Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


代表2人体制、パートナー4人体制で「ドローン前提社会」の実現へ加速

 新執行体制では、千葉功太郎氏、大前創希氏、高橋慎太郎氏、舟波大地氏の4人がパートナーとして指揮を執る。このうち千葉氏、大前氏が代表パートナーを務める。Drone Fundは昨年6月に発足して以来、千葉功太郎氏が全面的に執行を担ってきた。今年の6月には2号ファンドを設立したほか、政府の官民協議会にも参画し「ドローン前提社会」「エアモビリティ社会」の構築を強く打ち出すなど存在感を増しており、さらなる体制強化のため、今回の新体制移行を決めた。

 新たに共同代表パートナーとなった大前氏は、これまでもDrone Fundアドバイザリーボードメンバーとして活躍。今後は、長年の経営者としての経験、デジタルマーケティングに対する豊富な知見、ドローン領域での空撮、地方創生の経験を活かし、投資先企業の経営的支援、マーケティング的支援、地方の課題と企業との接続などでリーダーシップを発揮しながら、経営基盤強化の役割も担う。

 最高公共政策責任者に就任した高橋伸太郎氏は、政治家・経営者・専門家などを対象としたコミュニケーション、イメージ戦略における調査分析、戦略策定の経験が豊富で、アドバイザリーボードメンバー時の公共政策活動をさらに強化する役割を担う。公共セクター向けの政策アドイバリー、投資先の成長戦略支援などの役割も担い、ドローンやエアモビリティでの法規制分野で政策提言を推進する。

パートナーの4人

パートナー4 人は以下の通り

■千葉 功太郎
創業者/代表パートナー
Kotaro Chiba
founder/ Managing Partner

慶應義塾大学環境情報学部卒業後、株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールデ
ィングス)に入社。2000 年より株式会社サイバードでエヴァンジェリスト。2001 年に株式会社ケイ・ラボラトリー(現 KLab 株式会社)取締役就任。2009 年株式会社コロプラに参画、同年 12 月に取締役副社長に就任。採用や人材育成などの人事領域を管掌し、2012 年東証マザーズ IPO、2014 年東証一部上場後、2016 年 7 月退任。現在、慶應義塾大学 SFC 研究所 ドローン社会共創コンソーシアム 上席所員、国内外インターネット業界のエンジェル投資家(スタートアップ 52 社、ベンチャーキャピタル 31 ファンドに個人で投資)、リアルテックファンド クリエイティブマネージャー、Drone Fund General Partner を務める。



■大前 創希
共同創業者/代表パートナー
ビジネス・ブレークスルー大学大学院 教授
ドローングラファ
Soki Ohmae
Co-founder/ Managing Partner
Professor of Business Breakthrough University
Dronegrapher

2002 年に株式会社クリエイティブホープを創業し、戦略面を重視した Web コンサルティング を展開。Web 戦略の立案・ブランディングから、アクセス解析に基づく科学的サイト分析、Web サイトの設計・構築・運用に至るワンストップサービスを立ち上げ、自らも Webコンサルタントとして数々のナショナルブランドや国際的な企業・団体の大規模 Web サイトを成功に導く。2009 年 4 月には、アクセス解析の協議会「アクセス解析イニシアチブ」の立ち上げに参画し、副代表を務める。2014 年よりドローングラファ(商標出願中)として活動。2016 年 3 月ドローンムービーコンテスト 2016 準グランプリを受賞。2016 年5月(株)ドローン・エモーションに投資家として参画。2017年5月Drone Fundアドバイザリーボードに就任。2018 年 3 月〜8 月に放送された読売テレビ・ドローン絶景紀行の総合監修を担当。現在は、(株)クリエイティブホープ 代表取締役会長、ビジネス・ブレークスルー大学/大学院 教授(専門はデジタルマーケティング)

■高橋 伸太郎
パートナー/ 最高公共政策責任者
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任講師
Shintaro Takahashi
Partner/Chief Public Policy Officer
Project Assistant Professor Keio University

