インターナショナルSOSがドローン物資輸送システムに関する覚書をAirbus社と締結

インターナショナルSOSがドローン物資輸送システムに関する覚書をAirbus社と締結

医療と渡航安全の統合ソリューションを提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区)とAirbus社は、 航空機または無人システムを使用した医療物資および医療用品輸送の実用化に向けた調査研究に共同で取り組む覚書(MOU)を交わした。


航空機または無人システムを使用した医療物資および医療用品輸送の実用化を推進

覚書きを交わすAirbus Defence and Spaceの Dirk Hoke CEO(右)とインターナショナルSOSのアーノルド・ヴェシエCEO。

 医療と渡航安全の統合ソリューションを提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区)とAirbus社は、 航空機または無人システムを使用した医療物資および医療用品輸送の実用化に向けた調査研究に共同で取り組む覚書(MOU)を交わした。

■覚書の要旨

・ドローンによる輸送サービスの安全運航の実現
・都市部から地方、 および船舶から沿岸(海上飛行)への輸送を計画
・航空当局に認可された有効搭載量 5 kg 超のドローンを使用

 この合意に基づいて、 インターナショナルSOSのMedSupplyサービスの提供において、 Airbus社は信頼性の高い航空機または無人システムを利用した医療物資の輸送をサポートする。 MedSupplyサービスとは、予防医療への対応と、都市部、へき地や遠隔地での救急医療の支援のために、 専門医による医療、医療用品、医療機器を提供するサービス。今回の共同調査研究では、 都市部から地方、 および船舶から沿岸への輸送を対象とすることになる。インターナショナルSOSは、世界中で緊急搬送や医療関連の物品の調達を行っており、業務用ドローンによる医療物資の輸送を、地域によって異なる規制に対応しながら、安全かつ確実に導入できるように取り組むとしている。

 Airbus Defence and SpaceのDirk Hoke CEOは「私たちは無人航空機による医療物資輸送という革新的な分野で、 発展的なビジネスパートナーシップを築いていきたいと考えています。 私たちの持つ最先端技術が人命を救い、 医療と渡航安全の分野に変革をもたらすことを期待しています」と話した。
 またインターナショナルSOSのアーノルド・ヴェシエCEO兼最高経営責任者で、共同創業者は「Airbus社の安全な航空輸送技術と、 世界中で医療と渡航安全を支援するインターナショナルSOSのグローバルな事業基盤とを結集し、より一層効果的な支援を目指します」と抱負を語った。

シンガポールとインドネシアでテストを開始予定

 無人航空機による医療物資輸送は、 テストケースとしてシンガポールとインドネシアで導入され、 Airbus社とインターナショナルSOSは、 両国の民間航空局および海事当局と連携して事業開発を行う。 テストケースで成果が得られた場合、 グローバル展開を検討しするとしている。
 この覚書の対象となる共同事業分野には、 移動式医療施設、 宇宙、 人工衛星サービスが含まれる。

インターナショナル SOS

 インターナショナルSOS ( http://www.internationalsos.co.jp )は、 医療と渡航安全の統合ソリューションを、 世界で事業を展開する企業・国際機関・各国政府機関に提供している。 世界90ヵ国1000ヵ所に拠点を持ち、 11,000名以上のスタッフを有している。 5,200名の医療従事者及び2,300名のセキュリティスペシャリストを含む、 高度な専門知識と国際ネットワーク基盤をもとに、 渡航リスクを予防するプログラムと、 重病、 事故、 社会不安時における緊急アシスタンスサービスを提供している。 世界中のどこであっても出張者・赴任者の健康と安全を支えることで、 安全配慮義務の履行と事業継続計画の支援をし、 企業のビジネスレジリエンス(ビジネス危機管理能力)をサポートしている。

Airbus社

 エアバスは航空、 宇宙、 その他関連ビジネスにおいて世界をリードするグローバル企業。 2017年の売上は590億ユーロ(IFRS第15号に基づく)で、 約12万9,000人の従業員を擁します。 100席から600席以上を装備する旅客機を幅広く提供、また、 タンカーや戦闘機、 輸送機、 特殊任務機を提供する他、 宇宙分野でも世界を代表する企業の一社として事業を展開している。 ヘリコプター分野においては世界中で効率性の高い民間・軍用ヘリコプターを提供している。

この記事のライター

関連するキーワード


インターナショナルSOS Airbus

関連する投稿


Airbus Zephyr Sが約26日間の最長飛行を記録

Airbus Zephyr Sが約26日間の最長飛行を記録

2018年8月8日、英国ファーンボロー。7月11日に米国アリゾナ州から離陸したAirbusのZephyr Sは、太陽光だけを利用した飛行で、新記録となる25日23時間57分の長時間飛行を達成した。


エアバスが描く未来 ドローンと合体する自動運転タクシー「Pop.Up」

エアバスが描く未来 ドローンと合体する自動運転タクシー「Pop.Up」

陸路と空路を自動的に選択し、可能な限り最も高速かつ効率的な方法で乗客を目的地まで運ぶタクシーを想像してほしい。AirbusとItaldesignが披露したこのコンセプトは、正にそれを具現化したものだ。



DedroneとAirbusがタッグ 空港など広い空間で見えないドローン発見に一役

DedroneとAirbusがタッグ 空港など広い空間で見えないドローン発見に一役

飛んではいけない、あるいは飛んでいてほしくない空域を飛んでるドローンを、人間の肉眼以上の能力で検出するDedroneが、民間航空機のメーカーAirbusの電子部門とパートナーして、広い空間や遠い場所におけるドローン検出機能を提供することになった。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。