Phase One、世界初の1億5000万画素測量カメラおよび 新しい航空撮影システムを発表

Phase One、世界初の1億5000万画素測量カメラおよび 新しい航空撮影システムを発表

Phase One Japan株式会社(東京都千代田区)は、ブレークスルー技術で開発したiXMカメラプラットフォーム第2弾、最新カメラシステムとなるiXM-RS カメラシステム2機種(1億5千万画素および1億画素カメラシステム)と、新しい航空撮影システムを発表、受注を開始する。


 今回発表されたトップエンドモデルの「iXM-RS150F カメラ」は、超高解像度フルフレーム1億5000万画素センサーを搭載し、RGBモデルとアクロマティック(白黒)モデルが用意されている。超高精細(14204 x 10652)裏面照射型CMOS センサーにより、2 fps の高速キャプチャーレートと高感度特性により、広範囲にわたる航空撮影プロジェクトで生産性を飛躍的に向上させることができる。iXM-RSカメラは、Phase One産業用カメラの核となる製品で、2次元・3次元地図の作成や測量用途最適な完全にインテグレートされたソリューションを提供する。

 新しい1億5000万画素、1億画素のiXM-RSカメラ2機種は、従来の32mmから150mmまでの優れたRSレンズ群が使用可能。Rodenstock と Schneider Kreuznach によって航空撮影用に設計されたこれらのレンズは、工場で無限遠にキャリブレーションされており、それぞれのレンズには最高速1/2500秒のレンズシャッターが内蔵されている。シャッターの耐用回数を50万回保証し航空撮影に最適な歪みの無いクリアな画像取得が可能となっている。
 また、新たに開発したアダプターを使用することで、Phase One社Blue Ring(BR)シリーズのレンズ(28㎜~240㎜)を使用することも可能となる。BRシリーズのレンズは地上での点検検査目的およびUAVでの使用が可能となるレンズ群。

 柔軟性のある航空撮影システムの構成が可能で、シングルフレームでRGB画像取得の撮影システム、RGBとNIR画像取得による4バンド撮影システムを構築できる。それぞれのシステムは、iX コントローラ、Somag スタビライザー、Applanix GPS / IMUユニット、iX PlanおよびiX Flight というPhase Oneフライト計画管理ソフトウェアにより構成されている。

iX Plan でユーザは飛行計画を簡単に作成することができる

iX Plan により、ユーザは下記をサポートする飛行計画を簡単に作成。

・数値地形モデル (DTM: Digital terrain model)
・ベースマップ(Base map)
・プロジェクト形状(Project shape)
・地上基準点(GCPs: Ground control points)

iX Flight は、iX Plan データを使用して、正確な航空撮影ミッション実行

 iX Flight は、iX Plan データを使用して、航空撮影ミッションが正確に実行されるように導く。

・ミッション管理でパスの順序をコントロール、撮影画像にタグ付け、撮影開始と停止、高度やローカライザーによって、パイロットが正確な軌道を容易に維持できるように設計されている。
・カメラ、スタビライザー、GPS / IMUコンポーネントの完全なコントロール
・トレーニングとシステムテストのシミュレーションモード

 新しい iXM-RS 150Fおよび、iXM-RS 100Fシングルフレームカメラは、スタンドアローンで使用すること、および高解像度オブリークカメラシステムやライダーシステムなど、カスタム仕様アプリケーションのマルチカメラアレイの一部としても使用することもできる。また、一般に普及している他のフライト管理システムやGPS / IMU受信機と簡単にインテグレートすることも可能。

インターフェースとストレージ

 Phase One iXMカメラプラットフォームは、カメラコントロールとストレージ用に複数のインターフェースをサポートしている。USB-Cインターフェースによる高速かつ柔軟なデータ転送や、10G Ethernet(光ファイバーまたは銅ケーブル)でケーブルの長さを延長することもできる。また、XQDカードによるローカルストレージや、2KビデオHDMI出力、UAVと高度なインテグレーションを可能にするオーバーレイにも対応している。

 新しいiXM-RS フルフレーム航空撮影カメラのすべての技術仕様とレンズオプションについては、下記のウェブサイト(英語)で確認できる。
https://industrial.phaseone.com/lp/The_New_iXM-RS_150F_Camera.aspx

メーカー希望小売価格

iXM-RS150F 1億5千万画素機 (RSレンズ1本付属) 10,500,000円
iXM-RS100F 1億画素機(RSレンズ1本付属) 7,700,000 円

1億画素航空撮影システム 19,600,000円~
1億5千万画素航空撮影システム 23,100,000円~

Phase One社 産業部門について:
 Phase One産業部門はPhase One A/Sの事業部で、産業用カメラシステムおよびソフトウェアの研究・開発・製造を所轄している。航空撮影、測量、地上および空中からの点検・検査、農業、マシーンビジョン、国土安全保障などのアプリケーションに特化している。

問い合わせ先: フェーズワンジャパン株式会社 営業本部 笠井 伸啓
〒102-0093 東京都千代田区平河町 2-7-2 VORT 永田町 8F
TEL. 03-6256-9682 / FAX. 03-6256-9685

この記事のライター

関連するキーワード


Phase One 1億5000万画素

関連する投稿


Phase Oneが高速な中判サイズのセンサーを使用したUAVに搭載に最適な測量カメラと電動式レンズを発表

Phase Oneが高速な中判サイズのセンサーを使用したUAVに搭載に最適な測量カメラと電動式レンズを発表

Phase One Japan株式会社は、ブレークスルー技術で開発したiXMカメラシステム2機種を発表、受注を開始する。iXMシリーズは新規開発のプラットフォームで、世界で最も高速な中判サイズのセンサーを使用しており、発表する2機種はUAVに搭載しての画像取得に最適です。同時に電動式レンズ群も新たに開発した。


【橋梁・トンネル技術展】PHASE ONE、1億画素の点検ソリューションで作業を効率化

【橋梁・トンネル技術展】PHASE ONE、1億画素の点検ソリューションで作業を効率化

SKYLINK(スカイリンクジャパン)、JEPICO(株式会社ジェピコ)と共同で展示を行ったPHASE ONE(フェーズワンジャパン株式会社)は、1億画素のカメラを使った点検ソリューションを提案した。


PHASE ONEが1億9000万画素の航空撮影システムを発表

PHASE ONEが1億9000万画素の航空撮影システムを発表

Phase One Japan株式会社は、これまでの高価なラージフォーマットカメラに取って代わる、1億9000万画素の画像が撮影可能なデュアルレンズ、デュアルCMOSセンサーを搭載した「190MP航空撮影システム」とその中核となる1億9000万画素カメラ「iXU-RS 1900」を発表した。


Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase One Japan 株式会社(代表取締役:本田誠)は、DJI社の M600 および M600 Proに完全対応した、iXU、iXU-RS 航空撮影カメラシステムを発表した。このシステムは、 DJI 社のソフトウェア開発キットによって開発された最新ドローンソリューションで、写真測量からインフラ点検などに対応。


最新の投稿


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

海外の複数メディアが、米国DJIから電子メールでイベントの招待状が届いたと報じている。いくつかのメディアは、噂になっている新型Phantom 5(?)の発表会ではないかと推測している。