飛行性能を進化させ自律飛行ドローンのアプリ開発を容易にするSkydio R1

飛行性能を進化させ自律飛行ドローンのアプリ開発を容易にするSkydio R1

レッドウッドシティー、カリフォルニア州- 2018年9月6日- Skydio(米国)は、AIで自律飛行するドローンSkydio R1のソフトウェアをアップデートし、各種の撮影モードを追加した。また、開発者向けにスキル開発のベータ版を公開した。


米国で価格改定し撮影機能も充実させるSkydio R1

 13台のカメラとAIで周囲を認識して、障害物を回避しながら被写体を追随する自律飛行ドローンのSkydio R1。これまでにも、ソフトウェアのアップデートだけで飛行性能を強化してきたが、今回はケーブルカム・シネマティック・スキルを追加した。従来のシネマティック・スキルは、被写体のフォローと先導と並走しかできなかった。新しいケーブルカム・シネマティック・スキルでは、DJIのドローンなどでお馴染みのAB地点間の飛行が可能になる。また、被写体から遠ざかるDronie(ドローニー)や、半周を描くBoomerang(ブーメラン)に、垂直に離陸するRocket(ロケット)などのスキルも追加された。さらに、価格も改定されて$1,999(約22万円)になった。

開発者向けにSDKのベータ版を公開

モバイルSDKなどの開発キットのベータ版を公開

 AIで自律飛行するSkydio R1の性能は、コンシューマ向けよりも商用向けのドローン活用で注目されている。障害物を回避して自律飛行する性能を活用すれば、屋根の自動点検や特定エリアの定点観測に活用できる。Skydio社では、そうした需要に応えるためにモバイルSDKなどの開発キットのベータ版を公開している。
 Skydio Autonomy Platformと呼ばれる開発環境は、AIで飛行するSkydio Autonomy Engineを利用したオリジナルの飛行モードやスキルを設計できる。開発には、Skydio SimulatorというWebベースのシミュレーターも用意されているので、物理的なハードウェアがなくてもPCだけでテストを行える。日本での発売は未定だが、優れた障害物の回避性能と開発者向けのSDKは、産業用途での活用が期待できる。

Skydio SimulatorというWebベースのシミュレーター

この記事のライター

関連する投稿


AIドローンのSkydio R1がApple Watchによる操作に対応

AIドローンのSkydio R1がApple Watchによる操作に対応

AI機能で障害物の回避や被写体の自動追尾を実現しているSkydio R1ドローンは、Apple Watch用アプリの提供を開始した。専用アプリを使うと、Apple Watchから撮影やリターンホームなどをコントロールできる。


AIで自律飛行するSkydio R1が自動車の追随性能を追加

AIで自律飛行するSkydio R1が自動車の追随性能を追加

レッドウッドシティー、カリフォルニア州- 2018年5月30日- Skydio(米国)は、AIで自律飛行するドローンR1のソフトウェアをアップデートして、自動車を追随する機能を追加した。


【ドローン × AI】NVIDIAのAIドローンが新たな自律飛行を目指す

【ドローン × AI】NVIDIAのAIドローンが新たな自律飛行を目指す

AIの先端技術を開発する米国NVIDIA社は、ロボットやドローンとAIの活用が、新たな市場を創出すると予測する。NVIDIAのセミナーから、AIドローンの新たな可能性を探る。(田中亘)


最新の投稿


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

海外の複数メディアが、米国DJIから電子メールでイベントの招待状が届いたと報じている。いくつかのメディアは、噂になっている新型Phantom 5(?)の発表会ではないかと推測している。