長野県伊那市が日本初の河川上空を幹線航路とする新たなドローン物流システム構築に向け実証を開始

長野県伊那市が日本初の河川上空を幹線航路とする新たなドローン物流システム構築に向け実証を開始

長野県伊那市 (白鳥 孝市長) は、平成28年度以降国土交通省が伊那市で実施してきた中山間地域での実験を深化させ、国内の行政として初めてドローンによる物流の事業化を目指し、伊那市ドローン物流プロジェクトを開始すると発表した。


官民協働によるサプライチェーン形成を組み合わせた物流の事業化

 長野県伊那市 (白鳥 孝市長) は、平成28年度以降国土交通省が伊那市で実施してきた中山間地域での実験を深化させ、国内の行政として初めてドローンによる物流の事業化を目指し、伊那市ドローン物流プロジェクトを開始すると発表した。
 このプロジェクトの事業化に向け、KDDI株式会社 (東京都千代田区) と株式会社ゼンリン (福岡県北九州市) は、伊那市の委託を受け、プロジェクトに参画する。

<伊那市ドローン物流事業プロジェクト概要>

 このプロジェクトは、「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」、「INAドローンアクア・スカイウェイ事業」という2つの事業で構成されている。
 「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」では、中山間地域におけるドローンを活用した荷物配送サービスの実用化に向け、各地で目視外飛行実験を積み重ねてきたKDDIの「スマートドローンプラットフォーム」により、地元スーパーや道の駅等と連携した具体的なビジネスモデルの構築を目指す。また、今回の事業実施にあり、伊那ケーブルテレビジョン株式会社の参画により、ケーブルテレビを介した商品の受発注の仕組づくりを進める。
 「INAドローン アクア・スカイウェイ事業」では、地図情報分野における多大な知見を有するゼンリンの「空の三次元地図」をベースに、伊那市の南北に流れる天竜川や、東西に流れる三峰川の上空域をドローンの長距離幹線航路として、中心市街地と中山間地域等を結ぶサプライチェーンの形成を目指す。
 ゼンリンは、これまでのドローン管制等の技術やノウハウを活かし、「商品の小口化、大量化、輸送の多頻度化への対応」を進めることになる。
 また、2つの事業を通じて構築するシステムは、伊那市内の製造業者等と共創により開発を進めることで、地域経済の振興や産業の活性化にもつなげていくとしている。

1 空飛ぶデリバリーサービス構築事業

 道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点に、中山間地域内におけるドローンを活用した荷物配送の仕組みを構築する事業。物流用ドローンによる輸送の確実性、安全性、採算性の確保など実用化に向けた運用の仕組みづくりを行う。

■業務委託予定者
KDDI株式会社

■企業提携
機体: 株式会社プロドローン
管制システム: テラドローン株式会社
地図情報: 株式会社ゼンリン
商品受発注: 伊那ケーブルテレビジョン株式会社

2 INAドローン アクア・スカイウェイ事業

 河川上空域をドローンの目視外自律飛行ルートとし、中心市街地と中山間地域を結ぶ新たな物流の仕組みを構築する事業。約20kmにわたる河川上空に特化したドローンの幹線空路の開設及び効率的かつ高度なロジスティクスの確立を図る。

■業務委託予定者
株式会社ゼンリン

■企業提携
通信: KDDI株式会社
気象情報: 一般財団法人日本気象協会
機体: 株式会社プロドローン
物流知見: 国立大学法人東京海洋大学
コンサルタント: 株式会社三菱総合研究所
商品: 株式会社ニシザワ、菓子庵石川 (伊那まちの再生やるじゃん会)

この記事のライター

関連する投稿


国内初、5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

国内初、5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

広島県福山市とKDDI株式会社は、東京大学、株式会社プロドローン、サムスン電子、WONDER VISION TECHNO LABORATORY株式会社と共同で、「備後フィッシュフェス」で、「5G」を用いたドローンからの4K映像をVRシステムに伝送し、バーチャル飛行を体験する実証実験 を11月3日、国内で初めて実施する。


日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目指し海底探査技術を競う世界初の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」の決勝ラウンドに日本チームが進出し、開発された自立型海中ロボットなどが9月18日、神奈川県横須賀市の海洋研究開発機構横須賀本部で公開された。


KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI株式会社は、株式会社野村総合研究所、会津アクティベートアソシエーション株式会社と、会津若松の地場産業である「日本酒造り」の工程に、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) やあらゆるモノがネットワークにつながるIoTの技術を活用した実証事業を開始した。


KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

2018年9月5日。通信キャリアのKDDIは、法人営業を強化するために東京の虎ノ門に5G/IoT/AIやドローンなどのテクノロジーを大企業とマッチングするビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」を開設した。


ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANAHDは代表事業者として航空機の運航管理およびオペレーションノウハウ、エアロセンスは自律飛行型ドローンを提供し、物流サービスの社会実装に向け福岡市の玄界島で協働する。


最新の投稿


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

海外の複数メディアが、米国DJIから電子メールでイベントの招待状が届いたと報じている。いくつかのメディアは、噂になっている新型Phantom 5(?)の発表会ではないかと推測している。