ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

2018 年 9 月 13 日 - NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、ヤマハ発動機株式会社 (以下、「ヤマハ発動機」) が、同社のドローンや無人農業用車両などの次世代製品群の共通開発プラットフォームとしてNVIDIA Jetson AGX Xavier を採用したと発表した。


ヤマハ発動機のモビリティマシンがNVIDIA AGX Xavierで自律動作

GTC Japanの基調講演でヤマハ発動機のJetson AGX Xavier採用を発表

 GTC Japanの基調講演で、Jensen Huang (ジェンスン フアン)創業者/CEOは「モビリティマシンの世界的リーダーであるヤマハ発動機が、すべてのマシンをインテリジェントにするために、NVIDIA AGX Xaverを採用した」と発表した。
 NVIDIA AGX Xaverは、世界初の自律走行のためのプロセッサ。1チップの中に、マルチメディアエンジンやビジョンアクセラレータにVolta Tesor Core GPUなど、複雑な機能を収めている。
 ヤマハ発動機は、NVIDIAのアーキテクチャで自律動作マシンのプラットフォームを統一し、UGV、UAV、USV、そして電動カートの自動走行を目指す。これらのマシンは、「農業や物流、漁業などラストマイルの輸送など人手不足の解消に役立つ」とフアン氏は説明する。
 具体的には、Jetson AGX Xavier を無人農業用車両やドローンに搭載し、農薬の散布、果樹の収穫、収穫物や機材の運搬などの効率化を進めていく。数年内の市場導入を目標に、来年中には AI を搭載した、農業用の無人地上車両の実証実験を開始する予定だ。また、ヤマハ発動機は、一連の自律型のラストマイル ビークルにも、Jetson AGX Xavierを搭載することを計画している。買い物客や高齢者などのラストマイルにおける旅客輸送への活用を目指す。これらの車両は、タクシーやバスの利用が困難な地方での需要が高い。経済産業省によれば、そのような地域含め、全国で 700 万人以上もの買い物弱者(経済産業省「買物弱者等に関する報告書」より)が、定期的な輸送を必要とし、その数は年々増え続けている。

世界初の自律走行のためのプロセッサNVIDIA AGX Xaver

日本の高齢化社会に向けたヤマハ発動機の取り組みに共感するNVIDAのフアンCEO

質問に答えるジェンスン フアンCEO

 GTC Japanの基調講演が終了したあとで、報道関係者を集めてジェンスン フアンCEOによる記者会見が行われた。そこで、ヤマハ発動機がドローンにJetson AGX Xavierを搭載する意義や、全モビリティマシンの自動走行に取り組む背景について質問した。
 フアンCEOは「ヤマハ発動機の日高社長と話をしたときに、高齢化社会に入った日本にとって、コストパフォーマンスに優れた自動走行モビリティマシンは、移動や輸送にとって重要な存在になります。ヤマハ発動機は、世界を代表するモビリティマシンのリーディングカンパニーです。ドローンだけではなく、海や地上などさまざまな形や用途のモビリティマシンを開発しています。そうした多様なマシンに、共通の自律走行を実現するために、ヤマハ発動機はJetson AGX Xavierを採用しました。我々のオープンなプラットフォームを活用することで、安全で信頼性の高いモビリティマシンの自律走行を実現できると信じています。わたしは今回のヤマハの選択に、とても興奮しています」と答えた。

この記事のライター

関連する投稿


日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目指し海底探査技術を競う世界初の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」の決勝ラウンドに日本チームが進出し、開発された自立型海中ロボットなどが9月18日、神奈川県横須賀市の海洋研究開発機構横須賀本部で公開された。


ヤマハ発動機、工事用資機材の運搬事業を開始 九州電力の協力による送電線工事現場での実証試験を実施

ヤマハ発動機、工事用資機材の運搬事業を開始 九州電力の協力による送電線工事現場での実証試験を実施

ヤマハ発動機株式会社と子会社の西日本スカイテック株式会社は、九州電力株式会社の協力のもと、産業用無人ヘリコプターを活用した工事用資機材運搬の実用化について検証を行ってきたが、実用化の見通しが得られたため、2019年度からの本格的な事業化を目指すこととなった。


「Rock Garage」がNVIDIA Inception Programのパートナー企業に認定

「Rock Garage」がNVIDIA Inception Programのパートナー企業に認定

株式会社ロックガレッジは、GPUディープラーニング プラットフォームを提供しているAIコンピューティング カンパニーNVIDIA Corporationより、AIスタートアップを支援するプログラムである「Inception Program」のパートナー企業に認定された。


「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」1都3県大会開催決定

「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」1都3県大会開催決定

未来の学びはここにある!東京、神奈川、千葉、埼玉の小学生サイバーアスリートが大集結!!


【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

半導体メーカーのNVIDIA(エヌビディア、米国カリフォルニア州)は、都内でNVIDIA Deep Learning Seminar 2018を開催した。基調講演では、日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝氏が、自動車やドローンなど動くものはすべて自律動作マシンになると予測した。(田中亘)


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。