ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

2018 年 9 月 13 日 - NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、ヤマハ発動機株式会社 (以下、「ヤマハ発動機」) が、同社のドローンや無人農業用車両などの次世代製品群の共通開発プラットフォームとしてNVIDIA Jetson AGX Xavier を採用したと発表した。


ヤマハ発動機のモビリティマシンがNVIDIA AGX Xavierで自律動作

GTC Japanの基調講演でヤマハ発動機のJetson AGX Xavier採用を発表

 GTC Japanの基調講演で、Jensen Huang (ジェンスン フアン)創業者/CEOは「モビリティマシンの世界的リーダーであるヤマハ発動機が、すべてのマシンをインテリジェントにするために、NVIDIA AGX Xaverを採用した」と発表した。
 NVIDIA AGX Xaverは、世界初の自律走行のためのプロセッサ。1チップの中に、マルチメディアエンジンやビジョンアクセラレータにVolta Tesor Core GPUなど、複雑な機能を収めている。
 ヤマハ発動機は、NVIDIAのアーキテクチャで自律動作マシンのプラットフォームを統一し、UGV、UAV、USV、そして電動カートの自動走行を目指す。これらのマシンは、「農業や物流、漁業などラストマイルの輸送など人手不足の解消に役立つ」とフアン氏は説明する。
 具体的には、Jetson AGX Xavier を無人農業用車両やドローンに搭載し、農薬の散布、果樹の収穫、収穫物や機材の運搬などの効率化を進めていく。数年内の市場導入を目標に、来年中には AI を搭載した、農業用の無人地上車両の実証実験を開始する予定だ。また、ヤマハ発動機は、一連の自律型のラストマイル ビークルにも、Jetson AGX Xavierを搭載することを計画している。買い物客や高齢者などのラストマイルにおける旅客輸送への活用を目指す。これらの車両は、タクシーやバスの利用が困難な地方での需要が高い。経済産業省によれば、そのような地域含め、全国で 700 万人以上もの買い物弱者(経済産業省「買物弱者等に関する報告書」より)が、定期的な輸送を必要とし、その数は年々増え続けている。

世界初の自律走行のためのプロセッサNVIDIA AGX Xaver

日本の高齢化社会に向けたヤマハ発動機の取り組みに共感するNVIDAのフアンCEO

質問に答えるジェンスン フアンCEO

 GTC Japanの基調講演が終了したあとで、報道関係者を集めてジェンスン フアンCEOによる記者会見が行われた。そこで、ヤマハ発動機がドローンにJetson AGX Xavierを搭載する意義や、全モビリティマシンの自動走行に取り組む背景について質問した。
 フアンCEOは「ヤマハ発動機の日高社長と話をしたときに、高齢化社会に入った日本にとって、コストパフォーマンスに優れた自動走行モビリティマシンは、移動や輸送にとって重要な存在になります。ヤマハ発動機は、世界を代表するモビリティマシンのリーディングカンパニーです。ドローンだけではなく、海や地上などさまざまな形や用途のモビリティマシンを開発しています。そうした多様なマシンに、共通の自律走行を実現するために、ヤマハ発動機はJetson AGX Xavierを採用しました。我々のオープンなプラットフォームを活用することで、安全で信頼性の高いモビリティマシンの自律走行を実現できると信じています。わたしは今回のヤマハの選択に、とても興奮しています」と答えた。

この記事のライター

関連する投稿


ヤマハ発動機、農薬散布ドローン「YMR-08」を来年3月発売 ドローンスクール「ヤマハマルチローターアカデミー」11月開講

ヤマハ発動機、農薬散布ドローン「YMR-08」を来年3月発売 ドローンスクール「ヤマハマルチローターアカデミー」11月開講

ヤマハ発動機株式会社(東京都千代田区)は、農薬散布ドローン「YMR-08」を2019年3月に販売開始すると発表した。


日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目指し海底探査技術を競う世界初の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」の決勝ラウンドに日本チームが進出し、開発された自立型海中ロボットなどが9月18日、神奈川県横須賀市の海洋研究開発機構横須賀本部で公開された。


ヤマハ発動機、工事用資機材の運搬事業を開始 九州電力の協力による送電線工事現場での実証試験を実施

ヤマハ発動機、工事用資機材の運搬事業を開始 九州電力の協力による送電線工事現場での実証試験を実施

ヤマハ発動機株式会社と子会社の西日本スカイテック株式会社は、九州電力株式会社の協力のもと、産業用無人ヘリコプターを活用した工事用資機材運搬の実用化について検証を行ってきたが、実用化の見通しが得られたため、2019年度からの本格的な事業化を目指すこととなった。


「Rock Garage」がNVIDIA Inception Programのパートナー企業に認定

「Rock Garage」がNVIDIA Inception Programのパートナー企業に認定

株式会社ロックガレッジは、GPUディープラーニング プラットフォームを提供しているAIコンピューティング カンパニーNVIDIA Corporationより、AIスタートアップを支援するプログラムである「Inception Program」のパートナー企業に認定された。


「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」1都3県大会開催決定

「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」1都3県大会開催決定

未来の学びはここにある!東京、神奈川、千葉、埼玉の小学生サイバーアスリートが大集結!!


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。