MAVIC 2 ProとZoomのカメラは交換しても機能することが判明 でもね…

MAVIC 2 ProとZoomのカメラは交換しても機能することが判明 でもね…

YouTubeのContinueCrushingTechチャンネルに公開された動画によれば、DJIのMAVIC 2 ProとZoomのカメラは、相互に交換が可能で、取り替えてもアプリで正常に認識されることが判明した。


特殊なドライバーでカバーを取り外しカメラユニットを交換

MAVIC 2 Zoomのカメラを取り外したところ

 I Swapped the Mavic 2 Pro and Zoom Cameras: Does It Work? DJI Doesn't Want You To Know(私はMavic 2 ProとZoomカメラを交換しました:それは機能しますか? DJIはあなたに知って欲しくない)と題された動画では、カメラの前に2台のMAVIC 2 ProとZoomが並び、登場人物がドライバーでカメラの部品を取り外して見せる。
 最初に取り外すのは、Mavic 2 Zoomのカメラ。次に、Mavic 2 Proのカメラを取り外し、その機体へ先に外したZoomカメラを取り付ける。そして、専用アプリからZoomに交換した機体のカメラが、正常に認識される様子を紹介した。
 技術的に考えても、DJIがカメラ関連の部品以外で、異なるMAVIC 2を設計しているはずはないので、動画で公開されたカメラの交換は正しい仕様になる。コントローラーの右ダイヤルも、Mavic 2 Zoomではズームサイズの調節として機能し、Mavic 2 Proでは絞りの設定に割り当てられているので、制御が混乱する心配はない。
 ただし、機体の独自の改造や修理は、製品の保証対象外になることは確実だ。カメラの交換は、あくまで自己責任による作業であり、トラブルが発生しても、保証の範囲内で修理されることはないだろう。また、米国ではeBayなどでレンズ部品だけが出品されているようだが、日本で交換レンズを手に入れるのは難しい。そして、交換の様子を見ても、専用ドライバーで数分から数十分はかかるので、レンズ交換式カメラのように手軽に付け替えるわけにはいかない。
 こうした状況を考えると、仮にZoomとProそれぞれのレンズを空撮で活用したいのであれば、2台のMAVIC 2を持ち運ぶのが、もっとも懸命な選択といえそうだ。

レンズを取り替えてもアプリが正確に認識する

この記事のライター

関連する投稿


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(3/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(3/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)の開催した新型ドローンMAVIC 2の体験会では、参加者に15分間だけ実機を飛ばせる時間が与えられた。限られた時間の中で、カメラの性能に焦点を当てて、その「買い」度を確かめてきた。(田中亘)


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(1/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(1/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)は、8月29日と30日の両日にわたり、報道関係者を集めて新型ドローンMAVIC 2の体験会を実施した。実際にコントローラーを手にして実機を飛行できる体験会に参加して、MAVIC 2の「買い」度を確かめてきた。(田中亘)


DJI Mavic 2 ProとZoomの販売開始

DJI Mavic 2 ProとZoomの販売開始

DJIは新型の小型ドローンMavic 2 ProとZoomを正式に8月23日、ニューヨークで発表した。SEE THE BIGGER PICTUREと銘打たれたイベントでは、新モデルの全貌が明らかになり、オンラインのDJIストアでは販売が開始された。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。