CSS技術開発がドローン搭載型のオブリークカメラを発表

CSS技術開発がドローン搭載型のオブリークカメラを発表

測量サービスの CSS技術開発 (本社:東京都多摩市、代表取締役:大山竜吾) は、2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)にて、ドローンに搭載することが可能なオブリークカメラ(傾斜カメラ)を発表した。


空からの測量に革命をもたらすオブリークカメラ

 上空から斜め5方向を同時に撮影するオブリークカメラは、その大きさから、これまでは大型のセスナなどの航空機に取り付けて撮影する必要があった。一方で撮影能力に優れたオブリークカメラは、国土交通省が提唱するi-Constructionの維持・管理分野において、重要な役割を果たすことが期待されている。しかし、従来のドローンに搭載可能なカメラは、重さの問題から多くは1台で、測量の場合は真下を向けたものが主流となっていた。そのため、下向きのカメラだけでは構造物や橋梁などの鉛直の面を正確に撮影することが困難で、複数の方向から撮影するためには飛行時間が延びてしまうという問題があった。
 それに対して、5方向を同時に撮影するオブリークカメラを活用することで、短時間で正確な3Dモデルが作成できる。CSS技術開発では、ドローンに搭載可能なオブリークカメラの開発に成功し、2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)にて、ドローンに搭載することが可能なオブリークカメラ(傾斜カメラ)を実機展示する。

2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)での展示を予定しているCSS技術開発のオブリークカメラ(傾斜カメラ)

この記事のライター

最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。