DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


光学10倍ズームと1080pの夜間撮影が可能なカメラ

 Sky Eye-10NLTには、強力なナイトビジョン機能が搭載されている。超低照度を特徴とする1080Pの10倍光学ズームカメラとIRレーザー光線により、夜間での撮影を可能にする。撮影感度は、0.001lux / F1.5(白/黒)で、IRレーザーイルミネーターを使い、夜間に300メートル先まで物体を捉える。
 また、Sky Eye-10NLTには追跡機能がある。専用のアプリから設定すると、画面上のターゲットをクリックするだけで、ジンバルが自動的に、被写体を追跡する。

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

『製品の仕様』
対応機種:DJI Matrice 200
重量:700グラム
センサー:1 / 2.9インチ4MP CMOSセンサー
ズーム機能:10倍光学ズーム、12倍デジタルズーム
動画形式:1080P / 30 H.264ビデオ(オンボードTFカードに記録)
超低照度:0.05lux@F1.5(カラー)、0.01lux @ F1.5(ホワイト/ブラック)
IRレーザー照明カバー範囲:300メートル以上
測位:自動オブジェクトトラックとジオタグ
カメラ:3軸高安定ジンバルシステム
価格:$4,769(約50万円)
日本での取り扱い:未定

通販サイト:
http://www.yangdaonline.com/sky-eye-10nlt-1080p-10x-night-vision-zoom-camera-for-dji-m200/

この記事のライター

最新の投稿


キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。


DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

2018年10月11日、米国サンフランシスコ。ドローンによる空撮画像のマッピングプラットフォームを提供するDroneDeploy(米国)は、プライベートのDroneDeploy Conferenceを開催し、2日間にわたってAIや開発環境にコラボレーション機能などを紹介した。


DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

PHANTOM 4 RTKはDJI史上最もコンパクトで正確な低高度マッピングソリューションを実現。


国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

SUSCの説明会及び産業用ドローン無料セミナーを10月26日に開催。ドローンを安全に運用するためのノウハウを学ぶには、豊富な実績と確かな技術講習に定評のあるSUSCをご活用ください。


空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

2018年10月16日、ニュージーランド。ニュージーランド航空は、有人ドローンのcoraを開発しているゼファー・エアーワークスと提携し、ニュージーランドで航空タクシーを提供するために共同で作業すると発表した。