次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。会場には、薬剤や粒剤散布用のドローンが一堂に介して、2019年に向けた最新の技術や取り組みが展示されていた。(田中亘)


日本の市場に根付き始めたDJIのAGRAS MG-1

DJIの展示ブースで開催されたパネルディスカッションの様子

 日本で農業ドローンを展開する主要なベンダーが出展した次世代農業EXPO 2018の会場で、存在感を高めていたのはDJIの農薬散布用ドローンのAGRAS MG-1。DJI JAPANの展示ブースでは、ユーザーと農薬メーカーの担当者を交えたパネルディスカッションが開催され、AGRAS MG-1を採用したことで、薬剤散布の効率が向上した成果などが報告された。今回の展示では、日本初となるAGRAS MG-1の最新モデルも展示されていた。従来は、別売となっていた衝突回避レーザーを標準搭載し、代わりに既存のセンサーを排除したことで、安全性が向上しコストも抑えられている。また、新たに粒状散布装置のGS110も展示されていた。
 同じくDJIのAGRAS MG-1を全面に展示していたのは、SkyLink Japan。展示コーナーの奥に、セミナー用のコーナーを設けて、ネットを張ったスペースも空けていた。展示では、 SkyLink Japanのロゴを貼ったAGRAS MG-1も展示していた。

SkyLink Japanのロゴを貼ったAGRAS MG-1

ナイルワークスはマクセルと共同でブースを展開

 自動飛行型農薬散布マルチコプターの実証実験を推進するナイルワークスは、マクセルと共同でブースを展開し、高性能なスマートバッテリーを紹介していた。マクセルでは、ナイルワークスと協力して、ドローン用電池の安全性と信頼性向上のための実験を繰り返している。会場には、Nile-T18ドローン用のバッテリーと充電器を展示していた。

マクセルと共同で展示していたナイルワークス

RTKによる完全自動飛行を実現するXAIRCRAFT P20ドローン

 中国の広州に本社を構えるXAG(エックスエージー)の日本法人XAIRCARFT(エックスエアークラフト) JAPANは、RTKを搭載した農薬散布型ドローンのP20を展示していた。日本での販売は来年の予定だが、中国では農薬散布ドローンメーカーとして、これまでに数万台の販売実績があるという。フライトコントローラーも自社開発で、高精度な飛行が特長。2007年の創業時は、汎用的なドローンメーカーだったが、2015年に開発した初代P20を主軸に、農業用ドローンに注力し、中国では社名をXAIRCRAFTから、アグリカルチャーをイメージしたXAGと変更した。日本法人は約一年半前から営業を開始し、現在は販売代理店の開拓中。

中国で数多くの販売実績を持つXAGの日本支社が出展しRTKドローンなどを展示

この記事のライター

関連するキーワード


DJI Agras MG-1 農業ドローン

関連する投稿


岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

災害により孤立した病院を想定、ドローンによる救援物資の輸送実験を実施。物資搬送用ドローンとして、DJI JAPAN、スカイシーカー、東京都あきる野市が共同開発した「QS8」を採用した。


DJI、小型の3軸ジンバルを搭載したOSMO POCKET販売開始、価格は44,900円(税込)

DJI、小型の3軸ジンバルを搭載したOSMO POCKET販売開始、価格は44,900円(税込)

DJIストアは、3軸スタビライザーを搭載する高性能でコンパクトサイズなOsmo Pocketの販売を11月29日、開始した。価格は、税込み44,900円。記録用のSDカードは別売。


DJIの新製品はOSMO POCKETという手持ちカメラか!?

DJIの新製品はOSMO POCKETという手持ちカメラか!?

DJIが11月28日にニューヨークで発表会を予定していた新製品は、海外サイトのニュースによれば、Phantom 5ではなくOSMO POCKETというポケットカメラだという。


静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市(中野 弘道市長)とDJI JAPAN 株式会社(東京都港区 代表取締役:呉 韜)および株式会社アルマダス(代表取締役 吉田 泰行)は、「ド ローンの運用連携に関する協定」を11月22日に締結する。


DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJIは、Air Works 2018で高機能産業用ドローン「Mavic 2 Enterprise」を発表、日本国内でもすでに販売が開始された。DJI JAPANでは、11月15日、実機を使った製品説明会を開催した。防災科学技術研究所の内山庄一郎氏と日本ドローン無線協会の酒井淳一郎氏がドローン活用と導入について講演。


最新の投稿


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。


ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

 ITサービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、iOS向けスマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」で、音楽に合わせてドローンを操縦したり、プレイ中に録画、保存した動画を投稿できたりする「スマホコントローラー」の無料配信を始めたと発表した。割安になるキャンペーンも同時にスタートした。


DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arenaを運営する株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、一周年を記念して関係者を集めたパーティーを開催した。ドローンタイムズからは、村山副編集長が出席して、ライトニングトークを披露した。


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww