノンがインフラ点検にひび割れ検知 AI 開発

i-Construction推進展③ キヤノンがインフラ点検にひび割れ検知 AI 開発

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催された。キヤノンがひび割れ検知 AI を開発し、インフラ点検用のドローンに搭載する。


近畿日本鉄道、キヤノンMJ、KDDIが4G LTE対応ドローンを活用した鉄道災害時の情報収集の実証実験を開始

近畿日本鉄道、キヤノンMJ、KDDIが4G LTE対応ドローンを活用した鉄道災害時の情報収集の実証実験を開始

近畿日本鉄道株式会社 (本社: 大阪府大阪市天王寺区、代表取締役社長: 和田林道宜)、キヤノンマーケティングジャパン株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 坂田正弘)、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中孝司) は、2018年2月よりスマートドローンを活用した実証実験を開始する。


ジンバル変更で映像がより安定した超高感度カメラ搭載の災害対策ドローン(キヤノンMJ)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

ジンバル変更で映像がより安定した超高感度カメラ搭載の災害対策ドローン(キヤノンMJ)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でのテロのリスクは増すばかりでテロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。


キヤノンマーケティングジャパンが産業用ドローン「PD6E2000-AW-CJ1」を仕様変更、9月29日から販売開始

キヤノンマーケティングジャパンが産業用ドローン「PD6E2000-AW-CJ1」を仕様変更、9月29日から販売開始

キヤノンマーケティングジャパン(東京都港区)は産業用ドローン「PD6E2000-AW-CJ1」の仕様変更を発表、これに伴い製品名も「PD8E2000-CJ1」となり9月29日から販売開始した。


ハリマニックス、兵庫県高砂市と「災害時等における無人航空機の運用に関する協定」を締結

ハリマニックス、兵庫県高砂市と「災害時等における無人航空機の運用に関する協定」を締結

ハリマニックスは用語権高砂市と「災害時等における無人航空機の運用に関する協定」を8月31日に締結した。


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。