DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


光学10倍ズームと1080pの夜間撮影が可能なカメラ

 Sky Eye-10NLTには、強力なナイトビジョン機能が搭載されている。超低照度を特徴とする1080Pの10倍光学ズームカメラとIRレーザー光線により、夜間での撮影を可能にする。撮影感度は、0.001lux / F1.5(白/黒)で、IRレーザーイルミネーターを使い、夜間に300メートル先まで物体を捉える。
 また、Sky Eye-10NLTには追跡機能がある。専用のアプリから設定すると、画面上のターゲットをクリックするだけで、ジンバルが自動的に、被写体を追跡する。

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

『製品の仕様』
対応機種:DJI Matrice 200
重量:700グラム
センサー:1 / 2.9インチ4MP CMOSセンサー
ズーム機能:10倍光学ズーム、12倍デジタルズーム
動画形式:1080P / 30 H.264ビデオ(オンボードTFカードに記録)
超低照度:0.05lux@F1.5(カラー)、0.01lux @ F1.5(ホワイト/ブラック)
IRレーザー照明カバー範囲:300メートル以上
測位:自動オブジェクトトラックとジオタグ
カメラ:3軸高安定ジンバルシステム
価格:$4,769(約50万円)
日本での取り扱い:未定

通販サイト:
http://www.yangdaonline.com/sky-eye-10nlt-1080p-10x-night-vision-zoom-camera-for-dji-m200/

この記事のライター

関連する投稿


イギリス民間航空局がDJI Matrice 200シリーズの飛行中の停電の問題を報告

イギリス民間航空局がDJI Matrice 200シリーズの飛行中の停電の問題を報告

2018年10月26日、英国。イギリス民間航空局は、SN-2018/008文書でDJI Matrice 200シリーズの飛行中の停電に対処するために、最新のファームウェアへのアップデートを推奨し、特定のエリアでの飛行禁止を発表した。


最新の投稿


セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

株式会社セキドは、 株式会社商船三井、 株式会社MOLマリンと、 MOLマリンが運航管理するケーブル敷設船の海面下の状況を、 水中ドローンを用いて点検する実証実験を実施した。


ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」開催 4月25日、品川

ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」開催 4月25日、品川

「運輸デジタルビジネス協議会(TDBC)」は、ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」を4月25日、品川で開催する。JUIDAの鈴木真二理事長の基調講演も。


エアロネクスト、重心制御技術を搭載次世代ドローン「Next」シリーズを量産化に向け、小橋工業と業務提携へ

エアロネクスト、重心制御技術を搭載次世代ドローン「Next」シリーズを量産化に向け、小橋工業と業務提携へ

株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区)は、同社の重心制御技術「4D Gravity(R)」を 搭載する次世代ドローン「Next」シリーズの量産化を目的に、農業機械製造の小橋工業株式会社(岡山市 南区)と業務提携へ。


次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

GIS(地理情報システム)におけるソリューションおよび関連製品の販売事業を展開する株式会社GeoLink Japan〔:京都市北区:ジオリンク〕は、この度、UAV(無人航空機)写真測量のための次世代型リアルタイム測位技術「KLAU PPPシステム」を発表した。


米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

-米国カリフォルニア州。防衛および商用ドローンを開発するAeroVironment社(NASDAQ:AVAV)社は、次世代のQuantixおよびAV Decision Support System(AV DSS)を2月12日に発表した。