テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


対人・対物賠償保険自動付帯付でドローンの自動航行、3次元データ作成・解析の自動化を実現

 テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン自律航行管理ソフト「TERRA UTM”」の一般向けアプリの販売を 8月20日、開始した。
 TERRA UTMは、 ドローンの自動航行を現場および遠隔地から確認・操作することができ、 ドローン保険も付帯しているため、 より身近に、 また安全に利用することができる。

このソフトのご利用・問い合わせは下記より可能です。
▷TERRA UTM公式サイト: https://utm.terra-drone.net/

TERRA UTM の概要

 UTM(Unmanned Traffic Management)とは、 目視外飛行・第三者の上空における航行を実現するための技術。 電波を活用した遠隔管理や、 衝突防止することによって、 安全な運行をサポートすることが可能となる。

TERRA UTM の基本機能 ・特徴

⑴ドローンの飛行計画の管理機能(ミッションプランニング機能)
・飛行計画、 飛行ログの管理
・飛行情報(位置、 高度、 速度、 ジンバル角度・バッテリー残量等)のリアルタイム管理

⑵飛行エリアの管理機能
・飛行禁止エリア:人口密集地域、 飛行禁止区域等での飛行禁止制御
・飛行可能エリア:ジオフェンスで指定したエリア内のみでの運行

⑶衝突検知機能
・他の飛行計画との事前オーバーラップ検知
・他のドローンとのリアルタイム衝突検知

万が一に備えた 対人・対物 保険を自動付帯

  TERRA UTMを利用したことで対人・対物の賠償責任が生じた場合、 自動的に含まれている本保険によって最大1億円までカバーされる。

TERRA MAPPER クラウド版 との連携

 同社の「TERRA MAPPERクラウド版」との連携により、 従来アプリやサービスでは実現できなかったドローンの自動航行~データの3次元化、 その後のデータ解析・共有までシームレスなサービス利用が可能となる。 従来は複数ソフト・サービスの使用が必要だったが、 一気通貫でサービス利用が可能になることで、 作業時間や余分なコストを抑えることができる。

ERRA MAPPER クラウド版 特徴

 実際のドローンでの測量業務で必要とされる高度なデータ解析を、 一つのWebアプリ上で行うことができる。 全てのデータはクラウドに保存されているので、 場所を選ばずにアクセスし、 大量のデータを保存、 複数人でのデータ共有が可能。 電力線やねじ、 配管等のさびのAI自動検出機能も開発予定で、 現在申し込み者には、 無料のトライアルも可能。

ERRA MAPPER クラウド版 主要機能

1.【Webベースでどこからでもアクセス可能。 設備への初期投資もカット】
 データ処理や、 データ管理を全てWeb上で行うので、 インストールする必要もなく、使用しているPCで利用するおとができる。 また、 インターネット環境さえあれば、 PC、 スマートフォン、 タブレットなどどのようなデバイスからもアクセス可能。

2.【簡単に日々の土量変化を確認。 会議資料としても活用可能】
 TERRA MAPPERクラウド版日々の土量の変化量をモニタリングすることで、 施工管理のツールとして利用できる。 また、 解析データが簡単に入手できるので現場での会議資料として活用できる。

3.【プロジェクトのデータ・ヒト・モノを一元的に可視化】
 TERRA MAPPERクラウド版は、 プロジェクトに関与するメンバー間での情報共有のためのプラットフォーム。 データの共有やそれに紐付いたオンラインのチャット機能はもちろん、 ヒト・モノの配置や、 現場の進捗状況も管理できる。

TERRA UTM /TERRA MAPPER の 対応機体について

Terra UTM対象機種は以下の通りです。
Phantom 3および4 シリーズ、 Spark、 Inspireシリーズ、 Matrice 100, 200, 600シリーズ

 また、 アプリを操作するタブレット端末は、 以下のものが対応。
iPad mini 4、 iPad Air2、 iPad Pro(iOS 11以降)

※2018年8月リリース現在

この記事のライター

関連するキーワード


テラドローン Terra UTM

関連する投稿


テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローンは早稲田大学スマート社会技術融合研究機構の鈴木太郎主任研究員と共同で、 独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の共同開発を完了した。 このシステムは鈴木研究員が内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)において研究開発した技術を応用。


テラドローン、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から有人機・無人機連携の実証実験の支援業務を受注

テラドローン、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から有人機・無人機連携の実証実験の支援業務を受注

TerraDrone株式会社は、 10月12日、愛媛県原子力防災訓練で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の下で参加し、 災害発生時に情報収集を行う有人ヘリコプターとドローンの衝突回避を目的とした実証実験の技術支援を行った。


テラドローンが南アフリカ支社設立、アフリカ市場に進出

テラドローンが南アフリカ支社設立、アフリカ市場に進出

鉱業ソリューションに特化した南アフリカ支社設立。


テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

2018年7月に発生した西日本豪雨は、西日本を中心に、河川の氾濫や洪水に土砂災害など多くの被害をもたらした。復興に向けて国土交通省は、テラドローン(東京)にドローンによるレーザー計測を依頼し、被災地の正確な状況を収集している。


テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、屋根点検ソリューションとして“TERRA ROOFER”の提供を9月13日から開始


最新の投稿


【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジで12月1,2日に開催 講演、ワークショプ満載!飛ばせます!

【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジで12月1,2日に開催 講演、ワークショプ満載!飛ばせます!

 サッカーの聖地として知られるJ-ヴィレッジは12月1日、2日に、ドローンと多角的に触れあえるイベント、「東日本ドローンサミット in J-ヴィレッジ」を開催する。各分野の第一人者が登壇する「サミット」、撮影技術をプロから学ぶ「空撮講座」などプログラムが満載。「ドローント-クPIT」も出張開催決定!


砂防工事のプロとUAVのプロが石川県で砂防施設でのUAV活用プロジェクトを開始

砂防工事のプロとUAVのプロが石川県で砂防施設でのUAV活用プロジェクトを開始

白山国立公園内の砂防工事などの土木工事においてICT化に取り組んできた竹腰永井建設株式会社(石川県)と、UAVによる調査/点検業務に多数の実績があるアイエイチプランニング株式会社(東京都)が共同で、砂防設備管理にUAVを活用するプロジェクトを開始させた。


ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

2018年11月15日-スイス、チューリッヒ。屋内ドローンのVerity Studios(スイス)は、ドバイ・モールの10周年を祝う式典で、マイクロドローンによるパフォーマンスを披露した。


【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

 ドローン研究に力を入れている慶應義塾大学で、プロドローンレースチーム「DMM RAIDEN RACING」の選手らが教壇に立った。大学院生向けのKPMGコンサルティングによる寄附講座「eSports論」の一環で、最年少の中学生、鈴木匠選手ら3人が、世界を転戦した感想や、世界と日本のレース環境の差について説明した。


静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市(中野 弘道市長)とDJI JAPAN 株式会社(東京都港区 代表取締役:呉 韜)および株式会社アルマダス(代表取締役 吉田 泰行)は、「ド ローンの運用連携に関する協定」を11月22日に締結する。