DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日、開校した。


コマツが監修するUAV写真測量トレーニングプログラムの提供開始

 DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日に開校した。

 UTCは、 ドローン操縦者の育成と教育の標準化を実現することで、 ドローンによる業務の効率化を体系的に支援することを目的とし、 2016年6月より中国でスタートした。 現在、 中国のUTCでは、 空撮、 点検、 農業、 セキュリティと測量の5領域に特化した教習コースを提供し、これまでに、 オンラインの学科テストと飛行の実技テストを経て、 10,000人を超える認定操縦者が、 実際にドローンを活用した業務で活躍している。
 今回の日本でのUTCの開校にともない、 総合機械メーカーのコマツが監修した測量に特化したプログラム「UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION」の提供も開始する。 このプログラムは、 ドローンの実務経験にあわせて、 初級者向けと中級者向けの2コースを提供し、 受講者は、 写真測量の目的、 役割、 手順とドローンの操縦方法や関連する法律などを体系的に学び、 現場で必要とされるスキルを習得することができる。
 また、DJI JAPAN株式会社が管理する飛行技能認定「DJI CAMP」は、 UTC内で継続提供していく。

UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION

 UAV(ドローン)による写真測量は、 より安全で生産的な測量/計測作業を実現する。 総合機械メーカー コマツ監修のプログラムは、 UAV操縦経験の有無に関係なく、 測量、 建設業務に携わったこと、 学んだことがある全ての企業または個人を対象に、 写真測量の目的、 役割、 手順とUAVの知識、 操縦方法、 法律などを体系的に学びながら、 実践的な実習を行う。

1. ドローン初心者向けコース
・対象者:測量、 建設業務に携わったこと、 学んだことがある人。 ドローンの飛行経験および技術は問わない。
・受講費:340,000円(税別)
・日 数:4日間
・認定基準:オンラインテスト、 飛行計画レポート、 実技テストの合格基準点をクリアすること
・開催日程:2018年9月より開講。 UTCウェブサイトからご確認ください。
・URL: https://www.uastc.com/jp/

2. ドローン中級者向けコース
・対象者:測量・建設業務に携わったこと、 学んだことがある人で、 講習会の実技テストに合格できるスキルがある人。 ※実技テストの内容は、 UTCウェブサイトで確認できる。
・受講費:250,000円(税別)
・日 数:2.5日間
・認定基準:オンラインテスト、 飛行計画レポート、 実技テストの合格基準点をクリアすること
・開催日程:2018年9月より開講。 UTCウェブサイトで確認できる。
・URL: https://www.uastc.com/jp/

UTCについて

 UTC(Unmanned Aerial System Training Center)は、 DJIによって設立されたドローンの産業パイロット教育機関。 UTCはワンストップのトレーニングサービスを通じて、 各産業界向けドローン教育研修プログラムを開発・提供している。 中国、 香港、 台湾、 マレーシアで運用開始し、 日本では2018年9月よりサービスを開始、 do株式会社がUTCの企画・運営を行う。

URL: https://www.uastc.com/jp/

do株式会社 UTC運営事務局

 DJIの日本法人であるDJI JAPAN 株式会社と、 ITサービス開発を手掛ける株式会社ORSOの共同出資により、 2016年10月に設立。 「ドローンで社会を豊かに」というミッションを持って、 ドローンの活用を促進するためのサービスの展開・ソフトウェア開発を行なっている。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI UTC

関連する投稿


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


DJIとAUVSI、優れた無人化技術を表彰する第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awards への応募開始

DJIとAUVSI、優れた無人化技術を表彰する第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awards への応募開始

無人化技術分野のリーダーたちが集う国際展示会「AUVSI XPONENTIAL」で、 DJIとAUVSIが主催する第2回「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」への応募が開始された。


DJIは空港周辺のドローン目撃の報告に注意を喚起

DJIは空港周辺のドローン目撃の報告に注意を喚起

2019年1月11日 - 欧州。DJI EMEAは、ドローン事件の初期報告を評価する際には注意するようにと喚起した。過去の誤認には、ビニール袋やバルーンがあったという。


システムファイブ、「DJI産業用ドローン展示会」を開催

システムファイブ、「DJI産業用ドローン展示会」を開催

赤外線カメラ・可視カメラ両搭載ドローン「Mavic 2 Enterprise Dual」や照明・スピーカーを搭載可能な「Mavic 2 Enterprise」など、様々なお仕事ができるドローンを展示。


DJI、内蔵ディスプレイ搭載「スマート送信機」を CES 2019 で発表

DJI、内蔵ディスプレイ搭載「スマート送信機」を CES 2019 で発表

DJIは、CES 2019 で DJI ドローン用の内蔵ディスプレイ搭載のスマート送信機を発表した。


最新の投稿


ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)は、第2回セミナー「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」を1月30日に東京都品川区のきゅりあん 1F 小ホール(品川区立総合区民会館)で開催。


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ブラジルドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結し、 Terra Drone Brazilを設立すると発表した。


スカイシーカーと和郷が農薬散布ドローンの教育コンテンツ開発・自律飛行実証実験・ドローン用農薬研究開発で業務提携合意

スカイシーカーと和郷が農薬散布ドローンの教育コンテンツ開発・自律飛行実証実験・ドローン用農薬研究開発で業務提携合意

国土交通省認定のドローン管理団体「Sky Seeker Academy(スカイシーカーアカデミー)」を運営する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)と株式会社和郷(千葉県香取市 )が、 業務提携に合意した。