20歳の起業家が米国でTeal Oneドローンの販売を開始

20歳の起業家が米国でTeal Oneドローンの販売を開始

2015年に17歳でTeal社を創業したジョージ・マタス(George Matus)CEOは、3年の歳月をかけてTeal Oneドローンの製品化を実現し販売を開始した。最高速度60mph(約96km/h)の高性能ドローンは、米国のドローン市場を革新するだろうか。


 Teal Oneドローンは、NVIDIA TX1を搭載し、PX4ベースのフライトコントローラで飛行する。

NVIDIA TX1を搭載し完全モジュール設計のTeal Oneドローン

Teal社(米国)を創業したジョージ・マタス(George Matus)CEO

 Teal社(米国)を創業したジョージ・マタス(George Matus)CEOは、幼い頃から空を飛ぶことに憧れるだけではなく、起業家を目指してレモネードスタンドを始めたり、冬にはそれが売れないとわかると、ホットチョコレートスタンドに切り替えるなど、10歳のときからビジネスのセンスを磨いてきた。そして、14歳でドローンレースの世界チャンピオンになり、16歳になるとハッカソンの会場でPayPalの共同設立者であるピーター・ティエル(Peter Thiel)氏の目にとまり、100,000ドル(約1,100万円)の資金を得る。そして、17歳のときに革新的なドローンを開発する目的で、Teal One社を創業した。それから3年の歳月を経て、マタスCEOの夢を形にしたTeal Oneドローン($1,199:約13万円)が発売になる。

米国では$1,199(約13万円)で予約を受け付けている

 Teal Oneドローンは、NVIDIA TX1を搭載し、PX4ベースのフライトコントローラで飛行する。Ambarella製のカメラを装備し、720pのライブビデオストリームと、30fpsの4K動画や12MPの静止画を撮影できる。飛行時間は15分で、最高速度は60mph(約96km/h)に達する。機体の構造から横風に強く、40mphの風速でも飛行できる。センサーは、GPSにIMUと高度計にコンパスなどを搭載し、NVIDIA TX1による飛行制御アプリケーションのTeal Flightも提供される。
 Teal Oneドローンの最大の特徴は、耐久性に優れたモジュール構造にある。4つのプロペラは交換可能なアームで固定されている。アームは、$49(約5,500円)で別売されていて、破損や故障時には、2本のネジだけで簡単に交換できる。また、予備のスマートバッテリーは$99(約11,00円)で、本体の下部に取り付ける。
 米国のメディアでは、Teal Oneドローンの性能だけではなく、大学を中退して起業したジョージ・マタスCEOにも注目している。かつて、大学を中退してアップル・コンピュータを創業したスティーブ・ジョブズのように、米国ドローン産業にも新たなスター起業家が誕生するのだろうか。

交換用のアームはモーターがセットになっているので容易に交換できる

この記事のライター

関連するキーワード


Teal One George Matus Teal社

最新の投稿


【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

2018年11月14日から16日までの3日間。幕張メッセで最新の映像・放送・通信・音響・照明・メディアビジネスの展示会 「Inter BEE 2018(インタービー2018)/[第54回] 2018年国際放送機器展」が開催された。


DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJIは、Air Works 2018で高機能産業用ドローン「Mavic 2 Enterprise」を発表、日本国内でもすでに販売が開始された。DJI JAPANでは、11月15日、実機を使った製品説明会を開催した。防災科学技術研究所の内山庄一郎氏と日本ドローン無線協会の酒井淳一郎氏がドローン活用と導入について講演。


プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」 AppleとDJIで販売開始

プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」 AppleとDJIで販売開始

Telloミニドローンを製造するRyze Techは、プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」を発表した。


茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区、社長:熊田貴之)は、県内外の先端企業9社が最新ドローン技術を展示する「もばらドローン EXPO 2018」を、11月16日、茂原市市民体育館で開催し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供した。


KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

2018年11月15日。KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、富士登山の遭難者救助を目的とし、 ドローン山岳救助支援システム の実証実験に成功したと発表した。