DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


米国連邦航空局(FAA)やFacebookでキャリアを積んだ航空政策の専門家

米国のDJIで雇用されたDavid Hansell(デビッド・ハンセル)氏 (Linkedinより)

 米国のDJIで雇用されたDavid Hansell(デビッド・ハンセル)氏は、米国連邦航空局(FAA)Drone Advisory Committee小委員会、FAA UAS Safety Team、Royal Aeronautical Societyのメンバーを務めた航空政策の専門家。航空宇宙産業協会の上空空域作業部会と航空宇宙産業協会の国際上陸空域作業部会の組織を率いて、両団体の創設委員長を務めた経歴もある。かつては、国家安全保障理事会の交通安全政策担当ディレクターを務め、ホワイトハウスの航空問題に関する広範囲にわたる政策を支えてきた。ハンセル氏は、国家安全保障顧問と国土安全保障と対テロリズムの大統領補佐官のための航空部門の専門家として働いたキャリアもある。
 ハンセル氏は、DJIに入社する直前までFacebook(米国)のグローバル航空政策責任者だった。先ごろFacebookがドローンによる通信サービスを目指していたAquilaプロジェクトを終了したことから、ハンセル氏の去就が注目されていた。同氏は、3週間前に自身のLinkedinで「次の挑戦の時間が来た。次の冒険を楽しみにしている。飛行機の魔法を毎日起こす信じられないほど才能豊かで支持的なプロの驚くべきネットワークがなければ、絶対にここにはいない」と投稿していた。
 そして、DJIの一員となったハンセル氏は「ドローンは、企業、政府、非営利団体、学者、そして世界を上から見ることを楽しむすべての人々のために空を開きます。ドローンを使用する人々は、自らの仕事を支える強力な規制システムの重要性を理解しています。私は安全保障問題に取り組んだ経験があり、アメリカがドローンの技術を最大限に活用できるようにする法律や規制に助力できてうれしい」と話す。ハンセル氏は、DJIのブレンダン・シュルマン(Brendan Schulman)政策・法務担当副社長が率いる世界中の公共政策と標準化の専門家からのチームに参加し、無人航空機システムに対する合理的でリスクに基づく法規制や、安全とセキュリティのソリューションに尽力していく。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI David Hansell FAA

関連する投稿


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。会場には、薬剤や粒剤散布用のドローンが一堂に介して、2019年に向けた最新の技術や取り組みが展示されていた。(田中亘)


DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 農薬散布機「DJI AGRAS(アグラス)」シリーズの次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を農業総合展「農業ワールド」(10月10日〜12日、幕張メッセ)において国内で初めて展示する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日、開校した。


最新の投稿


キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。


DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

2018年10月11日、米国サンフランシスコ。ドローンによる空撮画像のマッピングプラットフォームを提供するDroneDeploy(米国)は、プライベートのDroneDeploy Conferenceを開催し、2日間にわたってAIや開発環境にコラボレーション機能などを紹介した。


DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

PHANTOM 4 RTKはDJI史上最もコンパクトで正確な低高度マッピングソリューションを実現。


国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

SUSCの説明会及び産業用ドローン無料セミナーを10月26日に開催。ドローンを安全に運用するためのノウハウを学ぶには、豊富な実績と確かな技術講習に定評のあるSUSCをご活用ください。


空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

2018年10月16日、ニュージーランド。ニュージーランド航空は、有人ドローンのcoraを開発しているゼファー・エアーワークスと提携し、ニュージーランドで航空タクシーを提供するために共同で作業すると発表した。