KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI株式会社は、株式会社野村総合研究所、会津アクティベートアソシエーション株式会社と、会津若松の地場産業である「日本酒造り」の工程に、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) やあらゆるモノがネットワークにつながるIoTの技術を活用した実証事業を開始した。


 KDDI株式会社 (東京都千代田区) は、株式会社野村総合研究所 (東京都千代田区/NRI)、会津アクティベートアソシエーション株式会社 (福島県会津若松市/AAA) と、会津若松の地場産業である「日本酒造り」の工程に、次世代移動通信システム「5G」やドローンを活用した実証事業を開始した。
 この実証事業は、NRIが総務省より受託した「郊外において高速データ伝送やIoTサービス等を支える次世代モバイルシステムの技術的条件等に関する調査検討」において、KDDI、NRIとAAAが、地元農業・酒造関係者である会津よつば農業協同組合や福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター等、会津若松市の協力を得て取り組む事業。

 日本酒造りの工程における米作りの現状では、圃場全体の生育状況把握が困難なため、施肥量調整が難しく、また、酒造りにおいては、人口減少や少子高齢化、杜氏の引退に伴い、醸造管理の知見が失われてしまうとともに、後継者不足による酒造りの負荷が増加しているといった課題が山積している。
 こうした状況を受け、今回の実証事業では、5GやドローンをはじめとしたIoTソリューションを酒造りの各工程に導入し、作業の効率化や負荷軽減を目指す。
 米作りに4G LTEを活用したスマートドローン を導入することによる遠隔からの稲の生育状況把握、酒造工程における5Gを活用した4K映像伝送によるもろみ熟成の管理、配送における温度管理タグ活用等を検証することで、日本酒造りの幅広い工程の効率化を目指すとともに地場産業の活性化に貢献するとしている。
 今後は、会津若松市とKDDI、NRI、AAAは、本実証事業を通して、地域課題解決のリファレンスモデルとなる取組みを進めていく。

別紙: 会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

1 調査検討項目概要

(1)
米作り
スマートドローンにより、酒蔵からの遠隔制御及び圃場のリアルタイム映像配信することで米づくりの業務効率化を実現する。
ドローン撮影画像の葉色解析から、収穫時期を予測する。
(2)
酒造り
もろみ管理を各種センサーでモニタリングして記録することで、暗黙知を形式知として定義する。
形式知として定義し、遠隔監視を可能にすることで業務効率化を図る。
(3)
配送
輸送時にバッテリー内蔵型のRFID温度ロガータグを同封し、輸送中の温度をリアルタイムで監視する。
(4)
プロモーション
4KとVRを用いて、醸造工程の開設動画を遠隔地の消費者へ届けることで体験型PRを実施、距離的問題を解決する。
海外向けPRにおいて、翻訳を活用して動画等の配信という手法をとることで、言語的問題を解決する。

2 各者の役割

会津若松市:
実証事業への支援
KDDI:
5G通信環境の構築、ドローンソリューションの運用
NRI:
実証企画の設計、調査検討会の実施
AAA:
実証に向けた現地調整、醸造工程管理、流通企画、プロモーションにおける運用

この記事のライター

関連する投稿


IoTデバイスとしての存在感を増すドローン関連ソリューション

IoTデバイスとしての存在感を増すドローン関連ソリューション

2019年4月10日から東京ビッグサイトで開催されたJapan IT Weekに、IoTをテーマにしたドローンが出展された。通信キャリアからITベンダーまで、最新の展示を追った。


【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

KDDIはプロドローンと共同の展示スペースに、先ごろ発表したスマートドローンの機体とソリューションを展示した。プロドローンでは、開発中の最新モデルも公開した。


KDDIのスマートドローンが2019年6月から用途別ソリューションの提供を開始

KDDIのスマートドローンが2019年6月から用途別ソリューションの提供を開始

KDDIは、広域監視と鉄塔点検に風力点検、測量解析、精密農業の5つの用途に向けて、2019年6月からドローンによるソリューションを提供すると発表した。


NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

NEDOなどが同一空域で4事業者が10機のドローンを同時運航

福島県南相馬市。福島ロボットテストフィールドで、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を中心として、複数の参画企業が、同一空域・複数ドローン事業者のための運航管理システムの実証実験を3月1日、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで実施、10機のドローンによる同時飛行に成功した。


デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社のデジタルハリウッド ロボティクスアカデミーで、ドローンの活用を積極的に推進する企業3社のドローン担当者を招き、 ドローンの最新活用事例を学ぶイベント「DroneTalk(ドローントーク)」が1月31日、開催された。


最新の投稿


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。