ドローンレンタルの「ドロサツ!!」を利用すると「SORAPASS」が無料で使えるサービス開始

ドローンレンタルの「ドロサツ!!」を利用すると「SORAPASS」が無料で使えるサービス開始

株式会社 Drone supply & control(東京都千代田区:ドロサツ)とブルーイノベーショ ン株式会社(東京都文京区)は、ドローンレンタルサービス「ド ロサツ!!」とドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS」を組み合わせた新サービスを 10 月 6 日から提供開始する。


「SORAPASS」有料コンテンツを追加料金なしで利用できる 10月6日から

 株式会社 Drone supply & control(東京都千代田区:ドロサツ)とブルーイノベーショ ン株式会社(東京都文京区)は、ドローンレンタルサービス「ド ロサツ!!」とドローン飛行支援地図サービス「SORAPASS」を組み合わせた新サービスを 10 月 6 日より提供開 始すると発表した。
 今回のサービス開始により、ドローンレンタル「ドロサツ!! 」へ申込むだけで、「SORAPASS]
の提供 する有料コンテツを含むサービス(DID 地区(人口集中地区)や空港周辺等の飛行禁止エリア・気象情報・3D 地図)を無料で利用できるようになった。

「ドロサツ!!」×「SORAPASS」でドローンの一般利用をもっと身近に安全に

 ドローンレンタル No.1 企業のドロサツでは昨年同時期に比べ利用者が 3 倍になるなどユーザーがイノベーター・アーリーアダプターから一般層へ拡大が見込める一方で、安全面への強 化と、規制対象エリアの認知等、安全飛行に対するユーザーへの啓蒙が喫緊の課題となっている。
 ブルーイノベーションは、飛行前に飛行禁止エリア、気象情報を確認でき、国への申請書・報告書の作成をサ ポートするドローン飛行支援地図サービス『SORAPASS』を 2016 年 5 月からり提供しているが、このような ユーザーニーズを背景に、ドロサツのドローンレンタルユーザー向けに「SORAPASS」の短期利用プランをサー ビス提供する。

「ドロサツ!!」×「SORAPASS」サービス

 今回の「ドロサツ!!」サービスへ申込むだけで、「SORAPASS」の有料コンテンツ「気象情報」「3D 地図」が、無料でがすぐに使えるようになる。このメリットは「気象情報」「3D 地図」を利用することで、ドローンの飛行に必要な気象予報の閲覧や、上空の風速・ 風向き情報などを見ることができるため、初めてドローンを使う利用者でも、一目で飛行可能・禁止エ リアがわかるようになることだ。
無料で使用できる期間は、レンタル開始日の 4 週間前からレンタル終了日までとなっており、「SORAPASS」の飛行申請書・報告書作成サポート機能は除かれている。
 これまでは商業以外のドローン利用というと、イノベーター・アーリ ーアダプターなどごく限られた人のみだったが、ド ローンレンタルサービス『ドロサツ!!』では昨年同時期と比べ利用 者が 3 倍になるなど、その利用はカップルや家族など一般にも急速に広がっている。

「ドロサツ!!」レンタルサービスの概要

・ドローンを1泊 2 日 7980 円〜レンタルできるサービス
 空撮用のドローンは購入すると 10 万円以上かかるが、実際に利用する頻度はプロのパイロットでない限り年に数回程度というのが実情。必要に応じて1泊 2 日からレンタルできるのが特徴。

・届いたらすぐ使える。返却も楽々。
 簡単に使える体験の提供 ドローンが届いたらすぐに使える、そして返却も楽々。ドローンを予約してから使用・返却するまで一連のプロセスを 「ドローンレンタル体験」と定義し、その体験価値が下がらないように、オリジナルの使い方動画や、利用可能場所を 検索できる「SORPASS」の提携、返信用キットや、着払い伝票で費用がかからず返却できる等、工夫がされている。

