JUIDAが有明防災フェアでミニドローン体験会&ドローンデモフライト 元自衛官アイドルのかざりさんもドローン初体験

JUIDAが有明防災フェアでミニドローン体験会&ドローンデモフライト 元自衛官アイドルのかざりさんもドローン初体験

一般社団法人日本UAS産業振興協議会は、8月10日〜12日、東京都江東区有明の東京臨海広域公園で開かれた「第5回有明防災フェア」に協力・出展し、チームはちどりによるミニドローン体験会やブルーイノベーションの点検ドローン「ELIOS」のデモフライトを行った。


ドローンを活用した「防災・減災・応災」を理解してもらうために

 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(東京都文京区/JUIDA)は、8月10日〜12日、東京都江東区有明の東京臨海広域公園で開かれた「第5回有明防災フェア」(主催:一般社団法人DSCと、有限会社コミケット)に協力・出展し、チームはちどりによるミニドローン体験会やブルーイノベーションの点検ドローン「ELIOS」のデモフライトを行った。
 イベント開催初日となった12日の会場周辺は、隣接する東京ビッグサイトでサブカルチャーに興味のある若者が訪れる「コミックマーケット」が開催されていることもあり、コスプレの外国人の姿もあり異常な盛り上がりをみせていた。同フェアは、「防災・減災・応災」活動への理解を広めていくことを目的としていることから、若者に関心を持ってもらうとともに、日本の防災活動を知ってもらうにはいい機会となった。

初めてのドローン操縦に笑みがこぼれる元自衛官アイドルのかざりさん=8月10日、東京都江東区有明の東京臨海広域防災公園(都立公園内そなエリア東京2F レクチャールーム(渡辺照明撮影)

 JUIDAの出展ブースは、「そなエリア東京」の2F レクチャールームにあった。
 女性の雇用を創りだすことを目指すチームはちどりのミニドローン体験会では、元自衛官でタレントのかざりさんも駆けつけ、子どもたちに交じってドローン操縦を体験した。
 川崎市から訪れた伊藤大智君(小5)と有希君(小1)の兄弟は、初めてのトイドローン操縦に大はしゃぎで「思っていたより良く飛んで、面白かった。もっと大きなドローンも飛ばしてみたい」(大智君)と興奮気味に話してくれた。
 またブルーイノベーションが点検ドローンとして導入した「ELIOS」のデモフライトも行われ、非GPS環境下の狭小空間でも飛行できる球体フレームに包まれた機体が、レクチャールームの天井や壁、イスの下などをころがるように飛行すると、二人はELIOSの自由な動きを追いかけた。
 かざりさんは「ラジコンなどの操縦はへたなんですけど、ドローンは簡単に操縦できたので、また飛ばしてみたいと思いました。これからはインスタグラムやフェイスブックにドローンで撮影した映像をアップするのもいいですね」と初めてドローンを操縦した感想を述べた。またドローンの印象について聞かれると「ドローンは災害などで壊れた建物や原発の内部など人の入りづらい場所で活躍が期待できそうですね」とドローンの活用範囲の広さに関心を寄せていた。
 会場は初めてドローンを見る人もあり、平日にも関わらず終日賑わった。

会場内でELIOSを追いかける子どもたち。

■第5回有明防災フェア
http://www.dsc.or.jp/event_bousai-fair.html

■会期:8月10日(金)~12日(日)
   12時~17時 最終日の12日は、16時まで

■JUIDA出展場所と内容(予定)
・場所:そなエリア東京2F レクチャールーム
http://www.tokyorinkai-koen.jp/access/

■プログラム(予定)
【体験会】:8月10日(金)~8月12日(日)
JUIDA認定スクール「チームはちどり」によるミニドローン体験会

【デモフライト】:8月10日(金)14時~、16時~
ブルーイノベーションによる点検用ドローン「ELIOS」のデモフライト

【撮影会】:8月12日(日)
JDRA横田氏によるマイクロドローンでの撮影会

この記事のライター

関連する投稿


JUIDA創立4周年、記念セミナーでドローンへのAIシステム実装がもたらす移動革命について講演

JUIDA創立4周年、記念セミナーでドローンへのAIシステム実装がもたらす移動革命について講演

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、「JUIDA創立4周年記念セミナー」を7月26日、東京大学で開催し、鈴木真二JUIDA理事長、国土交通省 航空局 安全部 安全企画課 無人航空機企画調整官の徳永博樹氏、(株)スペースメディアジャパン 代表取締役社長の管埜寛之氏がそれぞれ講演した。


富山ドローンスクールが「サミット」を開催 会場満席の約100人が聴講

富山ドローンスクールが「サミット」を開催 会場満席の約100人が聴講

 富山ドロ-ンスクールを運営する北日本自動車学校(富山市)は8月4日、ドローン産業の最前線で活躍する講師を招く「富山ドローンサミット」を。富山大学で開催した。一般社団法人日本UAS産業推進協議会(JUIDA)の千田安弘副理事長、慶應大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が登壇し最新事業を解説した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。


JUIDA認定ドローンパイロット、国会議員第1号誕生 藤丸敏議員に認定証授与

JUIDA認定ドローンパイロット、国会議員第1号誕生 藤丸敏議員に認定証授与

衆議院議員第二議員会館で、13日、JUIDAの認定資格の「操縦技能」と「安全運航管理者」の修了証授与式が行われ、鈴木真二理事長から藤丸敏(さとし)衆院議員に修了証が渡された。


ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

 自動車学校が参加するドローンスクールネットワーク、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)は9日、都内で会員向けのセミナーを開催した。


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。