ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANAHDは代表事業者として航空機の運航管理およびオペレーションノウハウ、エアロセンスは自律飛行型ドローンを提供し、物流サービスの社会実装に向け福岡市の玄界島で協働する。


 ANAホールディングス株式会社(東京都港区/ANAHD)とエアロセンス株式会社(東京都文京区)と福岡市から構成される福岡市ドローン物流協議会は、国土交通省・環境省の連携事業である「平成30年度CO2排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した配送実用化推進調査」の検証実験の実施地域協議会として採択された。(http://www.mlit.go.jp/report/press/tokatsu01_hh_000400.html

 現在、国内には420以上の有人島、15,000以上の限界集落があり、これらの地域は配達員の確保や交通インフラの問題等により、物資を集配所までしか届けられない、最終需要者へ物資が届くまで時間とコストがかかるなどの物流課題がある。
 こうした課題を解決するため、ANAHDは代表事業者として航空機の運航管理およびオペレーションノウハウ、エアロセンスは自律飛行型ドローンを提供し、補助として自動走行型宅配ロボットなどの活用も視野に入れ、低コスト・高頻度で物流拠点から最終需要者のいるところまで物資を運搬できる、物流サービスの社会実装に向け福岡市の玄界島で協働する。

問い合わせ先:
ANAホールディングス広報・コーポレートブランド推進部
 TEL: 03-6735-1111
エアロセンス株式会社(www.aerosense.co.jp
 TEL: 03-3868-2551

この記事のライター

関連する投稿


ドローン安全強化で航空法改正案国会提出へ 国交省が立ち入り検査も

ドローン安全強化で航空法改正案国会提出へ 国交省が立ち入り検査も

国交省は、2015年12月の改正航空法の施行以降、ドローン(200g以上)の普及に伴い事故やトラブルが増加傾向にあることから、安全対策の強化を目的に、事故発生時の報告を義務付け、操縦者への聞き取りや立ち入り検査がおこなえるよう航空法改正を視野に検討をすすめ、通常国会に法案提出をする方針としている。


DPCA躍進! 講習団体でJUIDAに次ぐ2位に 航空局がHP改訂

DPCA躍進! 講習団体でJUIDAに次ぐ2位に 航空局がHP改訂

 国交省航空局は2月1日、ドローンの講習団体や管理団体を掲載するHPを改訂した。講習団体は前月の304から332に増加。増加分28のうち22が一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)系で、DPCAは講習団体の掲載が33になり、掲載数では一気にJUIDAに次ぐ2位となった。


エアロセンスの新開発産業用ドローン AEROBO®「AS-MC03-T」2 月販売開始

エアロセンスの新開発産業用ドローン AEROBO®「AS-MC03-T」2 月販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、物資 輸送・点検・災害調査など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォームとし て、新たに飛行性能を上げ可搬性を増強した産業用ドローン「AS-MC03-T」を2月から発売する。


【ドローン × AI】エアロセンスが取り組むAIを活用した除染シート点検

【ドローン × AI】エアロセンスが取り組むAIを活用した除染シート点検

エアロセンス(東京都)は、グーグル(東京都)が主催するGoogle Cloud メディアセミナーで、福島県で推進している除染シート点検におけるドローンとAI活用の状況を報告した。


パーソルテクノロジースタッフとdoが「ANAドローン事業化プロジェクトに学ぶドローン活用セミナー」開催 12月18日

パーソルテクノロジースタッフとdoが「ANAドローン事業化プロジェクトに学ぶドローン活用セミナー」開催 12月18日

パーソルテクノロジースタッフ株式会社(東京都新宿区)と ドローンの活用を促進するためのサービスの展開・ソフトウェア開発を行うdo株式会社(東京都千代田区)と共催で、法人向けドローン活用セミナー第3弾「ANAドローン事業化プロジェクトに学ぶドローン活用セミナー」を12月18日に豊洲で開催する。


最新の投稿


セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

株式会社セキドは、 株式会社商船三井、 株式会社MOLマリンと、 MOLマリンが運航管理するケーブル敷設船の海面下の状況を、 水中ドローンを用いて点検する実証実験を実施した。


ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」開催 4月25日、品川

ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」開催 4月25日、品川

「運輸デジタルビジネス協議会(TDBC)」は、ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」を4月25日、品川で開催する。JUIDAの鈴木真二理事長の基調講演も。


エアロネクスト、重心制御技術を搭載次世代ドローン「Next」シリーズを量産化に向け、小橋工業と業務提携へ

エアロネクスト、重心制御技術を搭載次世代ドローン「Next」シリーズを量産化に向け、小橋工業と業務提携へ

株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区)は、同社の重心制御技術「4D Gravity(R)」を 搭載する次世代ドローン「Next」シリーズの量産化を目的に、農業機械製造の小橋工業株式会社(岡山市 南区)と業務提携へ。


次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

GIS(地理情報システム)におけるソリューションおよび関連製品の販売事業を展開する株式会社GeoLink Japan〔:京都市北区:ジオリンク〕は、この度、UAV(無人航空機)写真測量のための次世代型リアルタイム測位技術「KLAU PPPシステム」を発表した。


米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

-米国カリフォルニア州。防衛および商用ドローンを開発するAeroVironment社(NASDAQ:AVAV)社は、次世代のQuantixおよびAV Decision Support System(AV DSS)を2月12日に発表した。