エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

株式会社エイチ・アイ・エス(H.I.S.)とDJI JAPANは、女子旅コミュニティ「タビジョ」にむけ、ドローンを活用した空撮や、縦型動画に対応可能な次世代型トラベラー育成プログラムを組み、旅の魅力を伝える新たなシェア方法を実現する。


 H.I.S.ではSNSを活用した「#タビジョ」を通じて、旅先の新たな魅力を発見し、その魅力を一緒に広めることを目的とした、女子旅コミュニティ「タビジョ」を運営している。昨年は「インスタ映え」が流行語大賞にも選ばれ、見栄えの良い写真を撮れるスポットが注目を集め、旅行でも同様の傾向が見られた。H.I.S.ではタビジョコミュニティと共に、このような需要を捕らえるべく、初めてその場所を訪れるタビジョに向けフォトジェニックなスポットを盛り込んだ「タビジョツアー」を企画・販売してきた。2017年3月より販売してきたタビジョツアーは、現在までに20方面に及ぶ。

 最近のSNSでは、一般ユーザーでも簡単に操作ができる動画編集アプリや、動画投稿アプリの登場により、今までの写真投稿にはとどまらず、動画での情報交流がみられるようになりつつある。中でも、Instagramの新サービスである縦型動画の「IGTV」は、今まで1分間の制約があった動画を最大60分まで投稿することができるようになり、表現の幅が広がるプラットフォームとして話題となっている。

 限られた尺内でのハイライト映像ではなく、自らが伝えたい内容をストーリー建てし、投稿内容の魅力を写真とは違う表現で発信することができることから、タビジョからも旅行の動画として構成から撮影・編集を学びたいという声を多く寄せられた。中には、他者との差別化を図るべく、平面でなく立体的に良さを伝えられるドローンを活用した空撮動画に挑戦したいという声もあった。
 H.I.S.ではプラットフォームに拘らず動画によって女子旅をさらに盛り上げ、学んだ知識を自身のアカウントでも応用いできるよう、タビジョに向けて次世代型トラベラー育成プログラムを始動する。

次世代型トラベラー育成プログラム概要

①DJIとコラボ企画
 ドローンを活用した空撮や今後さらに主流になることが予想される縦型動画を作成できるプログラムを組み、今後の「タビジョレポート」などの機会を通じて、旅体験の新たなシェア方法を実現する。プログラムには、動画の撮影時のポイントなどを学ぶ講座やドローンを使用した実習などを予定している。

②タビジョ オフィシャルトラベラーの選出
 「タビジョ公式インスタグラマー」や「タビジョレポーター」としてコミュニティ活動に参画した人の中から、レポート記事・動画や、プロデュースに携わって頂き「タビジョツアー」などの反響が特に高かった人で、表現の場をInstagramに限らずあらゆるプラットフォームでご活躍いただける人を「タビジョ オフィシャルトラベラー」として22名選出した。
https://www.his-j.com/girls_trip/tabi_jyo/traveler/index.html

 H.I.S.ではこのプログラムを機に、タビジョ同士の接点を増やし、タビジョの世界観と旅先の選択の幅を広げることで、タビジョコミュニティの更なる活性化により、タビジョアカウントやタビジョ オフィシャルトラベラー各自のアカウントが、多くの人々の旅行の喚起につながればと考えている。

この記事のライター

関連する投稿


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。会場には、薬剤や粒剤散布用のドローンが一堂に介して、2019年に向けた最新の技術や取り組みが展示されていた。(田中亘)


DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 農薬散布機「DJI AGRAS(アグラス)」シリーズの次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を農業総合展「農業ワールド」(10月10日〜12日、幕張メッセ)において国内で初めて展示する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。