セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。


水中探査機は片手で持ち運ぶ時代に

 CCROVは、 超小型かつ高い機動性をもった高性能水中ドローン(ROV)。 市場最小の水中ドローンにも関わらず6つのスラスターを有し、 整備性の高い機体構造でメンテナンスの手間は従来の水中ドローンに比べ大きく低減した。 CCROVは調査・点検はもちろん研究活動にも最適な水中ドローンとなっている。

CCROV 水中ドローン標準パッケージ・75mケーブル付き 税込464,400円

♦ CCROV 水中ドローン標準パッケージ・75mケーブル付き 税込464,400円
https://www.sekido-rc.com/?pid=132342460

 CCROVは市場最小のROVで、 サイズは約208 x 204 x 158mm。 バックパックやスーツケースに収納しどこにでも持ち運ぶことができる。 ユーザーフレンドリーな操作システムで、 送信機やアプリで誰でも簡単に操作することができる。
 6基のスラスターを駆使することにより3次元機動が可能になり、調査点検では時に重要視される真横移動が可能となっている。
 嵩張るテザーケーブルやバッテリーは全てコードリールに収納され初心者でも手軽に運用できる。

CCROVの主な性能

・4Kカメラ搭載
・720P ライブビデオ伝送
・最大100メートルの潜水が可能
・高品質の素材と統合されたデザイン
・6スラスタ装備
・自由な移動(前後、 左右、 浮上/潜行、 旋回)
・自動姿勢制御(方位、 深度)
・コードリール内蔵電源(地上でバッテリー交換が可能)
・1500ルーメンLEDライト

想定用途

構造物点検:横移動と縦移動を繰り返し壁面全体を網羅する調査。
施設点検:工場プラントや養殖場など小型かつ手軽な運用が求められる現場
研究調査:複数バッテリーを使用し長時間の連続水中調査。

販売開始記念イベント

 セキド虎ノ門では、 8月23日に「CCROV小型水中ドローン製品説明会 in 虎ノ門」を開催する。
特設円形水槽を設置し間近で水中での動きを見ることができる。 CCROVのデモから製品紹介やROV運用実績について紹介する。

【説明会の申し込みはこちら】 https://www.sekido-rc.com/?pid=134186272

この記事のライター

関連するキーワード


セキド CCROV

関連する投稿


水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

CFD販売株式会社(名古屋市中区)は、 法人向けから個人用途向けまで幅広いラインナップを取り揃えた水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」をオープンした。


水中点検の決定版になるか、6スラスタのCCROV水中ドローン

水中点検の決定版になるか、6スラスタのCCROV水中ドローン

水中ドローンのCCROVは水中探査のために性能を極めた一台。これまでの水中ドローンとは違い、潜航や浮上に前進後退と旋回に加え、6つのスラスタによる左右への移動が可能。その結果、水中の壁面や護岸の点検が容易になる。


CFD販売の水中ドローン5社製品を一堂に披露

CFD販売の水中ドローン5社製品を一堂に披露

PCパーツの総合サプライヤーのCFD販売は、都内で報道関係者を集めた水中ドローンの発表会を開催した。コンシューマ向けの魚型ドローンから本格的な点検業務に対応する6スラスタ機など、幅広い製品ラインナップで5つの水中ドローンが紹介された。


ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

DJI正規代理店・PGY日本総代理店である株式会社セキドは、ドローンで物が簡単に運べるPGY社製のDJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始した。


セキドがドローン導入のための補助金活用セミナー開催 産業用途でのドローン導入の足がかりに。

セキドがドローン導入のための補助金活用セミナー開催 産業用途でのドローン導入の足がかりに。

DJIドローン正規代理店である株式会社セキドは、ドローンの産業活用へ向けた、国の補助金制度に関する情報に特化したセミナーを開催する。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。