ドローンが捉えたヨットレースの空撮ベストショット

ドローンが捉えたヨットレースの空撮ベストショット

自動車メーカーのボルボ(スウェーデン)が開催しているVolvo Ocean Raceは、今年で創立45周年を迎える。大会を記念して、Volvo Ocean Raceはドローンで空撮したヨットレースのベストショットを公開した。


公開されたVolvo Ocean Raceのドローン空撮映像から

2001年にレースのオーナー権を引き継いだボルボ

世界各国から7チームが参加

 Volvo Ocean Raceは、45年前にWhitbread醸造会社とRoyal Naval Sailing Associationの共同開催によるWhitbread Round the World Yacht Raceとしてスタートした。最初のレースは、イギリスの南岸にある海岸都市のポーツマスから17艇のボートと167人の船員で行われた。レースは、4年ごとに開催され2001年にボルボがオーナー権を引き継いで、Volvo Ocean Raceになった。
 2017年から2018年にかけて開催された今回のVolvo Ocean Raceには、世界各国から7チームが参戦した。今回のレースではドローンを活用して、レースの様子を空からも撮影した。公開された動画では、迫力あるヨット映像とクルーたちが映しだされている。Facebookに公開されている情報によれば、ヨットは40ノット(約74km)の速度で航行している。そのヨットを追跡して追い越すドローンは、80km/h近いスピードで飛行していることになる。撮影は、Volvo Ocean Raceのオンボードレポーターとして参加したYann Riou氏が担当している。
 レースは、中国から参加したDONGFENG(東風)チームが優勝した。次回は、4年後の2021年にスペインのアリカンテからスタートする予定。

優勝した中国のDONGFENG(東風)チーム

この記事のライター

関連するキーワード


Volvo Ocean Race Yann Riou DONGFENG

最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。