損保ジャパン日本興亜、北海道地震の損害調査にドローン投入 保険金の早期支払いへ

損保ジャパン日本興亜、北海道地震の損害調査にドローン投入 保険金の早期支払いへ

 損害保険ジャパン日本興亜株式会社(東京)は9月8日、最大震度7を観測した北海道胆振(いぶり)東部地震の損害調査でドローンを活用する方針を決めた。ドローンで全損物件を特定し、早期の保険金支払いにつなげる。投入するドローンは4機を予定。撮影映像をリアルタイム配信する機材を専用車両で現地に持ち込む計画だ。


現地に4機 コールセンターは150人体制 現地調査は数百人規模

 損保ジャパン日本興亜は9月12日にドローンでの活動を予定している。適切な場所を調査したうえで活動場所を決める。

 損保ジャパンは9月6日の北海道北海道胆振(いぶり)東部地震発生当日に災害対策本部を、すでに台風21号被害のために設置済み災害対策本部の中に設置。自社社員や家屋の被災がないことを確認するとともに、保険金の迅速な支払いのための準備を進めてきた。調査のため数百人規模で損害査定要員を現地に派遣する体制を構築。電話連絡を円滑に受けられるようコールセンター要員も150人体制に整備した。

 同社は2015年から自動車事故調査を主な目的にドローンの活用を開始。その後、活用範囲を拡大し、大規模自然災害の発生時に保険金の支払いの迅速化につなげるため、2016年7月、保険業界で初めて国土交通省から日本全国でのドローンの飛行に関する包括許可を取得した。

 同社は、約1万3000の事業所が集積する日本有数の高層ビル街、東京・新宿に本社を構えており、同地域の災害対策にも積極的に関わっている。同エリア内に拠点を構える工学院大学、理経などと共に新宿駅周辺防災対策協議会メンバーであり、協議会の企業などで構成する「チーム・新宿」がビル街の中心部にある新宿中央公園でドローンをフライトさせる実験を実施したさいには、同社のドローンパイロットがドローンをフライトさせた。2016年12月に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災のさいにもドローンによる調査を実施している。

この記事のライター

関連する投稿


損保ジャパンがドローンによる糸魚川大規模火災現場の損害調査を決定

損保ジャパンがドローンによる糸魚川大規模火災現場の損害調査を決定

新潟県糸魚川市の大規模火災で損保ジャパンは26日、ドローンを使用した火災現場の損害調査を行うことを決めた。


損保ジャパン日本興亜、国土交通省から日本全国でドローンを飛行できる包括許可を取得

損保ジャパン日本興亜、国土交通省から日本全国でドローンを飛行できる包括許可を取得

損害保険ジャパン日本興亜は、大規模自然災害時などに保険金の迅速な支払いにつなげるため、保険業界で初めて国土交通省から日本全国でのドローンの飛行に関する包括許可を取得した。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。