ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


OITAドローンフェスタ2018で先行公開

 ITサービス開発とドローン利活用を推進する株式会社ORSO(東京都千代田区)は、ドローン・IoT分野でのビジネス創造と人材育成を目的に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表した。また9月23日〜24日に大分県で開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。

飛行可能場所を告知し”繋ぐ”ツール

 自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」は、ドローン飛行可能な場所を、観光や産業に役立てる目的で、自治体や観光協会、各地ドローン協議会向けに提供を行い、飛行場所を登録することで地元資源の活用を促進する飛行場所管理ツール。
 「DUCT」は、場所の詳細や位置情報、住所などの、ドローン飛行に関連する情報を地図上で視覚的に範囲指定し登録することが可能で、飛行可能場所の登録から、一時的な飛行禁止や時間指定の告知など、様々な告知機能に対応している。登録された情報は、多くのユーザーが利用する「ドローン飛行チェック(do株式会社)」アプリや、連携先WEBサイトを通じて広く告知することが可能となる。

 この「DUCT」の機能により、これまで自治体ホームページ上でしか閲覧できなかった情報を、日本中のユーザーに告知・閲覧してもらえる仕組みを実現し、連携先のサービス内容によっては、利用ユーザーから施設利用料等を徴収する仕組みもご用意している。連絡は以下へ。

<DUCT(自治体向けドローン飛行場所管理ツール)>
〇公式ホームページ  https://www.duct-airspace.jp
〇問合せ先 drone@oec.co.jp

ドローン産業振興が盛んな大分県における、 OITAドローンフェスタ開催と、フェスタでの先行公開

 自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」は、自治体と観光・産業を繋ぐ目的で、ORSOと、オーイーシーの共同事業として企画開発し、大分県ドローン協議会が推進する「大分県ドローン産業研究開発事業」の採択事業として開発を進めているもの。大分県では、市場の成長が期待されるドローン分野の産業集積を加速させるため、先端技術イノベーションラボ「Ds-Labo」を大分県産業科学技術センターに整備し、企業のドローン開発を支援するとともに、先駆的な実証実験などに取り組んでいて、産学官で構成される「大分県ドローン協議会」では、県内民間企業が中心となって、ドローン産業の振興に努めている。
 このような官民一体となった大分県のドローンの取り組みを全国に情報発信するとともに、大分県におけるドローン産業に関する気運を高めることでさらなるドローン産業の振興を図る目的で、「OITAドローンフェスタ2018」が開催され、その会場内で、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」が先行公開される。

OITAドローンフェスタ概要

主催:OITAドローンフェスタ2018実行委員会
企画運営:株式会社TBSテレビ
開催日時:平成30年9月23日(日曜日)、24日(月曜日)
場所:大分銀行ドーム

この記事のライター

関連する投稿


ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表  Tello 専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」の配信開始

ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表  Tello 専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」の配信開始

ORSOは「ドローン学びの教材シリーズ」を発表し、Tello専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」をDRONE STARプログラミングアプリ内で配信開始する。


ORSOがドローン操縦をバーチャルで拡張したコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レーシングカップ」を発表

ORSOがドローン操縦をバーチャルで拡張したコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レーシングカップ」を発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 KDDI株式会社(東京都千代田区) が、スマートグラス「R-9」に対応した、 ドローン操縦の楽しさをバーチャルで拡張したスマートグラス×DRONE STAR(C)のコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レ-シングカップ」を発表した。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ORSO、大分県ICTリーディングカンパニーであるオーイーシーと業務提携

ORSO、大分県ICTリーディングカンパニーであるオーイーシーと業務提携

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、大分県におけるICTリーディングカンパニーの株式会社オーイーシー(大分県大分市)と、大分県におけるドローン・IoT分野でのビジネス創造と、人材育成を目的に、業務提携を行うと発表した。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C) プログラミング」の先行導入パートナーを決定

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C) プログラミング」の先行導入パートナーを決定

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 昨年、募集を開始したドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C) プログラミング」の先行評価プログラムの開始に伴い協力する企業・団体10社が決定したと発表した。


最新の投稿


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。


ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

 ITサービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、iOS向けスマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」で、音楽に合わせてドローンを操縦したり、プレイ中に録画、保存した動画を投稿できたりする「スマホコントローラー」の無料配信を始めたと発表した。割安になるキャンペーンも同時にスタートした。


DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arenaを運営する株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、一周年を記念して関係者を集めたパーティーを開催した。ドローンタイムズからは、村山副編集長が出席して、ライトニングトークを披露した。


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww