KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

2018年9月5日。通信キャリアのKDDIは、法人営業を強化するために東京の虎ノ門に5G/IoT/AIやドローンなどのテクノロジーを大企業とマッチングするビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」を開設した。


「KDDI DIGITAL GATE」開所式でのテープカットの様子

大企業のイノベーションを5G/IoT/AI/ドローンなどで支援する

「KDDI DIGITAL GATE」開設の意義について語るKDDI株式会社の髙橋誠代表取締役社長

 「KDDI DIGITAL GATE」は、5G、セルラーLPWA (LTE-M) といった最新の通信規格を使った検証設備を備え、各種センシングデバイスや、画像認識技術、XR、AIなど最先端のテクノロジーによって実現される様々なソリューションを体感でき、大手企業と新たなビジネスを共創する営業拠点。施設内には、オープンカフェのようなセミナースペースや、ブレーンストーミングなどに適したワークショップ空間に、大型モニターでソースコードを編集できるアジャイル開発ルームなど、多様なファシリティを用意している。同施設には、無料で体験できる見学コースから、最小限のプロトタイプ制作を決定するユーザー体験デザインのEXPLOREコースに、プロトタイプの検証や改良を繰り返すBIULD/BALIDATEという3段階の開発プロセスが用意されている。現時点で、見学などの体験コースは無料に設定されているが、プロトタイプの設計や実開発には、規模に応じた価格がかかる。また、実際に施設を利用するためには、KDDIの法人営業部門とコンタクトが必須とされる。そのため、大手企業のハイタッチ営業が優先で、一般や個人に関しては、現時点では対応していない。
 「KDDI DIGITAL GATE」を通して提供されるデジタルソリューションは、次世代高速モバイル通信網の5Gをはじめとして、あらゆるモノをインターネットにつなげるIoT関連テクノロジー。また、企業からの要望があれば、KDDIが出資しているプロドローンを中心としたソリューションの提供も可能。さらに、プロドローン以外にもドローン関連のテクノロジーやソリューションを提供できるベンチャー企業やスタートアップであれば、「KDDI DIGITAL GATE」と一緒になった「KDDI ∞ Labo」への参加をKDDIでは推奨している。「KDDI ∞ Labo」は、スタートアップ企業とともに、同ラボに賛同するパートナー企業のアセットやノウハウを活用しながら新たな事業共創を目指す取り組み。昨年の8月には、「事業共創プラットフォーム」を開始し、5G活用に特化した「XR」「ロボティクス」「ドローン」「IoT」「ビッグデータ/AI/ブロックチェーン」に関するサービスやプロダクトを対象としたプログラムを推進してきた。発表会の会場には、このプログラムで採択された5つのチームが紹介された。

ラボを紹介する髙橋社長(右)と山根隆行センター長(左)

イノベーションのジレンマを克服する実験的なアプリ開発空間

施設の来訪者にイノベーション事例を紹介するコーナー。近い将来には、ここにKDDIとコラボレーションしたドローンソリューションが展示されるかも知れない。

 「KDDI DIGITAL GATE」が開設された背景には、グローバルで加速しているDX(デジタルトランスフォーメーション)の波がある。DXは、配車サービスのUBERや民泊サイトのAirbnbに代表されるように、デジタル技術を活用して既存の産業やビジネスモデルを覆す新興企業の台頭を意味する。かつては、規制や商習慣によって参入障壁が高かったために、大きな競争が起こらなかった業種や業態が、スマートフォンとクラウドの普及により、一大変革の波が押し寄せている。DXの波に乗り遅れることは、どのような大企業や老舗企業であっても、市場を根底から覆されて廃業に至る危険性すらある。そうした危機感を抱く大手企業に向けて、KDDIが培ってきた短期間でのソフトウェア開発手法を中心に、「KDDI ∞ Labo」や企業買収などによって得られた数々のソリューションやテクノロジーを組み合わせて、イノベーションの支援を推進する「場」が「KDDI DIGITAL GATE」になる。
 KDDIの思惑は、5Gが普及しIoTを利用する企業が増えたときに、少しでも多くのトラフィックや付加価値がKDDI経由で提供されるビジネスモデルの確立にある。一般的に、通信キャリアの仕事は「土管と倉庫」と呼ばれる。通信キャリアの利用者は、音声やデータを流す「土管(通信網)」とデータを蓄える「倉庫(データセンター)」があれば十分と捉え、あとは品質と価格を追求する傾向が強い。そのため、スマートフォンが普及するようになってからは、多くの利益がスマートフォンの開発メーカーやアプリなどを提供するサードパーティに流れている。こうした状況の中で、通信キャリアとしての存在意義と収益性を高めるために、KDDIでは数々の施策を講じてきた。例えば、保険の販売や決済業務に通販サイトの運営など、「土管と倉庫」以外のビジネスにも進出してきた。そうした経験から、クラウドとスマートフォンを活用したビジネスアプリの開発に関するノウハウを蓄積した。その知見を大手企業に提供し、より強固なビジネスのパートナーシップを構築しようとする取り組みが、今回の「KDDI DIGITAL GATE」開設にある。
 すでに、KDDIのスマートドローンでは、5G通信機器を搭載したドローンで空中からの画像伝送などの実験を行っている。今後は、そうしたテクノロジーが大手企業の点検や監視などのニーズに合致すれば、「KDDI DIGITAL GATE」を介して、新たなビジネスイノベーションとして、広がっていくのかもしれない。

ワークショップ用の部屋。ホワイトボードが取り外し式になっていて、書き留めたアイディアを開発ルームまで持って行ける利便性をKDDIでは強調していた。

大画面でソースコードを編集できるアジャイル開発ルーム。

この記事のライター

関連する投稿


日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目指し海底探査技術を競う世界初の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」の決勝ラウンドに日本チームが進出し、開発された自立型海中ロボットなどが9月18日、神奈川県横須賀市の海洋研究開発機構横須賀本部で公開された。


KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI株式会社は、株式会社野村総合研究所、会津アクティベートアソシエーション株式会社と、会津若松の地場産業である「日本酒造り」の工程に、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) やあらゆるモノがネットワークにつながるIoTの技術を活用した実証事業を開始した。


長野県伊那市が日本初の河川上空を幹線航路とする新たなドローン物流システム構築に向け実証を開始

長野県伊那市が日本初の河川上空を幹線航路とする新たなドローン物流システム構築に向け実証を開始

長野県伊那市 (白鳥 孝市長) は、平成28年度以降国土交通省が伊那市で実施してきた中山間地域での実験を深化させ、国内の行政として初めてドローンによる物流の事業化を目指し、伊那市ドローン物流プロジェクトを開始すると発表した。


KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDIは、東京大学、トライポッドワークス、プロドローンと共同で、6月8日、災害救助や撮影サービスなどに活用できる次世代移動通信システム5Gからのリアルタイム4K映像伝送実験に成功したと発表した。


NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は5月30日、ドローンなど無人航空機の新たな安全評価基準の研究開発に着手すると発表した。東京大学、イームズロボティクスなど6者による共同提案を採択する方針となった。今後、各メーカーが独自に取り組んでいる安全対策の性能をどう評価するか、などを検討する。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。