テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


対人・対物賠償保険自動付帯付でドローンの自動航行、3次元データ作成・解析の自動化を実現

 テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン自律航行管理ソフト「TERRA UTM”」の一般向けアプリの販売を 8月20日、開始した。
 TERRA UTMは、 ドローンの自動航行を現場および遠隔地から確認・操作することができ、 ドローン保険も付帯しているため、 より身近に、 また安全に利用することができる。

このソフトのご利用・問い合わせは下記より可能です。
▷TERRA UTM公式サイト: https://utm.terra-drone.net/

TERRA UTM の概要

 UTM(Unmanned Traffic Management)とは、 目視外飛行・第三者の上空における航行を実現するための技術。 電波を活用した遠隔管理や、 衝突防止することによって、 安全な運行をサポートすることが可能となる。

TERRA UTM の基本機能 ・特徴

⑴ドローンの飛行計画の管理機能(ミッションプランニング機能)
・飛行計画、 飛行ログの管理
・飛行情報(位置、 高度、 速度、 ジンバル角度・バッテリー残量等)のリアルタイム管理

⑵飛行エリアの管理機能
・飛行禁止エリア:人口密集地域、 飛行禁止区域等での飛行禁止制御
・飛行可能エリア:ジオフェンスで指定したエリア内のみでの運行

⑶衝突検知機能
・他の飛行計画との事前オーバーラップ検知
・他のドローンとのリアルタイム衝突検知

万が一に備えた 対人・対物 保険を自動付帯

  TERRA UTMを利用したことで対人・対物の賠償責任が生じた場合、 自動的に含まれている本保険によって最大1億円までカバーされる。

TERRA MAPPER クラウド版 との連携

 同社の「TERRA MAPPERクラウド版」との連携により、 従来アプリやサービスでは実現できなかったドローンの自動航行~データの3次元化、 その後のデータ解析・共有までシームレスなサービス利用が可能となる。 従来は複数ソフト・サービスの使用が必要だったが、 一気通貫でサービス利用が可能になることで、 作業時間や余分なコストを抑えることができる。

ERRA MAPPER クラウド版 特徴

 実際のドローンでの測量業務で必要とされる高度なデータ解析を、 一つのWebアプリ上で行うことができる。 全てのデータはクラウドに保存されているので、 場所を選ばずにアクセスし、 大量のデータを保存、 複数人でのデータ共有が可能。 電力線やねじ、 配管等のさびのAI自動検出機能も開発予定で、 現在申し込み者には、 無料のトライアルも可能。

ERRA MAPPER クラウド版 主要機能

1.【Webベースでどこからでもアクセス可能。 設備への初期投資もカット】
 データ処理や、 データ管理を全てWeb上で行うので、 インストールする必要もなく、使用しているPCで利用するおとができる。 また、 インターネット環境さえあれば、 PC、 スマートフォン、 タブレットなどどのようなデバイスからもアクセス可能。

2.【簡単に日々の土量変化を確認。 会議資料としても活用可能】
 TERRA MAPPERクラウド版日々の土量の変化量をモニタリングすることで、 施工管理のツールとして利用できる。 また、 解析データが簡単に入手できるので現場での会議資料として活用できる。

3.【プロジェクトのデータ・ヒト・モノを一元的に可視化】
 TERRA MAPPERクラウド版は、 プロジェクトに関与するメンバー間での情報共有のためのプラットフォーム。 データの共有やそれに紐付いたオンラインのチャット機能はもちろん、 ヒト・モノの配置や、 現場の進捗状況も管理できる。

TERRA UTM /TERRA MAPPER の 対応機体について

Terra UTM対象機種は以下の通りです。
Phantom 3および4 シリーズ、 Spark、 Inspireシリーズ、 Matrice 100, 200, 600シリーズ

 また、 アプリを操作するタブレット端末は、 以下のものが対応。
iPad mini 4、 iPad Air2、 iPad Pro(iOS 11以降)

※2018年8月リリース現在

この記事のライター

関連するキーワード


テラドローン Terra UTM

関連する投稿


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ブラジルドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結し、 Terra Drone Brazilを設立すると発表した。


テラドローン南ア支社、鉱業会社のSibanye Stillwaterと地下演習地での共同実証に成功

テラドローン南ア支社、鉱業会社のSibanye Stillwaterと地下演習地での共同実証に成功

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、Sibanye Stillwater社(南アフリカヨハネスブルグ市)とドローンによる地下マイニングソリューションの技術向上を目的とした実証実験を共同で行ったと発表した。


KDDIとセコムがAIスマートドローンで埼玉スタジアムの警備に成功

KDDIとセコムがAIスマートドローンで埼玉スタジアムの警備に成功

KDDI株式会社 (東京都千代田区)、テラドローン株式会社 (東京都渋谷区)、セコム株式会社 (東京都渋谷区) は、埼玉スタジアム2002 (埼玉県さいたま市) の協力のもと、AIを搭載したスマートドローンによる警備に成功したと発表した。


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。