DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


米国連邦航空局(FAA)やFacebookでキャリアを積んだ航空政策の専門家

米国のDJIで雇用されたDavid Hansell(デビッド・ハンセル)氏 (Linkedinより)

 米国のDJIで雇用されたDavid Hansell(デビッド・ハンセル)氏は、米国連邦航空局(FAA)Drone Advisory Committee小委員会、FAA UAS Safety Team、Royal Aeronautical Societyのメンバーを務めた航空政策の専門家。航空宇宙産業協会の上空空域作業部会と航空宇宙産業協会の国際上陸空域作業部会の組織を率いて、両団体の創設委員長を務めた経歴もある。かつては、国家安全保障理事会の交通安全政策担当ディレクターを務め、ホワイトハウスの航空問題に関する広範囲にわたる政策を支えてきた。ハンセル氏は、国家安全保障顧問と国土安全保障と対テロリズムの大統領補佐官のための航空部門の専門家として働いたキャリアもある。
 ハンセル氏は、DJIに入社する直前までFacebook(米国)のグローバル航空政策責任者だった。先ごろFacebookがドローンによる通信サービスを目指していたAquilaプロジェクトを終了したことから、ハンセル氏の去就が注目されていた。同氏は、3週間前に自身のLinkedinで「次の挑戦の時間が来た。次の冒険を楽しみにしている。飛行機の魔法を毎日起こす信じられないほど才能豊かで支持的なプロの驚くべきネットワークがなければ、絶対にここにはいない」と投稿していた。
 そして、DJIの一員となったハンセル氏は「ドローンは、企業、政府、非営利団体、学者、そして世界を上から見ることを楽しむすべての人々のために空を開きます。ドローンを使用する人々は、自らの仕事を支える強力な規制システムの重要性を理解しています。私は安全保障問題に取り組んだ経験があり、アメリカがドローンの技術を最大限に活用できるようにする法律や規制に助力できてうれしい」と話す。ハンセル氏は、DJIのブレンダン・シュルマン(Brendan Schulman)政策・法務担当副社長が率いる世界中の公共政策と標準化の専門家からのチームに参加し、無人航空機システムに対する合理的でリスクに基づく法規制や、安全とセキュリティのソリューションに尽力していく。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI David Hansell FAA

関連する投稿


岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

災害により孤立した病院を想定、ドローンによる救援物資の輸送実験を実施。物資搬送用ドローンとして、DJI JAPAN、スカイシーカー、東京都あきる野市が共同開発した「QS8」を採用した。


DJI、小型の3軸ジンバルを搭載したOSMO POCKET販売開始、価格は44,900円(税込)

DJI、小型の3軸ジンバルを搭載したOSMO POCKET販売開始、価格は44,900円(税込)

DJIストアは、3軸スタビライザーを搭載する高性能でコンパクトサイズなOsmo Pocketの販売を11月29日、開始した。価格は、税込み44,900円。記録用のSDカードは別売。


DJIの新製品はOSMO POCKETという手持ちカメラか!?

DJIの新製品はOSMO POCKETという手持ちカメラか!?

DJIが11月28日にニューヨークで発表会を予定していた新製品は、海外サイトのニュースによれば、Phantom 5ではなくOSMO POCKETというポケットカメラだという。


静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市(中野 弘道市長)とDJI JAPAN 株式会社(東京都港区 代表取締役:呉 韜)および株式会社アルマダス(代表取締役 吉田 泰行)は、「ド ローンの運用連携に関する協定」を11月22日に締結する。


DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJIは、Air Works 2018で高機能産業用ドローン「Mavic 2 Enterprise」を発表、日本国内でもすでに販売が開始された。DJI JAPANでは、11月15日、実機を使った製品説明会を開催した。防災科学技術研究所の内山庄一郎氏と日本ドローン無線協会の酒井淳一郎氏がドローン活用と導入について講演。


最新の投稿


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。


ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

 ITサービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、iOS向けスマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」で、音楽に合わせてドローンを操縦したり、プレイ中に録画、保存した動画を投稿できたりする「スマホコントローラー」の無料配信を始めたと発表した。割安になるキャンペーンも同時にスタートした。


DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arenaを運営する株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、一周年を記念して関係者を集めたパーティーを開催した。ドローンタイムズからは、村山副編集長が出席して、ライトニングトークを披露した。


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww