5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

CFD販売の開催した水中ドローンのお披露目会で、最大の目玉となった機種が、GLADIUS mini。4K Ultra HDカメラを採用し、±45°のチルトロックや水圧センサーによる水深ロックモードなど、水中の点検や探索に効果的なインテリジェント機能を備える。


5つめのスラスタが水中ドローンの新しい性能を引き出す

GLADIUS miniの最大の特長は水中での±45°のチルトロック

 GLADIUS miniは、これまで販売されてきたGLADIUS ADVANCED PROの後継モデルになる。GLADIUS ADVANCED PROは、4つのスラスタを備え最大水深100mまで潜行し、4K映像や1,200万画素のスチール撮影が可能な水中ドローンとして、国内でも以前から販売されていた。今回、新たに発表されたGLADIUS miniは、旧モデルに対してスラスタをひとつ増やし、5つの推力で新しい深水性能を実現した。それが、±45°のチルトロックや水圧センサーによる水深ロックモードになる。
 水中ドローンの課題は、水中でのカメラアングルにあった。多くの水中ドローンでは、カメラのレンズ角度を固定しているため、水中撮影ではレンズが向く方向にしか被写体を捉えられない。単に、水中の生物や風景を映し出すだけであれば、固定されたレンズでも十分なのだが、点検や検査といった目的で使おうとすると、多くの問題が生じる。例えば、船の底を点検する目的で利用しようとすると、前方にあるカメラでは船底が撮影できない。水中ドローンの上部にカメラを取り付けなければ、点検は不可能だった。それに対して、5スラスタのGLADIUS miniは、潜航用と推進用のスラスタを絶妙に機能させることで、上方下方それぞれに±45°のチルトロックを実現した。上向きに45°の角度を付けることで、これまで困難だった船底などの点検も可能になる。さらに、水圧センサーを活用した深度ロックも組み合せることで、一定の深度を保ったままでの水中移動が可能になり、点検や定点観測などの目的に適した利用が実現する。
 GLADIUS miniは、旧モデルに対して小型化を実現すると同時に、価格も安くなっている。そして、1200ルーメンLEDライトを搭載し、1200万画素の4KUltra-HDカメラで水中を撮影する。さらに、記録だけではなく、リアルタイムでのストリーミング配信にも対応しているので、水中の様子を多くの人たちで共有して、娯楽から検査まで幅広く活用できる。

本体はとてもコンパクトで持ち運びも容易で、水中ではキビキビと動く。

この記事のライター

関連する投稿


FullDepの水中ドローンが火山性ガスの噴気孔「たぎり」の撮影・映像のリアルタイム配信成功 「バーチャル海底旅行」へ事業展開も

FullDepの水中ドローンが火山性ガスの噴気孔「たぎり」の撮影・映像のリアルタイム配信成功 「バーチャル海底旅行」へ事業展開も

株式会社FullDepthは、鹿児島県・錦江湾の海底火山域において、自社開発の小型水中ドローン(ROV)の試験潜行を2018年9月19日〜20日、実施し,火山性熱水噴気活動「たぎり」の撮影にも成功した。


中国のテレビ局でも採用している高画質が魅力の水中ドローンFIFISH P3

中国のテレビ局でも採用している高画質が魅力の水中ドローンFIFISH P3

FIFISH P3は、 1インチのSONY製CMOSセンサーにより、4Kで水中の美しい瞬間を捉える。中国では、テレビ局でも水中撮影用の機材として採用する高画質が魅力の水中ドローン。


水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

CFD販売株式会社(名古屋市中区)は、 法人向けから個人用途向けまで幅広いラインナップを取り揃えた水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」をオープンした。


CFD販売の水中ドローン5社製品を一堂に披露

CFD販売の水中ドローン5社製品を一堂に披露

PCパーツの総合サプライヤーのCFD販売は、都内で報道関係者を集めた水中ドローンの発表会を開催した。コンシューマ向けの魚型ドローンから本格的な点検業務に対応する6スラスタ機など、幅広い製品ラインナップで5つの水中ドローンが紹介された。


CFD販売、水中ドローン勢揃い「CFD販売 水中ドローン 新製品発表会」をアカデミック向けに開催

CFD販売、水中ドローン勢揃い「CFD販売 水中ドローン 新製品発表会」をアカデミック向けに開催

PCパーツの総合サプライヤーであるシー・エフ・デー販売株式会社は、8月24日都内で、メディア・アカデミック向けの水中ドローンの製品発表会を開催する。


最新の投稿


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

海外の複数メディアが、米国DJIから電子メールでイベントの招待状が届いたと報じている。いくつかのメディアは、噂になっている新型Phantom 5(?)の発表会ではないかと推測している。