・レンタル後の購入支援も レンタル利用後に、購入したくなかった場合の購入支援サービスの提供などドローンの利活用を幅広く支援している。

※詳細については、下記サイトを参照のこと。
https://www.ドローン撮影レンタル.jp

「SORAPASS」の概要

・飛行可能・禁止エリアが一目でわかる飛行禁止エリア地図表示機能 法令等で定められる飛行禁止エリア(空港周辺や人口密集地等)に加え、石油コンビナートなどの飛行危険エリアの情報を最 新の地図情報上に表示する。また、天気情報や 3D 情報(※2)も閲覧することができる。

・飛行可能施設のご紹介
 ドローンの利用可能な施設が続々と開設されているが、当該飛行可能施設を紹介する。

・飛行申請書・報告書作成サポート機能
 飛行が禁止されるエリアでも、飛行許可申請を取得することでドローンを飛行させることが可能となる。(※3)

・ライセンス、操縦者情報、機体情報の管理
 自身の操縦者としての情報、取得されているライセンス情報(JUIDA 操縦技能ライセンス等)や機体の情報を登録し管理する ことができる。

(※2) 「SORAPASS」を単独で使用される場合には、有料となる。
(※3) 「SORAPASS」を単独で使用する場合、「SORAPASS」+「ドロサツ!!」を利用する場合、どちらも有料となる。

※詳細については、下記サイトを参照のこと。
https://www.sorapass.com/map/

この記事のライター

関連するキーワード


ドロサツ!! SoraPass

関連する投稿


ソフトバンクC&Sが ドローンの飛行支援サービス「SORAPASS」の提供開始

ソフトバンクC&Sが ドローンの飛行支援サービス「SORAPASS」の提供開始

ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンクC&S)は、 ブルーイノベーション株式会社(東京都千代田区)と協業し、 ドローンを利用者(法人・個人)向けの情報やサービスを提供するプラットフォーム「SORAPASS」(ソラパス)の提供を開始したと発表。


「SORAPASS」が「気象情報・3 次元地図・報告書作成サポート」で機能強化!12月5日からサービスを開始

「SORAPASS」が「気象情報・3 次元地図・報告書作成サポート」で機能強化!12月5日からサービスを開始

一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)と、ブ ルーイノベーション株式会社、株式会社ゼンリンは、ドローン専用飛支援サービス「SORAPASS(ソラパス)」に、新機能として①気象情報、②3次元地図、③報告書作成サポー トの 3 つのサービスを新たに追加し、12 月 5 日(月)から提供を開始すると発表した。


報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 2・初空撮の巻

報道カメラマン・納冨康の『目指せ! ドローンパイロット』DAY 2・初空撮の巻

 報道カメラマン・納冨康(38)。現在は産経新聞写真報道局に勤務し、報道カメラマン歴15年目のベテランだが、ドローンでの空撮は初心者。どちらかというとドローンは敬遠してきたが、上司から「アメリカでドローンを飛ばして雄大な写真を撮ってこい」の無茶ぶりミッションを与えられ、今回ドローンパイロットを目指すことになった。


ゼンリンが取り組むSORAPASS戦略 〜空の地図でドローンの商用利用をサポート〜

ゼンリンが取り組むSORAPASS戦略 〜空の地図でドローンの商用利用をサポート〜

ドローン専用の飛行支援サービスを提供するSORAPASSというサイトがある。このサイトは、JUIDAとBLUE INNOVATIONとZENRINの3社が協力して運営しているサービス。このサービスの中で、飛行支援地図を提供している株式会社ゼンリンの経営企画室の深田雅之氏に、サービスへの取り組みと戦略を聞いた。


最新の投稿


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。


ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

 ITサービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、iOS向けスマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」で、音楽に合わせてドローンを操縦したり、プレイ中に録画、保存した動画を投稿できたりする「スマホコントローラー」の無料配信を始めたと発表した。割安になるキャンペーンも同時にスタートした。


DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arenaを運営する株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、一周年を記念して関係者を集めたパーティーを開催した。ドローンタイムズからは、村山副編集長が出席して、ライトニングトークを披露した。


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww