第二回 北海道ドローン選手権 開催 今年は初の屋外競技に(1/3)

第二回 北海道ドローン選手権 開催 今年は初の屋外競技に(1/3)

2018年9月22日。旭川ICT協議会が主催する第二回 北海道ドローン選手権が、旭川市の旭川市農業センターで開催された。北海道大学や北見工業大学に旭川工業高等専門学校など6チームが参加した。(田中亘)


参加チームと運営委員による集合写真

屋外で牛のバルーンをドローンで空撮し画像解析で頭数をカウント

競技会場の屋外は、20m×35mの長方形のエリア

 昨年の第一回 北海道ドローン選手権は、体育館で開催され、段ボール箱に隠されたサッカーボールをドローンで空撮して数量と位置を解析するコンテンストだった。今年の第二回 北海道ドローン選手権は、初の屋外競技となった。競技は、芝の上に配置された牛を模したバルーンをドローンによる空撮画像から解析して頭数を求める。牛のバルーンは、ネットによって地面に固定されている。バルーンの中には、牛だけではなく鹿や豚や羊に模した形もある。そのため、単にネット内のバルーンの有無をカウントするだけでは、正確な牛の頭数は解析できない。優勝するためには、バルーンの形を認識し、その模様などから牛か否かを判定し、計算しなければならない。昨年に比べて、画像解析に求められる技術が高度になったことから、今回は昨年の優勝校だった北海道大学工学研究院のロボティクス・ダイナミクス研究室は、参加を断念してしまった。
 その結果、今年のエントリーは以下の6チームとなった。(順不同、敬称略)

旭川工業高等専門学校・・・代表者:以後直樹
北海道科学大学 井上ゼミ・・・代表者:櫻井悠渡
北見工業大学 情報システム工学科Aチーム・・・代表者:平田英明
北見工業大学 情報システム工学科Bチーム・・・代表者:松本将治
北海道大学 自律系工学研究室・・・代表者:賀川祐太朗
北海道情報大学・・・代表者:渋谷弘貴

競技場には牛以外のバルーンも配されている

断続的な雨の中で晴れ間を縫って6チームがフライト

開催の挨拶をする実行委員長の小川博 旭川ICT協議会 会長

 選手権の開催にあたり、実行委員長の小川博 旭川ICT協議会 会長が挨拶し、参加者や運営に携わる各校の教職員や学生への謝辞を述べた。小川氏は「本選手権はドローン関連技術の開発と新分野での応用を視野に入れた競技会です。これらの技術は将来に向け広大な北の大地に必須となる技術だと確信しております。さらには、IoT(モノのインターネット)時代に向け、新たな事業に繋がればとも考えています」と開催趣旨を記している。ドローンを飛ばして空撮するだけではなく、そこから得られた画像をICTを活用して解析することで、参加する学生のスキルや開発力の向上に結びつける目的もある。そうした開催趣旨に賛同した学校と学生がエントリーし、競技の場に臨んだ。
 競技会場となった屋外は、20m×35mの長方形のエリアにロープが張られ、四隅にコーンが目印として置かれた。ドローンは、この長方形の範囲内を飛行しなければならない。エリアの外に出てしまうと減点になる。また、高所から俯瞰してしまうと、飛行技能を評価できないため高度も5mに制限されている。そして、離着陸は直径約80cmのドローンポートから離陸し、着陸も同ポートに戻ってこなければならない。着陸時の位置が、どれだけドローンポートから離れているかで減点になる。飛行の制限時間は10分で、飛行方法は自動でも手動でも構わないが、自動航行は加点の対象となる。
 開催当日は、生憎の空模様となったが、断続的に降る雨の隙間を縫って6チームが飛行した。各チームの飛行内容と結果は、次回から詳しく解説していくが、参加したドローンの機種は以下になる。

DJI Inspire
DJI M100 2台
DJI Spark
DJI Phantom 3
Parrot Beboop

(つづく)

離着陸に指定されたドローンポート

この記事のライター

関連する投稿


第二回 北海道ドローン選手権 開催 1位と2位はDJI M100勢が圧勝(3/3)

第二回 北海道ドローン選手権 開催 1位と2位はDJI M100勢が圧勝(3/3)

2018年9月22日。第二回 北海道ドローン選手権の優勝と準優勝は、どちらのチームもDJI M100を利用し、自動飛行で計測した。採点差はわずか3ポイントで、その違いは飛行精度にあった。(田中亘)


第二回 北海道ドローン選手権 開催 今年はDJIのドローンが9割を占める(2/3)

第二回 北海道ドローン選手権 開催 今年はDJIのドローンが9割を占める(2/3)

2018年9月22日。旭川ICT協議会が主催する第二回 北海道ドローン選手権が、旭川市の旭川市農業センターで開催された。参加した6チームには、それぞれ賞が授与された。今回は、アイディア賞と特別賞に3位までを紹介する。(田中亘)


第2回 北海道ドローン選手権を9月22日に開催

第2回 北海道ドローン選手権を9月22日に開催

旭川ICT協議会は、昨年に続き今年の9月22日に、第2回 北海道ドローン選手権の開催を発表し、競技の概要を発表した。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(1)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(1)

9月30日。北海道旭川市の勤労者体育センターで、旭川ICT協議会が主催する「第一回 北海道ドローン選手権」が開催された。会場には、北海道大学や北見工業大学など、道内から6団体が参加し、ドローンとICTを組み合わせて、高齢化の進む酪農産業など道内の課題解決に挑む競技が行われた。


最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。