岡山理科大学と電源開発、ドローンによる「電力設備自動撮影技術」を特許出願 ――山間部での鉄塔・電線の保守点検の負担を飛躍的に軽減

岡山理科大学と電源開発、ドローンによる「電力設備自動撮影技術」を特許出願 ――山間部での鉄塔・電線の保守点検の負担を飛躍的に軽減

岡山理科大学と電源開発株式会社は共同で、電力設備を自動的に撮影できるドローンを用いた「電力設備自動撮影技術」の特許を出願。


  岡山理科大学と電源開発株式会社(Jパワー)は、ドローンを使った電力設備を自動的に撮影する「電力設備自動撮影技術」の特許を出願した。同技術は、飛行制御・回避制御及び高速な画像処理を同時に行うことによって、ドローンの高精度な飛行を実現した。同技術を活用することで、点検業務の安全性向上とともに点検の質向上が大きく期待でき、危険な高所作業が軽減されるという。

 Jパワーと岡山理科大学が共同で確立した「電力設備自動撮影技術」は、送電設備情報、最先端のセンサー技術及び制御技術、カメラ技術、画像処理技術を併せ持たせたドローンが、自動的に飛行ルートを計画し、撮影対象物である鉄塔・送電線などの設備に接近して精細な画像を取得するもの。
 飛行制御・回避制御及び高速な画像処理を同時に行うことを可能にして、ドローンの高精度かつ安定的な飛行を実現し、また、目視できない見通し外飛行(ドローンと発着地点間に通信電波が届かない状態)でも、常に機体の状態(正確な位置や高度、飛行状態等)をモニタリングできるように通信を転送する中継ドローンを活用した見通し外無線通信を用いている。
 さらに、画像処理を飛行時に行い、設備上に問題が検出された場合、その位置と欠陥状況画像を記録することができる。同技術を活用することで、点検業務の安全性向上と供に点検の質向上が大きく期待でき、危険な高所作業が軽減される。

 送電線設備などの高所設備は大半が山間部に配置されていて、ドローンで撮影する場合、ドローンを遠隔操作する操縦者が設備に接近しても目視による操作では、送電設備との離隔距離が把握しづらい。また、ドローンが電線に過度に接近することで電磁界の影響を受け進行方向を見失うため、適切な距離を保つことが課題としてあった。
 同技術は今後、電力設備の撮影に限らず、衛星電波の届かない橋梁下や超高層ビルの外壁の自動撮影など幅広い用途に活用することが期待できるとしている。
 Jパワーと岡山理科大学は、電力設備自動撮影技術の送電設備撮影への有効性の検証・評価を行い、2019年度に本格的な導入を目指すとしている。

電力設備自動撮影技術の概要

 確立した電力設備自動撮影技術は、送電設備情報から自動的に飛行ルートを計画し、撮影対象物である鉄塔・送電線などの設備に接近して精細な画像を取得する。設備接近技術は図1、画像取得技術は図2のとおり。

この記事のライター

関連する投稿


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


自治体の「ドローン活用」本格化 行方不明者捜索や森林モニタリング

自治体の「ドローン活用」本格化 行方不明者捜索や森林モニタリング

「空の産業革命」ともいわれ、注目を集めるドローン。民間企業がさまざまな活用方法を示し、国家戦略特区で実証実験が進む中、地方自治体でも導入に踏み切るところが増えてきた。活用方法も物資輸送や空撮、行方不明者の捜索、インフラ点検など幅広く、ドローンパイロットの本格的な育成に乗り出すところも出ている。


ドローンが日本経済を浮揚させる日--第4次産業革命へのマイルストーン

ドローンが日本経済を浮揚させる日--第4次産業革命へのマイルストーン

政府、自治体におけるドローン活用への期待が高まっており、規制緩和や評価基準の策定とともに、新しい産業の創出や、観光、物資などの運搬、調査・点検、災害などでの活用に向けた取り組みが始まっている。


エアロセンス、ドローンによる風車ブレード点検サービスを開始

エアロセンス、ドローンによる風車ブレード点検サービスを開始

 エアロセンス株式会社は、古河電工グループの商社である古河産業株式会社と、エアロセンスの自律型無人航空機システム(以下、ドローン)による風力発電所のブレード点検サービスを開始した。


最新の投稿


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

海外の複数メディアが、米国DJIから電子メールでイベントの招待状が届いたと報じている。いくつかのメディアは、噂になっている新型Phantom 5(?)の発表会ではないかと推測している。