経済産業省 関東産業経済局と山九は、高所作業安全化についてドローンなどを使った技術提案募集を開始

経済産業省 関東産業経済局と山九は、高所作業安全化についてドローンなどを使った技術提案募集を開始

命綱を張るドローン、ロボット開発パートナーを募集。


 経済産業省関東経済産業局 精密計測・微細加工分野プラットフォーム事務局(事業名:平成30年度地域中核企業創出・支援事業)のナインシグマ・アジアパシフィック株式会社(東京都千代田区)は、山九株式会社(東京都中央区)の高所作業の安全化に関する技術提案募集を開始した。10月11日に東京、18日に大阪で説明会を開催する。締め切りは10月31日。書類選考を経て最終選考された組織は山九の資金供与を受け、デモ発表に向けた試作開発に臨むことができる。

社会課題の解決を、日本の中小企業の技術力でー第三弾

<コンテストの概要>
 山九が、煙突・鉄塔工事において危険を伴う作業を安全に行う手法確立のため、オープンイノベーションを活用した募集。ロボットやドローンにより高所において無人で最初に命綱を張る(親綱初期展張)技術の実現を目指し、共同開発パートナーを選考するもの。
 提案締め切りは10月31日。その後、書類・プレゼンテーション選考を経て、2019年3月までに試作機の開発を行う予定となっている。
 コンテストの詳細(求める技術、要件、スケジュール等)は、以下事務局のURLを参照のこと。https://ninesigma.co.jp/keisoku-kakou/contest-2018-sankyu/

<募集の概要>
 煙突・鉄塔の点検や工事において高所に親綱を初期展張する際の作業を自動またはリモートで行う手法確立を目指す山九の共同開発パートナー募集。ロボットやドローンによる親綱結束を想定しているが、これらに限らず幅広いアプローチを求めている。

<提案者への3つの機会>
 選考通過の提案者は、山九から200万円程度の費用提供のもと試作開発(実機化段階で開発費負担の追加可能)、共同開発フェーズでの経済産業省の補助金活用(別途審査あり)、実用化後の技術ライセンスの可能性、の3つの機会を得ることができる。

■山九株式会社について http://www.sankyu.co.jp/

 1918年創業の山九は、物流・機工・構内操業支援を融合させた独自の事業展開により、世界各地で日本の技と現地の力を融合させることを目指してきました。山九の社名の由来は「ありがとう」の感謝の気持ちで、「人を大切にすること」を基本理念にかかげています。

■精密計測・微細加工プラットフォームについて

http://www.kanto.meti.go.jp/annai/hodo/data/20160801seimitsu_bisai_platform.pdf
 精密計測・微細加工プラットフォームは、経済産業省 関東経済産業局により、ものづくりの基盤技術である精密計測・微細加工分野において優れた技術を有する中小企業と、オープンイノベーションに取り組む大手・中堅企業との共創型のマッチングを促進するために2016年に創設された。地域経済を牽引する中核企業の創出と育成を支援し、ニーズプル型(技術課題解決型)オープンイノベーション 精密計測・微細加工等の国内の中小企業の強みを活かせる技術領域において、大手企業からの具体的な技術ニーズの収集を行い、地域支援機関等のコーディネータ-を活用したマッチングを実施している。

■ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社について http://www.ninesigma.com/

 ナインシグマ・アジアパシフィックは、オープンイノベーションを通じて誰もが幸せに暮らせる社会の実現を目指し、2006年に設立。ナインシグマグループは現在、世界105か国で5000件、国内では1200件以上の、オープンイノベーション支援実績を誇るグローバル企業。世界中の主要研究機関、研究者との信頼関係を基に、海洋プラスチック汚染問題はじめとした社会的重要課題の解決に繋がる革新的な発想と技術を発掘し、先端技術と企業とのマッチングを推進している。

この記事のライター

関連するキーワード


ロボット 経済産業省 山九

関連する投稿


空陸両用「アバターロボット」登場…ドローンとロボットの境界は…

空陸両用「アバターロボット」登場…ドローンとロボットの境界は…

空を飛び、地上を走る陸空両用の「アバターロボット」が公開された。地上を走るロボットと、ドローンの利点を組み合わせた、新しいタイプのサービスロボットの登場だ。


【第3回国際ドローン展2017】 i-Constructionやデータ加工の技術セミナーが賑わう

【第3回国際ドローン展2017】 i-Constructionやデータ加工の技術セミナーが賑わう

幕張メッセで開催されている第3回国際ドローン展 2017の2日目、ドローンのテクノロジーに関するセッションが開催され、i-Constructionやデータ加工にAIなどの取り組みが紹介された。


世界初・完全自律制御ドローンでの長距離荷物配送に成功 福島浜通りロボット実証区域

世界初・完全自律制御ドローンでの長距離荷物配送に成功 福島浜通りロボット実証区域

経済産業省と NEDO、福島県、南相馬市、(株)自律制御システム研究所は、1 月 12 日に、福島県南相馬市の海岸において、完全自律制御による回転翼ドローンでの長距離荷物配送の飛行実証試験を実施し、12キロの長距離輸送に成功した。


創刊記念 ドローンタイムズ セミナー 「ドローンから始まる日本の空の産業革命」 (8)

創刊記念 ドローンタイムズ セミナー 「ドローンから始まる日本の空の産業革命」 (8)

ドローンタイムズ創刊記念セミナーでは、最後にトークセッションを開催した。ブルーイノベーション株式会社 代表取締役社長 熊田 貴之 氏がモデレータとなり、ドローンベンチャーを取り巻く現状や課題などがディスカッションされた。(田中亘)


創刊記念 ドローンタイムズ セミナー 「ドローンから始まる日本の空の産業革命」 (4)

創刊記念 ドローンタイムズ セミナー 「ドローンから始まる日本の空の産業革命」 (4)

ドローンタイムズ創刊記念セミナーの基調講演に、経済産業省 製造産業局 産業機械課 課長補佐 深宮 智史 氏が登壇し、「空の産業革命」に向けたロードマップについて講演した。(田中亘)


最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。