テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、屋根点検ソリューションとして“TERRA ROOFER”の提供を9月13日から開始


 テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、屋根点検ソリューションとして“TERRA ROOFER”の提供を9月13日から開始した。
 TERRA ROOFERは一戸建・集合住宅などの建造物の屋根をドローンを用いて自動で撮影するためのアプリケーション。より身近に、また安全に屋根点検業務を実施することができ、また、1事故あたりの対人・対物補償が最大1億円のドローン保険も付帯している。

◆TERRA ROOFERの概要

 TERRA ROOFERは、ドローンを簡単に操作するためのアプリケーションソフト。タブレット端末(リリース現在、iPadのみ対応)を操作することで、コントローラーを操作せずにドローンを飛行させ、屋根の写真を撮影することが可能となる。

TERRA ROOFERの基本機能・特徴

TERRA ROOFERには以下の機能が実装されている。

自動高度調整機能
フライト前に飛行高度を設定すると、その高度まで自動で上昇する。

自律飛行機能
設定高度に達した後、指定したポイントまで自律飛行(移動)する。

自動撮影機能
指定したポイントに移動後、対象物の屋根の写真撮影をおこなう。

自動帰着機能
撮影後、離陸したポイント上空まで自動で帰着します。(手動での帰着も可能です。)

万が一に備えた対人・対物保険を自動付帯

 TERRA ROOFERを利用したことで対人・対物の賠償責任が生じた場合、自動的に含まれている本保険によって最大1億円までカバーされる。

◆プラン内容

-通常価格:Mavic2 Zoomセット:60万円(税別)

-リリースキャンペーン特別価格:35万円(税別)

※キャンペーン価格でのご提供は、100社限定となる。

※支払い方法は分割、クレジットカード払いなど対応している。



サービス詳細はこちら
▶TERRA ROOFER公式サイト: https://roofer.terra-drone.net/
■テラドローン株式会社

この記事のライター

関連するキーワード


テラドローン TERRA ROOFER

関連する投稿


テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローンは早稲田大学スマート社会技術融合研究機構の鈴木太郎主任研究員と共同で、 独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の共同開発を完了した。 このシステムは鈴木研究員が内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)において研究開発した技術を応用。


テラドローン、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から有人機・無人機連携の実証実験の支援業務を受注

テラドローン、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から有人機・無人機連携の実証実験の支援業務を受注

TerraDrone株式会社は、 10月12日、愛媛県原子力防災訓練で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の下で参加し、 災害発生時に情報収集を行う有人ヘリコプターとドローンの衝突回避を目的とした実証実験の技術支援を行った。


テラドローンが南アフリカ支社設立、アフリカ市場に進出

テラドローンが南アフリカ支社設立、アフリカ市場に進出

鉱業ソリューションに特化した南アフリカ支社設立。


テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

2018年7月に発生した西日本豪雨は、西日本を中心に、河川の氾濫や洪水に土砂災害など多くの被害をもたらした。復興に向けて国土交通省は、テラドローン(東京)にドローンによるレーザー計測を依頼し、被災地の正確な状況を収集している。


テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


最新の投稿


【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

2018年11月14日から16日までの3日間。幕張メッセで最新の映像・放送・通信・音響・照明・メディアビジネスの展示会 「Inter BEE 2018(インタービー2018)/[第54回] 2018年国際放送機器展」が開催された。


DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJIは、Air Works 2018で高機能産業用ドローン「Mavic 2 Enterprise」を発表、日本国内でもすでに販売が開始された。DJI JAPANでは、11月15日、実機を使った製品説明会を開催した。防災科学技術研究所の内山庄一郎氏と日本ドローン無線協会の酒井淳一郎氏がドローン活用と導入について講演。


プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」 AppleとDJIで販売開始

プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」 AppleとDJIで販売開始

Telloミニドローンを製造するRyze Techは、プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」を発表した。


茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区、社長:熊田貴之)は、県内外の先端企業9社が最新ドローン技術を展示する「もばらドローン EXPO 2018」を、11月16日、茂原市市民体育館で開催し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供した。


KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

2018年11月15日。KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、富士登山の遭難者救助を目的とし、 ドローン山岳救助支援システム の実証実験に成功したと発表した。