エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ドローン操作にも最適なスマートグラス

 エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO「BT-35E」「BT-30E」を10月17日より順次発売する。

 新商品「BT-35E」「BT-30E」は、ヘッドセット部に現在発売中のMOVERIO「BT-350」「BT-300」で高く評価されているシリコンOLED(Organic Light Emitting Diode:有機EL)ディスプレイを採用し、高輝度、高コントラスト、高解像度を実現、高画質な映像を投写する。

 今回、専用コントローラーに代わり、HDMI®・USB Type-C※1の入力端子を搭載したインターフェイスボックスを採用した。これによりHDMI®・USB Type-C対応の既存システムと有線接続するだけで機器の映像情報を遅延なく出力でき、新たなシステムや専用アプリを開発する必要がなく、操作も普段慣れている機器で行えるため、新たなトレーニングも不要。

 「BT-35E」は、壊れにくいヒンジレス構造と頭のサイズに幅広く対応できる可動式のテンプル構造を採用し、生活防水(IPX2)※2で屋外でも安心して使用できる。さらに2年間の無償修理サービスにより、ビジネスで安心して利用することができる。

 「BT-30E」は、ヘッドセットの重さが69g(シェード・ケーブル除く)と軽量でスリムなデザインが特長のモデル。

※1:本機はUSB Type-CのDisplayPort Alternate Modeをサポートしている。接続する外部機器がUSB Type-Cによる映像出力に対応している必要がある。
※2:ヘッドセット部のみ

 「BT-35E」「BT-30E」の主な用途は、画像・映像を確認しながら実施する業務を想定している。視野内の手元と必要情報の確認が、頭部移動をほとんどせずに行えることで作業がスムーズに進み、業務の効率化が図れるシーンで活用できる。

ドローンからの映像を大画面で確認

新商品は、業務用ドローン機器等のモニターとして使用できる。MOVERIOを送信機とHDMI®ケーブルで直結することで、明るい屋外でも大画面で鮮明な映像を確認することができる。

■価格・発売予定日

この記事のライター

関連する投稿


ORSOがドローン操縦をバーチャルで拡張したコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レーシングカップ」を発表

ORSOがドローン操縦をバーチャルで拡張したコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レーシングカップ」を発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 KDDI株式会社(東京都千代田区) が、スマートグラス「R-9」に対応した、 ドローン操縦の楽しさをバーチャルで拡張したスマートグラス×DRONE STAR(C)のコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レ-シングカップ」を発表した。


ドローン空撮映像を目の前で エプソン、第3世代スマートグラスを発売

ドローン空撮映像を目の前で エプソン、第3世代スマートグラスを発売

 エプソンは、独自開発のシリコンOLED(有機EL)ディスプレイを採用した、軽量化、高輝度のスマートグラス“MOVERIO”「BT-300」など3モデルを発表した。リアルなAR(拡張現実)表現のほか、DJIファントムなどによるドローンのカメラと連携し空撮映像をリアルに楽しめることが特徴。11月以降、順次発売される。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。