セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。


水中探査機は片手で持ち運ぶ時代に

 CCROVは、 超小型かつ高い機動性をもった高性能水中ドローン(ROV)。 市場最小の水中ドローンにも関わらず6つのスラスターを有し、 整備性の高い機体構造でメンテナンスの手間は従来の水中ドローンに比べ大きく低減した。 CCROVは調査・点検はもちろん研究活動にも最適な水中ドローンとなっている。

CCROV 水中ドローン標準パッケージ・75mケーブル付き 税込464,400円

♦ CCROV 水中ドローン標準パッケージ・75mケーブル付き 税込464,400円
https://www.sekido-rc.com/?pid=132342460

 CCROVは市場最小のROVで、 サイズは約208 x 204 x 158mm。 バックパックやスーツケースに収納しどこにでも持ち運ぶことができる。 ユーザーフレンドリーな操作システムで、 送信機やアプリで誰でも簡単に操作することができる。
 6基のスラスターを駆使することにより3次元機動が可能になり、調査点検では時に重要視される真横移動が可能となっている。
 嵩張るテザーケーブルやバッテリーは全てコードリールに収納され初心者でも手軽に運用できる。

CCROVの主な性能

・4Kカメラ搭載
・720P ライブビデオ伝送
・最大100メートルの潜水が可能
・高品質の素材と統合されたデザイン
・6スラスタ装備
・自由な移動(前後、 左右、 浮上/潜行、 旋回)
・自動姿勢制御(方位、 深度)
・コードリール内蔵電源(地上でバッテリー交換が可能)
・1500ルーメンLEDライト

想定用途

構造物点検:横移動と縦移動を繰り返し壁面全体を網羅する調査。
施設点検:工場プラントや養殖場など小型かつ手軽な運用が求められる現場
研究調査:複数バッテリーを使用し長時間の連続水中調査。

販売開始記念イベント

 セキド虎ノ門では、 8月23日に「CCROV小型水中ドローン製品説明会 in 虎ノ門」を開催する。
特設円形水槽を設置し間近で水中での動きを見ることができる。 CCROVのデモから製品紹介やROV運用実績について紹介する。

【説明会の申し込みはこちら】 https://www.sekido-rc.com/?pid=134186272

この記事のライター

関連するキーワード


セキド CCROV

関連する投稿


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。


セキド、 "全日本模型ホビーショー2018 in 国際展示場"に出展 Mavic2やSUBLUE体験も

セキド、 "全日本模型ホビーショー2018 in 国際展示場"に出展 Mavic2やSUBLUE体験も

2018年9月29日(土)〜2018年9月30日、 東京ビッグサイト 東7・8ホールで開催。


水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

CFD販売株式会社(名古屋市中区)は、 法人向けから個人用途向けまで幅広いラインナップを取り揃えた水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」をオープンした。


水中点検の決定版になるか、6スラスタのCCROV水中ドローン

水中点検の決定版になるか、6スラスタのCCROV水中ドローン

水中ドローンのCCROVは水中探査のために性能を極めた一台。これまでの水中ドローンとは違い、潜航や浮上に前進後退と旋回に加え、6つのスラスタによる左右への移動が可能。その結果、水中の壁面や護岸の点検が容易になる。


CFD販売の水中ドローン5社製品を一堂に披露

CFD販売の水中ドローン5社製品を一堂に披露

PCパーツの総合サプライヤーのCFD販売は、都内で報道関係者を集めた水中ドローンの発表会を開催した。コンシューマ向けの魚型ドローンから本格的な点検業務に対応する6スラスタ機など、幅広い製品ラインナップで5つの水中ドローンが紹介された。


最新の投稿


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

11月28日にDJIがニューヨークでイベントを開催。新型Phantomの発表か?

海外の複数メディアが、米国DJIから電子メールでイベントの招待状が届いたと報じている。いくつかのメディアは、噂になっている新型Phantom 5(?)の発表会ではないかと推測している。