ドローンやエアーモビリティに関する分野では、産業構想やルール形成などの公共政策活動、操縦士・運航管理者を育成するための教育プログラムの開発、公共セクター及び産業セクターにおける実証実験・社会実装の推進などを中心に活動を展開。現在は、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任講師、ドローン社会共創コンソーシアム事務局長、日本 UAS 産業振興協議会公共政策担当ディレクター、デジタルハリウッド大学研究員などを務める。

■舟波 大地

パートナー/ 最高財務責任者
公認会計士
Daichi Fuananami
Partner/Chief Financial Officer
C.P.A

大学在学中に公認会計士試験 2 次試験に合格。大学卒業後、監査法人で 4 年間監査業務に従事したあと、監査法人を退所しスタートアップ支援業務に従事。2017 年 3 月に Drone Fund 構想中の千葉と出会い、Drone Fund の立ち上げ期より Drone Fund に参画。2018 年 1 月より Drone Fund の CFO に就任。

Drone Fundは代表2人を含むパートナー4人の新たな執行体制でドローン前提社会の実現に取り組みを加速させる。左から舟波大地氏、大前創希氏、千葉功太郎氏、高橋伸太郎氏

この記事のライター

関連する投稿


千葉功太郎さん生放送で軽快トーク! 「代理ロボ開発中」「ホバーバイクを3月お披露目」

千葉功太郎さん生放送で軽快トーク! 「代理ロボ開発中」「ホバーバイクを3月お披露目」

 DroneFundの代表パートナー、千葉功太郎さんが1月29日、GYAO!のオリジナル生放送番組「ぶるぺん」に出演し軽快なトークを披露した。千葉さんは、自分の代理になるロボットを製作中であることや、投資先の企業開発中のホバーバイクを3月にお披露目する計画であることなどを明かし、番組を盛り上げた。


【東日本ドローンサミット報告】FLIGHTS長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット報告】FLIGHTS長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


空飛ぶクルマ開発のSkyDriveがDrone Fundから3億円資金調達

空飛ぶクルマ開発のSkyDriveがDrone Fundから3億円資金調達

株式会社SkyDriveは、Drone Fund 2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)より、3億円の資金調達を実施。


「青森をドローン利活用の先進県に」あおもりドローン利活用推進会議が会見 大前氏「ドローン前提社会は到来する」

「青森をドローン利活用の先進県に」あおもりドローン利活用推進会議が会見 大前氏「ドローン前提社会は到来する」

 青森県のドローン産業を振興し、地域の活性化を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」は9月27日、青森公立大学で発足を説明する会見を開いた。青森公立大学の香取薫学長が「青森をドローン利活用の先進県に」とあいさつ。顧問に就任したDrone Fundの大前創希共同代表パートナーも「青森でこそドローンが有効」と話した。


最新の投稿


セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

株式会社セキドは、 株式会社商船三井、 株式会社MOLマリンと、 MOLマリンが運航管理するケーブル敷設船の海面下の状況を、 水中ドローンを用いて点検する実証実験を実施した。


ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」開催 4月25日、品川

ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」開催 4月25日、品川

「運輸デジタルビジネス協議会(TDBC)」は、ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」を4月25日、品川で開催する。JUIDAの鈴木真二理事長の基調講演も。


エアロネクスト、重心制御技術を搭載次世代ドローン「Next」シリーズを量産化に向け、小橋工業と業務提携へ

エアロネクスト、重心制御技術を搭載次世代ドローン「Next」シリーズを量産化に向け、小橋工業と業務提携へ

株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区)は、同社の重心制御技術「4D Gravity(R)」を 搭載する次世代ドローン「Next」シリーズの量産化を目的に、農業機械製造の小橋工業株式会社(岡山市 南区)と業務提携へ。


次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

GIS(地理情報システム)におけるソリューションおよび関連製品の販売事業を展開する株式会社GeoLink Japan〔:京都市北区:ジオリンク〕は、この度、UAV(無人航空機)写真測量のための次世代型リアルタイム測位技術「KLAU PPPシステム」を発表した。


米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

-米国カリフォルニア州。防衛および商用ドローンを開発するAeroVironment社(NASDAQ:AVAV)社は、次世代のQuantixおよびAV Decision Support System(AV DSS)を2月12日に発表した。