ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

2018 年 9 月 13 日 - NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、ヤマハ発動機株式会社 (以下、「ヤマハ発動機」) が、同社のドローンや無人農業用車両などの次世代製品群の共通開発プラットフォームとしてNVIDIA Jetson AGX Xavier を採用したと発表した。


ヤマハ発動機のモビリティマシンがNVIDIA AGX Xavierで自律動作

GTC Japanの基調講演でヤマハ発動機のJetson AGX Xavier採用を発表

 GTC Japanの基調講演で、Jensen Huang (ジェンスン フアン)創業者/CEOは「モビリティマシンの世界的リーダーであるヤマハ発動機が、すべてのマシンをインテリジェントにするために、NVIDIA AGX Xaverを採用した」と発表した。
 NVIDIA AGX Xaverは、世界初の自律走行のためのプロセッサ。1チップの中に、マルチメディアエンジンやビジョンアクセラレータにVolta Tesor Core GPUなど、複雑な機能を収めている。
 ヤマハ発動機は、NVIDIAのアーキテクチャで自律動作マシンのプラットフォームを統一し、UGV、UAV、USV、そして電動カートの自動走行を目指す。これらのマシンは、「農業や物流、漁業などラストマイルの輸送など人手不足の解消に役立つ」とフアン氏は説明する。
 具体的には、Jetson AGX Xavier を無人農業用車両やドローンに搭載し、農薬の散布、果樹の収穫、収穫物や機材の運搬などの効率化を進めていく。数年内の市場導入を目標に、来年中には AI を搭載した、農業用の無人地上車両の実証実験を開始する予定だ。また、ヤマハ発動機は、一連の自律型のラストマイル ビークルにも、Jetson AGX Xavierを搭載することを計画している。買い物客や高齢者などのラストマイルにおける旅客輸送への活用を目指す。これらの車両は、タクシーやバスの利用が困難な地方での需要が高い。経済産業省によれば、そのような地域含め、全国で 700 万人以上もの買い物弱者(経済産業省「買物弱者等に関する報告書」より)が、定期的な輸送を必要とし、その数は年々増え続けている。

世界初の自律走行のためのプロセッサNVIDIA AGX Xaver

日本の高齢化社会に向けたヤマハ発動機の取り組みに共感するNVIDAのフアンCEO

質問に答えるジェンスン フアンCEO

 GTC Japanの基調講演が終了したあとで、報道関係者を集めてジェンスン フアンCEOによる記者会見が行われた。そこで、ヤマハ発動機がドローンにJetson AGX Xavierを搭載する意義や、全モビリティマシンの自動走行に取り組む背景について質問した。
 フアンCEOは「ヤマハ発動機の日高社長と話をしたときに、高齢化社会に入った日本にとって、コストパフォーマンスに優れた自動走行モビリティマシンは、移動や輸送にとって重要な存在になります。ヤマハ発動機は、世界を代表するモビリティマシンのリーディングカンパニーです。ドローンだけではなく、海や地上などさまざまな形や用途のモビリティマシンを開発しています。そうした多様なマシンに、共通の自律走行を実現するために、ヤマハ発動機はJetson AGX Xavierを採用しました。我々のオープンなプラットフォームを活用することで、安全で信頼性の高いモビリティマシンの自律走行を実現できると信じています。わたしは今回のヤマハの選択に、とても興奮しています」と答えた。

この記事のライター

関連する投稿


ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機株式会社は、農業用ドローン「YMR-08」や産業用無人ヘリに よる農薬散布・施肥作業のデータ管理や運行管理をスマートフォンやパソコン端末で簡単に行えるソ フトウェア・サービス「 YSAP」の提供開始に向け、観測・解析などのエキスパート企業 3 社と協業を開始すると3月8日、発表した。


デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社のデジタルハリウッド ロボティクスアカデミーで、ドローンの活用を積極的に推進する企業3社のドローン担当者を招き、 ドローンの最新活用事例を学ぶイベント「DroneTalk(ドローントーク)」が1月31日、開催された。


ドローンとAIのマッチングをサポートするNVIDIAの"Inception Connect"イベント

ドローンとAIのマッチングをサポートするNVIDIAの"Inception Connect"イベント

2019年1月28日。AIのリーディングカンパニーNVIDIA(東京都)は、AIスタートアップとAIソリューションを必要とする企業をつなげるイベントプログラム「Inception Connect」を都内で開催した。


ヤマハ発動機、農薬散布ドローン「YMR-08」を来年3月発売 ドローンスクール「ヤマハマルチローターアカデミー」11月開講

ヤマハ発動機、農薬散布ドローン「YMR-08」を来年3月発売 ドローンスクール「ヤマハマルチローターアカデミー」11月開講

ヤマハ発動機株式会社(東京都千代田区)は、農薬散布ドローン「YMR-08」を2019年3月に販売開始すると発表した。


日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目指し海底探査技術を競う世界初の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」の決勝ラウンドに日本チームが進出し、開発された自立型海中ロボットなどが9月18日、神奈川県横須賀市の海洋研究開発機構横須賀本部で公開された。


最新の投稿


テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる風力発電のブレード点検サービスを開始した。


エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

2019年3月15日。エアバスは、Skyways物流ドローンを使い、シンガポールで陸上から船舶への輸送試験を開始したと発表した。


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

一般社団法人セキュアドローン協議会(東京都港区、会長:春原 久徳)は、ドローンの業務活用におけるセキュリティ技術実装のための実証開発に取り組み、その技術をJapan Drone 2019の会場で公開した。


米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

Kittyhawk(米国)は、ドローンのナンバープレートにあたるリモートIDの登録を推奨するホワイトペーパーを自社のサイトで公開した。