5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

CFD販売の開催した水中ドローンのお披露目会で、最大の目玉となった機種が、GLADIUS mini。4K Ultra HDカメラを採用し、±45°のチルトロックや水圧センサーによる水深ロックモードなど、水中の点検や探索に効果的なインテリジェント機能を備える。


5つめのスラスタが水中ドローンの新しい性能を引き出す

GLADIUS miniの最大の特長は水中での±45°のチルトロック

 GLADIUS miniは、これまで販売されてきたGLADIUS ADVANCED PROの後継モデルになる。GLADIUS ADVANCED PROは、4つのスラスタを備え最大水深100mまで潜行し、4K映像や1,200万画素のスチール撮影が可能な水中ドローンとして、国内でも以前から販売されていた。今回、新たに発表されたGLADIUS miniは、旧モデルに対してスラスタをひとつ増やし、5つの推力で新しい深水性能を実現した。それが、±45°のチルトロックや水圧センサーによる水深ロックモードになる。
 水中ドローンの課題は、水中でのカメラアングルにあった。多くの水中ドローンでは、カメラのレンズ角度を固定しているため、水中撮影ではレンズが向く方向にしか被写体を捉えられない。単に、水中の生物や風景を映し出すだけであれば、固定されたレンズでも十分なのだが、点検や検査といった目的で使おうとすると、多くの問題が生じる。例えば、船の底を点検する目的で利用しようとすると、前方にあるカメラでは船底が撮影できない。水中ドローンの上部にカメラを取り付けなければ、点検は不可能だった。それに対して、5スラスタのGLADIUS miniは、潜航用と推進用のスラスタを絶妙に機能させることで、上方下方それぞれに±45°のチルトロックを実現した。上向きに45°の角度を付けることで、これまで困難だった船底などの点検も可能になる。さらに、水圧センサーを活用した深度ロックも組み合せることで、一定の深度を保ったままでの水中移動が可能になり、点検や定点観測などの目的に適した利用が実現する。
 GLADIUS miniは、旧モデルに対して小型化を実現すると同時に、価格も安くなっている。そして、1200ルーメンLEDライトを搭載し、1200万画素の4KUltra-HDカメラで水中を撮影する。さらに、記録だけではなく、リアルタイムでのストリーミング配信にも対応しているので、水中の様子を多くの人たちで共有して、娯楽から検査まで幅広く活用できる。

本体はとてもコンパクトで持ち運びも容易で、水中ではキビキビと動く。

この記事のライター

関連する投稿


株式会社FullDepth、水中ドローンで深海1,000mに行ったときの映像の鑑賞会を開催

株式会社FullDepth、水中ドローンで深海1,000mに行ったときの映像の鑑賞会を開催

株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、から、DMM.make AKIBAで、「水中ドローンで深海1,000mに行ったときの映像を鑑賞する会」を開催する。


水中ドローン「GLADIUS MINI」が、レッド・ドット・デザイン賞「プロダクトデザイン賞」受賞

水中ドローン「GLADIUS MINI」が、レッド・ドット・デザイン賞「プロダクトデザイン賞」受賞

水中ドローン「GLADIUS MINI」が、 国際的なプロダクトデザイン賞のひとつである「red dot desigh award」(レッド・ドット・デザイン賞)で、 2019年度の「プロダクトデザイン部門」を受賞した。


Sublue社製産業用水中ドローン MOGOOL 製品発表会開催 JOHNAN、tiwaki、スカイシーカーの3社

Sublue社製産業用水中ドローン MOGOOL 製品発表会開催 JOHNAN、tiwaki、スカイシーカーの3社

JOHNAN、tiwaki、スカイシーカーの3社は、産業用水中ドローン「MOGOOL(モグール)」の製品発表会を4月5日に開催する。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


【Japan Drone 2019】水中ドローンGLADIUS miniにフォーカス! スペースワン

【Japan Drone 2019】水中ドローンGLADIUS miniにフォーカス! スペースワン

ドローン関連事業を多角的に手掛ける株式会社スペースワン(福島県郡山市)は、開催中のJapan Drone 2019で水中ドローンGLADIUS miniを展示し、日本での水中ドローン市場の可能性の大きさをアピールしている。3月13日にデモブースで開かれた説明会には、市場拡大の可能性を見込む来場者が多く詰めかけた。


最新の投稿


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。