DJI InspireとMatriceに対応したクアッドセンサーを米国Sentra社が発表

DJI InspireとMatriceに対応したクアッドセンサーを米国Sentra社が発表

2018年8月7日、米国ミネアポリス。農業用のマルチスペクトルカメラを開発するSentera(米国)社は、DJI InspireとMatriceに対応したジンバルとセットになったクアッドセンサーを発表した。


米国で約6,000ドルのクアッドセンサー

クアッドセンサーは専用ジンバルとセットになる

 Sentra社のクアッドセンサーは、NDVI(Normalized Difference Vegetation Index)、NDVI(Green NDVI)、NDRE(Normalized Difference Red Edge)、および高解像度カラーデータを同時にキャプチャできる。NDVIデータとNDREデータを同時に収集することで、操作を合理化しながら作物の健康状態を正確に把握できる。クアッドセンサーを取り付ける専用のジンバルは、DJI InspireとMatriceに対応し容易に取り付けられる。米国で発表された価格は、$5,999 - $6,118(約66万円)。日本での対応は未定。

【クアッドセンサーの仕様】
1x 1.2MP CMOS RGB
3倍速1.2MP CMOSモノラル
655nm CWL x 40nm幅
725nm CWL x 25nm幅
800nm CWL x 25nm幅
グローバルシャッター
センサーあたり32GBのSDカード(1枚につき20万枚のJPEG画像)

DJI InspireとMatriceに容易に脱着できる

この記事のライター

関連する投稿


精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

2014年に米国カリフォルニア州で創業し、精密農業に使われるマルチスペクトルカメラのRedEdgeで有名なMicaSense社は、8月8日(米国時間)からデータ管理クラウドサービスの「ATLAS」とPix4Dを連携すると発表した。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。