MAVIC 2 ProとZoomのカメラは交換しても機能することが判明 でもね…

MAVIC 2 ProとZoomのカメラは交換しても機能することが判明 でもね…

YouTubeのContinueCrushingTechチャンネルに公開された動画によれば、DJIのMAVIC 2 ProとZoomのカメラは、相互に交換が可能で、取り替えてもアプリで正常に認識されることが判明した。


特殊なドライバーでカバーを取り外しカメラユニットを交換

MAVIC 2 Zoomのカメラを取り外したところ

 I Swapped the Mavic 2 Pro and Zoom Cameras: Does It Work? DJI Doesn't Want You To Know(私はMavic 2 ProとZoomカメラを交換しました:それは機能しますか? DJIはあなたに知って欲しくない)と題された動画では、カメラの前に2台のMAVIC 2 ProとZoomが並び、登場人物がドライバーでカメラの部品を取り外して見せる。
 最初に取り外すのは、Mavic 2 Zoomのカメラ。次に、Mavic 2 Proのカメラを取り外し、その機体へ先に外したZoomカメラを取り付ける。そして、専用アプリからZoomに交換した機体のカメラが、正常に認識される様子を紹介した。
 技術的に考えても、DJIがカメラ関連の部品以外で、異なるMAVIC 2を設計しているはずはないので、動画で公開されたカメラの交換は正しい仕様になる。コントローラーの右ダイヤルも、Mavic 2 Zoomではズームサイズの調節として機能し、Mavic 2 Proでは絞りの設定に割り当てられているので、制御が混乱する心配はない。
 ただし、機体の独自の改造や修理は、製品の保証対象外になることは確実だ。カメラの交換は、あくまで自己責任による作業であり、トラブルが発生しても、保証の範囲内で修理されることはないだろう。また、米国ではeBayなどでレンズ部品だけが出品されているようだが、日本で交換レンズを手に入れるのは難しい。そして、交換の様子を見ても、専用ドライバーで数分から数十分はかかるので、レンズ交換式カメラのように手軽に付け替えるわけにはいかない。
 こうした状況を考えると、仮にZoomとProそれぞれのレンズを空撮で活用したいのであれば、2台のMAVIC 2を持ち運ぶのが、もっとも懸命な選択といえそうだ。

レンズを取り替えてもアプリが正確に認識する

この記事のライター

関連する投稿


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(3/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(3/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)の開催した新型ドローンMAVIC 2の体験会では、参加者に15分間だけ実機を飛ばせる時間が与えられた。限られた時間の中で、カメラの性能に焦点を当てて、その「買い」度を確かめてきた。(田中亘)


MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(1/3)

MAVIC 2体験会で新型ドローンの「買い」度を確かめる(1/3)

DJI JAPAN株式会社(東京都)は、8月29日と30日の両日にわたり、報道関係者を集めて新型ドローンMAVIC 2の体験会を実施した。実際にコントローラーを手にして実機を飛行できる体験会に参加して、MAVIC 2の「買い」度を確かめてきた。(田中亘)


DJI Mavic 2 ProとZoomの販売開始

DJI Mavic 2 ProとZoomの販売開始

DJIは新型の小型ドローンMavic 2 ProとZoomを正式に8月23日、ニューヨークで発表した。SEE THE BIGGER PICTUREと銘打たれたイベントでは、新モデルの全貌が明らかになり、オンラインのDJIストアでは販売が開始された。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。