DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日、開校した。


コマツが監修するUAV写真測量トレーニングプログラムの提供開始

 DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日に開校した。

 UTCは、 ドローン操縦者の育成と教育の標準化を実現することで、 ドローンによる業務の効率化を体系的に支援することを目的とし、 2016年6月より中国でスタートした。 現在、 中国のUTCでは、 空撮、 点検、 農業、 セキュリティと測量の5領域に特化した教習コースを提供し、これまでに、 オンラインの学科テストと飛行の実技テストを経て、 10,000人を超える認定操縦者が、 実際にドローンを活用した業務で活躍している。
 今回の日本でのUTCの開校にともない、 総合機械メーカーのコマツが監修した測量に特化したプログラム「UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION」の提供も開始する。 このプログラムは、 ドローンの実務経験にあわせて、 初級者向けと中級者向けの2コースを提供し、 受講者は、 写真測量の目的、 役割、 手順とドローンの操縦方法や関連する法律などを体系的に学び、 現場で必要とされるスキルを習得することができる。
 また、DJI JAPAN株式会社が管理する飛行技能認定「DJI CAMP」は、 UTC内で継続提供していく。

UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION

 UAV(ドローン)による写真測量は、 より安全で生産的な測量/計測作業を実現する。 総合機械メーカー コマツ監修のプログラムは、 UAV操縦経験の有無に関係なく、 測量、 建設業務に携わったこと、 学んだことがある全ての企業または個人を対象に、 写真測量の目的、 役割、 手順とUAVの知識、 操縦方法、 法律などを体系的に学びながら、 実践的な実習を行う。

1. ドローン初心者向けコース
・対象者:測量、 建設業務に携わったこと、 学んだことがある人。 ドローンの飛行経験および技術は問わない。
・受講費:340,000円(税別)
・日 数:4日間
・認定基準:オンラインテスト、 飛行計画レポート、 実技テストの合格基準点をクリアすること
・開催日程:2018年9月より開講。 UTCウェブサイトからご確認ください。
・URL: https://www.uastc.com/jp/

2. ドローン中級者向けコース
・対象者:測量・建設業務に携わったこと、 学んだことがある人で、 講習会の実技テストに合格できるスキルがある人。 ※実技テストの内容は、 UTCウェブサイトで確認できる。
・受講費:250,000円(税別)
・日 数:2.5日間
・認定基準:オンラインテスト、 飛行計画レポート、 実技テストの合格基準点をクリアすること
・開催日程:2018年9月より開講。 UTCウェブサイトで確認できる。
・URL: https://www.uastc.com/jp/

UTCについて

 UTC(Unmanned Aerial System Training Center)は、 DJIによって設立されたドローンの産業パイロット教育機関。 UTCはワンストップのトレーニングサービスを通じて、 各産業界向けドローン教育研修プログラムを開発・提供している。 中国、 香港、 台湾、 マレーシアで運用開始し、 日本では2018年9月よりサービスを開始、 do株式会社がUTCの企画・運営を行う。

URL: https://www.uastc.com/jp/

do株式会社 UTC運営事務局

 DJIの日本法人であるDJI JAPAN 株式会社と、 ITサービス開発を手掛ける株式会社ORSOの共同出資により、 2016年10月に設立。 「ドローンで社会を豊かに」というミッションを持って、 ドローンの活用を促進するためのサービスの展開・ソフトウェア開発を行なっている。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI UTC

関連する投稿


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

この数週間に、Twitterなどで流出しているレンズ交換システムを備えたシルバーボディのPhantomのようなドローンについて、DJIは海外のドローン系メディアに対して、公式にPhantom 5ではないと否定した。


Phantom 5の発売に向けた準備か? Phantom 4などの販売が海外で終了

Phantom 5の発売に向けた準備か? Phantom 4などの販売が海外で終了

2018年8月30日、米国。海外のドローン関連のメディアやDJIユーザーのフォーラムなどで、8月30日にDJIのディーラー向けに配布された製品の販売終了に関する発表が、数多くの憶測を生んでいる。その中には、Phantom 5の発売に向けた製品ラインナップの整理ではないか、というものがある。


センシンロボティクス、DJI主催「AirWorks China 2018」へ出展

センシンロボティクス、DJI主催「AirWorks China 2018」へ出展

企業・自治体向け業務用ロボティクスソリューションを提供する株式会社センシンロボティクス(東京都渋谷区)は8月30日(木)・31日(金)に中国 上海で開催される、ドローンユーザーやディベロッパー向けのDJI主催カンファレンス「AirWorks China 2018」に出展する。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。