かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


 株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。このシステムは、離島や山間部における無人航空機(ドローン)運用の規制緩和を見越し、目視外飛行を行う際に必要となる、飛行ルート上の気象状況の把握に利用するもの。
 法人ユーザさま向けに、9月以降、月額 3000円~5000円(※)で、レンタル・リースを予定しいる。レンタル・リースされた気象観測装置で取得したデータは、法人ユーザが専用アプリで個別に閲覧する事ができる。
(※)料金は リース・レンタル、最低利用年数、タイプ により変動する。

 取得したデータはクラウドシステム上に蓄積され、今後、同社で開発中の統合型運行管理システムへの連携や、API接続サービスでの提供も予定している。

○想定される活用シーン(例)

・屋外ドローン練習場・ラジコン飛行場における安全管理。
・工事・作業現場、イベント会場における安全管理。
・旅客・運送事業における安全管理。
・自然災害等に備えた、防災・安全管理。

【専用アプリ:KAZAMIDORI】
iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/kazamidori/id1401822202?mt=8

Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=cloud.kazamidori

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社かもめや(広報担当):pr@kamomeya-inc.com

株式会社かもめや公式Webサイト
http://www.kamomeya-inc.com/

KamomeAirプロジェクト公式Webサイト
http://www.kamome-air.com/

この記事のライター

関連する投稿


かもめやが次世代物資輸送無人航空機を完成、国外で飛行試験開始

かもめやが次世代物資輸送無人航空機を完成、国外で飛行試験開始

株式会社かもめや(香川県高松市)と、 Airnamics d.o.o.(スロヴェニア共和国メドヴォデ)は、共同開発した次世代物資輸送無人航空機(KamomeCopter:カモメコプター)を完成させ、 スロヴェニア国内において飛行試験を開始した。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。